遺跡の街ローマの天気と季節のイベント、おすすめ観光スポットのまとめ

「ローマは一日にして成らず」など数々の諺に登場する古代帝国の首都ローマ。現在ではイタリア共和国の首都でもあります。温暖で安定した天気は住みやすく、観光スポットとしておすすめの場所です。また、天気の日は明るく日差しが強いのも特徴です。今回は、ローマの天気と観光スポットについて紹介いたします。

こんにちは。Compathy Magazineライターのmiriaです。「ローマは一日にして成らず」、この有名なことわざの重みを実感せずにはいられない、知れば知るほど奥深いローマの魅力をこの度はあますところなくご紹介させていただきます。

3000年の歴史を誇る街ローマ、そして日本とはほとんど大差ない温暖で過ごしやすいローマ気候、とってもおすすめで素敵な街です。

Provided by foursquare-icon-16x16

イタリア旅行の定番! ローマの基本情報と年間天気の特徴

Photo credit: Bert Kaufmann via flickr cc

「ローマは一日にして成らず」、「すべての道はローマに通ず」言われるほど長きにわたり繁栄し一大帝国を築いた古代ローマ帝国の首都であることはよく知られていますよね。古代遺跡や記念碑などの歴史的遺構はローマ市内に数多く存在しています。また、建築物や芸術品の美しさから「永遠の都」と称されています。

ローマ・カトリック教会の総本山であるバチカン市国はローマ市の中心部に位置し、ローマはカトリック教会の中心地でもあります。その為、カトリック関連の宗教施設が多いことでも知られています。現在ではイタリア共和国の首都であるローマは、人口約270万人を超える政治、経済、文化の中心地となっています。

また、国際機関や多国籍企業の本拠やイタリアを代表する多くの大企業も本拠地を置く欧州でも有数の世界的重要都市でもあります。日本からローマを訪れるには東京(成田)・大阪(関西)から直行便が就航、約13時間で到着します。温暖な地中海性気候で四季もあり、気候は日本とよく似ています。ですが日本と比べ湿度は低く特に気温が高くなる夏は快適に過ごすことが出来ます。

 

今日現在のローマの天気は?最高・最低気温・風速などをリアルタイムにチェック


下記の「The Weather Channel」のページでは、ローマの今日現在のリアルタイムの天気を確認できます。
ローマの気候・天候状況を確認するために活用してみましょう。

■ローマの今日・現在の天気
>> ローマの今日の天気

 

ローマの週間・10日間の天気予報: 気温・湿度・降水確率・風速など

こちらのページでは、今日以降10日間の長期天気予報が確認できます。
これからローマへの旅行を予定・準備されている方は、暑さ・寒さ、最適な服装の検討に活用してみましょう。

■ローマの週間・10日間の天気
>> ローマの10日間の天気

 

イタリア・ローマの過去の年間天気:月間ごとの平均気温と降水量一覧表

月別(2016)平均最高気温(℃)平均最低気温(℃)月降水量(mm)
1月
14.36.962
2月
16.38.8130
3月16.68.150
4月20.4 11.0 28
5月21.913.755
6月25.817.524
7月28.920.49
8月29.220.257
9月26.418.0134
10月22.414.5 200
11月18.110.6 168
12月14.34.929

参照:2016年気象庁データ(PRATICA DI MARE-ROME)

イタリア・ローマの季節別天気・気候の特徴とおすすめの服装

ローマの春:3月・4月・5月の気候・天気とおすすめの服装

ローマの気候は温暖な地中海性気候で四季もはっきりとしています。気温も日本とほとんど変わりなく過ごしやすい時期です。訪れる際は東京と同様の気候であると考えて差し支えありません。その中でもローマの春は、日本の春と同じく花々が咲き乱れ自然を堪能できる美しい季節となります。春先である3月はまだまだ寒いので、服装としては防寒着が必要です。また、3月~4月にかけては雨が降りやすいので雨具なども用意しておくことをおすすめします。

4月~5月は気温も上がり随分と過ごしやすくなります。昼間は暖かく上着なしで過ごすことも出来ますが、朝晩は冷えこむためジャケットなど羽織ものを準備しておくとよいでしょう。特に5月に日中はかなり暑さを感じる季節へと移り変わっていきます。日差しも強くなるのでサングラスなどの紫外線対策も必要です。5月は雨が比較的少ないので観光には特におすすめの時期です。

