もう迷まわない!ミラノの空港から市内への行き方と便利な施設

ミラノはには世界中から多くの観光客が訪れる人気の観光地、そんなミラノには3つの空港が存在し、その中でも「ミラノ・マルペンサ空港」はイタリア最大の国際空港です。今回はミラノにある3つの空港の特徴や基本情報とミラノ・マルペンサ空港から市内までのアクセスや滞在時の過ごし方、便利な施設についてご紹介します。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy Magazineのfuku-chanです。ミラノは最新ファッション、ドゥオーモなどの歴史的建造物、ダヴィンチの最後の晩餐などの美術品が豊富な北イタリアを代表する人気の観光都市! そのため、ミラノには毎年世界中から多くの観光客が訪れます。

そんなミラノにはイタリア最大の国際空港「ミラノ・マルペンサ国際空港」をはじめ、主にヨーロッパ国内の便が多い「ミラノ・リナーテ国際空港」、格安航空会社を取り扱う「ベルガモ・オリオ・アル・セーリオ国際空港」の3つの空港があります。今回はミラノの3つの空港の特徴や基本情報と、ミラノ・マルペンサ国際空港について詳しくご紹介します。

 

■目次

1ページ目: ミラノの空港の基本情報・市内アクセス・乗り継ぎ

2ページ目: ミラノ空港での過ごし方とおすすめスポット・ホテル・サービス

 

ミラノの空港とは?

ミラノ・マルペンサ空港

Provided by foursquare-icon-16x16

ミラノ・マルペンサ空港は、イタリア北部にあるローマ・フィウミチーノ空港と並ぶイタリア最大の国際空港の1つです。ミラノ市から北西50㎞のソンマ・ロンバルドにあり、市内まで直行便の電車やバスを使って約1時間弱、最短30分で行くことができます。

空港内ターミナルは2つに分かれていて主に国際便はターミナル1に発着し、日本の成田空港からの直行便もあります。100を超える店舗やレストラン、免税店の他郵便局や銀行、医療サービスもあり、長い待ち時間も快適に過ごすことができます。

ミラノ・マルペンサ国際空港(Milan Malpensa International Airport)
住所:Aeroporto Milano Malpensa 1, 21010 Ferno Varese
空港コード:MXP
電話番号:02232323
公式サイト:ミラノ・マルペンサ国際空港(Milan Malpensa International Airport)

 

ミラノ・リナーテ空港

Provided by foursquare-icon-16x16

ミラノ・リナーテ空港はミラノ・マルペンサ空港に次ぐ第二のミラノの国際空港です。マルペンサ空港と比べてミラノ市から近く、アクセスが良い場所にあります。空港から市内へはシャトルバスやタクシーが利用でき、各地観光地へ行くのにも便利。

主にヨーロッパ各国の近距離の国際線やイタリア国内線が多く、ヨーロッパ周遊旅行の乗り継ぎなどでよく使われます。規模がコンパクトなので税関や案内もわかりやすく、ショップやレストランやレンタカーショップなど必要な設備が整っています。

ミラノ・リナーテ空港(Linate Airport)
住所:Aereoporto Milano Linate, 20090 Segrate
空港コード:LIN
電話番号:02232323
公式サイト:ミラノ・リナーテ空港(Linate Airport)

 

ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港

Photo credit:Luigi Mengato via flickr cc

ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港はミラノ郊外の北東45㎞のところにあるイタリア共和国オーリオ・アル・セーリオの空港です。主に格安航空便のハブ空港として利用されている小規模な空港ですが、国際便やイタリア国内便が多数発着しており、空港内にはレストランやラウンジもあり、お土産を買えるショップも充実しています。年々利用客も増え、2015年の年間利用者数は1000万人を超えました。

ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港(Aeroporto di Bergamo-Orio al Serio)
住所:Via Aeroporto, 13, 24050 Orio al Serio BG,
空港コード:BGY
電話番号:035326323
公式サイト:ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港(Aeroporto di Bergamo-Orio al Serio)

 

ミラノの3つの空港マップ

マップを拡大して表示

 

ミラノ空港から市内(中央駅)へのアクセスと移動手段

Photo credit: Markus Eigenheer via flickr cc

タクシー

海外旅行は荷物も多く、飛行機も疲れますので、ホテルの目の前まで送り届けてくれるタクシーはおすすめの交通手段です。ミラノ・マルペンサ空港やベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港は市街地から距離がありますので、他の交通手段と比べて割高で、深夜や休日割増料金がかかると100ユーロ近くかかることも。

リナーテ空港はミラノ市からも近く、タクシー料金も約30ユーロ、所要時間20分程で到着しますが、朝夕のラッシュ時には渋滞に巻き込まれることもありますので、ご注意ください。

マルペンサ空港は到着ロビーを降りてすぐの出口に、リナーテ空港は到着地上階5番出口から乗ることができます。タクシーはタクシー乗り場から正規のタクシーに乗るようにしましょう。しつこく声をかけてくるタクシー運転手には気を付けてください。

