この町並みは法令で決められている?クロアチア・ドゥブロヴニクの旅行記

ドゥブロヴニクの旧市街を歩くとあることに気づきます。小道を歩いていても石の建物、石の通路ばかり…!実はこれには法律が絡んでいるのです。このようなことを知りながらクロアチア・ドゥブロヴニクの旧市街を歩くとなかなか楽しいですよ!

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

前回の続きで今回はドゥブロヴニクの意外な素顔に迫ってみたいと思います。ドゥブロヴニクを歩いていると、どうしても教会や宮殿に目が行きがちです。しかし実は何の変哲もない建物や道こそ、ドゥブロヴニクの特徴が現れています。

ドゥブロヴニクは石の街

ドゥブロヴニクの旧市街を歩いていると、あることに気づきます。そうです、石がやたらと多いのです。木はもちろんのこと、小道を歩いていても石の建物、石の通路ばかりです。なぜ石ばかりなのでしょうか? ドゥブロヴニクの人々は石フェチなのでしょうか? 実はこれには法律が絡んでいるのです。

13世紀には石と泥を混ぜた建物や木造の建物も数多く存在していました。これだけ狭い場所に建物が密集しているので、火災が起こるとあっという間に燃え広がってしまいます。実際に1296年の大火災では新地区の大半が焼けていまいました。

政府は燃えにくい石の建物にするように呼びかけましたが、あまり効果はありませんでした。そしてついに1406年、「木造建物から石の建物にしなければならない」という超強硬な法令が発表されたのです! その結果、石の建物が急速に広がりました。貴族たちはコルチュラ島にある石を使って建物を建てたのです。

確かに旧市街を歩いていると、火災が発生したらあっという間に燃え広がりそうな雰囲気がします。1990年代のユーゴ紛争で耐え抜くことができたのも、先人の知恵のおかげかもしれませんね。

道は直線、だから空気の通りがいい

ドゥブロヴニク旧市街の地図を広げると、あることに気づきます。気づかない方は他のヨーロッパの旧市街の地図と見比べてみましょう。ドゥブロヴニク旧市街の道は直線が多く、道幅が同じように感じます。そのため、目的の場所を訪れる際にも迷わずにたどり着けます。実は道のスタイルも実は法令と密接な関係があるのです。
13世紀の都市法の中で「道は直線」というルールが定められていました。道幅も厳格に定められ1272年の法令では、南北に走る道路の道幅が2.3メートルに、1296年の追加条例では道幅2.6メートルになりました。また、メインストリートであるプラツァの北側の通路は風の通りをよくするために配置が工夫されています。

私は旧市街のプラツァから少し北に入った場所にあるホステルに泊まりました。道路の配置のせいか分かりませんが、風の通りがとてもよく、逆に寒かったのを覚えています。このようなことを知りながら旧市街を歩くとなかなか楽しいですよ。

ライター: Nitta Hiroshi
Photo by: Nitta Hiroshi「世界一周の幕開けはニューヨークから!

*Nitta Hiroshi「中世の雰囲気がそのまま残っているドブロヴニクNO1
*tabitabi parsley「船で国境越え。イタリア・バーリからクロアチア・ドブロブニクへ・・・

Hiroshi Nitta

Hiroshi Nitta

国鉄が民営化された年、1987年生まれ。神戸市在住。中東欧、ロシアを中心に民族問題や戦争の記憶に興味があります。趣味は鉄道(乗り鉄とダイヤ)と読書です。ロシア連邦全共和国を制覇することを夢見ています。ブログ:Tabi-PROG



関連する旅行カテゴリ

# ドゥブロヴニクの観光 # ドゥブロヴニクの旅行記・ブログ # クロアチアの観光 # 世界の旅行記・海外旅行ブログ # ヨーロッパの旅行記・ブログ # ドゥブロヴニク # 観光 # クロアチアの旅行記・ブログ # クロアチア # ヨーロッパの観光

関連する旅行記事