ローマの夏:6月・7月・8月の天気とおすすめの服装

日差しが強く紫外線対策が必須なローマの夏ですが、一年を通して雨の少ない時期でもあり湿度が低いため、過ごしやすい時期であるのが特徴です。とはいえ、7月8月の平均最高気温は30°Cを超えますので暑さ対策も必要です。初夏である6月は日本では梅雨ですが、ローマは雨の少ない時期で乾燥しています。気温は平均最高気温は27°Cを超え、日中は半袖のTシャツで過ごすこともできますが、朝晩はまだまだ涼しく感じるので薄手のカーディガンはなどの羽織ものなどを用意しておくと安心ですね。

7月と8月の前半は平均最高気温が30°Cを超える真夏です。とにかくローマの日差しは強いのでサングラスや日焼け止め、帽子など紫外線対策は必須です。8月後半、日本のお盆の季節が過ぎたころからはだんだんと過ごしやすくなってきます。日差しは相変わらず強いですが、朝晩は肌寒く感じることもあるので6月と同じく羽織ものなど準備しておくと安心ですね。

この時期の服装ですが、教会などの神聖な場所では肌の露出が多い服装であると入場を断られることがあります。訪れる予定のある場合はカーディガンやショールなど羽織れるものを準備しておくことをおすすめします。

ローマの秋:9月・10月・11月の天気とおすすめの服装

9月上旬は平均最高気温が27°C前後とまだまだ暑い日が続きますが、中旬から下旬にかけて気温も下がり過ごしやすくなってきます。昼間と夜の気温差が大きいのも特徴で、日中の服装はTシャツなど軽装でも大丈夫ですが、夜は羽織ものなど用意しておくと寒さ対策になります。

また9月下旬以降は天候も不安定で雨も多くなってきます。突然の雨に慌てないよう雨具を用意しておくこともおすすめします。10月11月は一年で一番雨の多い時期でもあり雨具は必須です。気温が高くても体感温度は気温ほどではないこともあります。旬のイタリア料理を楽しめるのはこの季節に訪れてみてはいかがでしょうか。

ローマの冬:12月・1月・2月の天気とおすすめの服装

地中海性気候の温暖内国イタリア、中でも海沿い南部にあたるローマの冬は、寒さの厳しい北部に比べて暖かです。服装は東京をイメージしておけばほぼ大丈夫です。冬の始まりである12月前半は比較的暖かく過ごせますが、本格的な冬に突入する12月中旬以降は寒くなります。セーターなどの厚手の服装や防寒着は必須です。

一年で最も寒い1月~2月に訪れる場合は、日本の冬同様冬の服装に加えてマフラーや手袋・帽子・使い捨てカイロなど防寒具を用意しておくことをおすすめします。また、体調を崩した時の為に風邪薬など用意しておくと安心ですね。

寒いといっても平均最低気温が氷点下になるようなことはありません。東京の冬をイメージして準備するとよいでしょう。ローマの冬は秋と違い天候は安定しています。フルーツや新鮮な野菜が市場に並ぶ時期でもありますので出かけてみるのも楽しいですね。

イタリア主要都市の気候情報まとめ

イタリア旅行を計画している方に役立つ、「イタリアの気候と主要6都市の気温・降雨量・天気予報」ではイタリアの気候と気をつけたいポイントをご紹介します。また、主要6都市の気温や降雨量、天気予報の情報も加えました。訪問時期の検討や持ち物準備の参考にしてみてくださいね。

フィレンツェの天気情報

フィレンツェは、日本のような四季を感じることができる比較的温暖な天候です。ローマから足をのばしてフィレンツェに訪れる際は、「晴れ?それとも雨?気になるフィレンツェの天気と人気観光スポットまとめ」を参考にしてみては? 

1 23
shry

shry

世界の様々な音楽を聴いて、あらゆる時代の絵画や彫刻を鑑賞しながら世界を飛び回るのが夢。芸術作品に触れながら、新たな発見と感性を高めるために日々奔走中。



関連する旅行カテゴリ

# ローマ

関連する旅行記事