電車

電車は渋滞も関係なく本数も多いので、ミラノ市内やイタリア内での移動によく用いられます。特に、ミラノ・マルペンサ空港からは空港から市内を繋ぐマルペンサエクスプレスがあり、とても便利。ターミナル1の地下から直接乗車でき、最近はターミナル2にも停車するようになりました。

始発は早朝4時半から、夜は深夜12時半までほぼ20分間隔で運行しており、ミラノ中央駅やカルドナまで乗り換え無しで行けます。値段も約10ユーロと割安なのが嬉しいですね。リナーテ空港から電車移動したい方は、最寄駅は地下鉄M1サンバビラ駅ですが、一度バスに乗らなければならないので、あまりおすすめできません。

・マルペンサエクスプレスの公式サイト(オンラインチケットの購入、路線図、時刻表、料金)はこちら

レンタカー

ミラノの空港では到着ロビーに各社レンタカーのサービスカウンターがあり、手続きすることができます。事前に旅行会社を通じてレンタカーの手配もすることができるので、事前予約がスムーズでおすすめです。レンタカーは時間を気にせずに好きなところに行けるのでおすすめ。

ミラノ市街は一方通行が多く、旧市街地では車の通行が禁じられている場所もありますので、事前に行きたい場所の交通情報をチェックしておきましょう。湖水地方など、なかなか行くことのできない場所へのアクセスに便利です。

シャトルバス

各空港から市街地への交通手段として良く使われているのが、シャトルバスです。ミラノ・マルペンサ空港からは、ターミナル1とターミナル2のどちらからも運行しており、約60分で各ミラノ主要駅に行くことができます。マルペンサ・シャトルとマルペンサ・バス・エクスプレスがあり、深夜から早朝まで30分から40分間隔で運行しています。値段も10ユーロとお得で往復割引もあります。

リナーテ空港からのシャトルバスはエアバス・リナーテとリナーテ・バス・エクスプレスの2種類。ダテオ広場経由でミラノ中央駅前広場脇のルイージ・ディ・サヴォイア広場まで約30分間隔で運行し、中央駅まで約30分で到着。

ベルガモ・オリオ・アル・セーリオ空港からは、ミラノ中央駅やマルペンサ空港へのシャトルバスがあり、5ユーロと割安、60分程で市内に到着することができます。なお、チケットは乗車時に運転手から購入できます。

・マルペンサ・シャトル
Air Pullman社公式サイト(料金、路線図、時刻表)はこちら 

・マルペンサ・バス・エクスプレス
Autstradale社公式サイト(運行時間、料金、オンラインチケットの購入)はこちら

空港送迎

ミラノの各空港からはホテルまで直接送迎してくれる専用車送迎サービスもおすすめ。地元のドライバーが専用車両で送り届けてくれます。事前予約が必要ですが、インターネットや電話で日本から予約ができ、予約完了時には日本語対応の緊急連絡先も教えてくれるので、英語が話せない方も安心。

人数によって値段が異なりますが、マルペンサ空港からは1人~2人で約120ユーロ、3人~5人で約150ユーロで人数が多くなる程お得です。車窓観光が付いたプランもあります。
リナーテ空港からは1人~2人で約80ユーロ、3人~5人で約100ユーロ程です。飛行機の到着時間に合わせて迎えに来てくれるので、すぐに移動することができます。

ミラノ・マルペンサ空港に到着後と国内線の乗り継ぎ方法

Provided by foursquare-icon-16x16

日本からの直行便はミラノ・マルペンサ空港のターミナル1に到着します。イタリア国内線は一部がターミナル1、ほとんどがターミナル2から利用できます。日本から到着した際には、まず到着(Arrivo)ロビーを通り、入国審査(Imigrazione)、その後荷物受取(Ritro Bagligia)、税関(Dogana)の順に通り、出口(Uscita)へ進みます。

乗り継ぎの場合は、出口ではなく、ゲートAの乗り換え(Transfer)の表示に沿って進みます。ターミナル間は無料シャトルバスを利用することができます。しかし、行き先がシェンゲン加盟国であるかどうかで乗り継ぎ方法が異なるの注意しましょう。

日本からシェンゲン加盟国もしくはイタリア国内の場合は、手荷物検査を受け、入国審査を受けてからゲートAへ向かいます。シェンゲン加盟国以外の場所へ乗り継ぎをする場合は、入国審査は受けず、手荷物検査を受けてからゲートBへと進みます。入国審査は乗り継ぎ先で受けることになります。乗り継ぎの際には時間に十分な余裕を持っておきましょう。<>/p

アリタリア航空は、ヨーロッパ内の国際線や国内線の乗り継ぎが豊富で、最短45分~1時間半程度で乗り継ぐことができるのでおすすめです。

1 2
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


fuku-chan

fuku-chan

国内外問わず旅行大好き!全都道府県制覇まであと少し!いつか世界一周旅行もしたいと夢見るアラサー女子。おすすめの観光地情報をわかりやすくお伝えします。



関連する旅行カテゴリ

# ミラノ # ミラノの観光 # イタリアの乗り物・交通 # イタリアの観光 # イタリアの空港

関連する旅行記事