マカオのベストシーズンと服装は?マカオの天気・気候&おすすめスポット情報まとめ

香港から日帰りに行ける距離にあるマカオ。香港とセットで訪れたことがある方も多いのではないでしょうか?日本よりかなり南に位置するマカオの気温は高く、実は天気も日本とかなり異なります。マカオの天気の傾向を把握しておかないとせっかくのマカオ旅行も楽しめません。今回の記事ではマカオの天気やおすすめスポットについてご紹介します。

マカオの季節別の気候とおすすめの服装

Photo credit: electrictuesday via flickr cc

マカオの夏:4月・5月・6月・7月・8月・9月の気候とおすすめの服装

戸外は日本での真夏に近い気候ですが、建物内は強い冷房が効いています。外気との気温差で体調を崩すことのないように、カーディガンなどの羽織りものを忘れないようにしましょう。

 

マカオの秋:10月・11月・12月の気候とおすすめの服装

ベストシーズンの到来! この時期こそまさにマカオ観光のベストシーズンです。特に11月に入ると気温・湿度ともに下がりすごしやすくなるうえに、雨が少なく晴天が続く観光には最高のシーズンです。服装としては長袖のシャツが一番気持ちよく過ごせる季節になることでしょう。しかし、12月後半になるとさすがに肌寒くなり、ジャケットやセーターの用意が必要です。

 

マカオの冬:1月・2月・3月の気候とおすすめの服装

引き続き晴天が続く観光にはよい季節なのですが、徐々に肌寒くなります。とはいえ日本の秋程度の服装で問題なく、最低気温が10度を下回ることもほぼありません。とはいえ、1月に入ると中国大陸から寒波が襲来することもあるため、その時期にはダウンジャケット姿の人も見られます。

 
 

台風シーズンは台風シグナルを要チェック!

Photo credit: Azchael via flickr cc

マカオでは『台風』や大雨のときの警戒度を、日本の警報や注意報と同じように国民に知らせるシステムがあります。例えば暴雨警報を例に挙げると、外出禁止となる雨量70ml/h以上の場合は「黒色暴雨警報(Black)」とあらわします。
また、台風警報の場合は、全部で5レベルの警報があり、下記のような意味になります。

シグナル1:800km圏内に台風が接近中
シグナル3:風速41~62km/1時間(少し風が強い。幼稚園は休園)
シグナル8:台風直撃。併せて黒雨警報が発令されるので外出禁止
シグナル9:めったにない大型台風
シグナル10:10年に1度あるかないかの規模の超大型台風

Sue

10代のうちに50ヶ国踏破を達成し、今は暇さえあれば弾丸トラベラーと化す会社員です。これから行ってみたい国、もう一度行きたい国がたくさん!しょっちゅうSkyscannerをチェックしています(笑)



関連する旅行カテゴリ

# マカオの観光 # マカオの持ち物・準備 # マカオ

関連する旅行記事