クアラルンプールの観光ガイド!おすすめ観光スポット&モデルコースから天気、空港アクセスまで

クアラルンプールは、多民族国家として知られるマレーシアの首都。そんなクアラルンプールの街は、イスラム文化・中国文化・インド文化を体感できる観光名所が点在し、エキゾチックな雰囲気が漂っています。今回は、クアラルンプールのおすすめ観光スポットと、クアラルンプールを遊び尽くすためのモデルコースについて紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineのKumiです。
170万人以上の人口を抱えるクアラルンプールは、マレーシアの首都にして東南アジアを代表する都市の1つ。マレー系、中国系、インド系の人々が暮らし、さまざまな文化が混在しているのが大きな魅力といえるでしょう。
そんなクアラルンプールには、バラエティに豊富で見どころ満載の観光名所がたくさん! 今回は、クアラルンプールでぜひ訪れたいおすすめの観光スポットと、それらのスポットを効率良く回るためのモデルコースをご紹介します。

 
 

クアラルンプールはどんなところ?

Photo credit: Hisaharu Kisu「弾丸クアラルンプール!」

Photo credit: Hisaharu Kisu「弾丸クアラルンプール!

インド洋と南シナ海の中間にあるマレー半島、クアラルンプールはその中西部に位置しています。街の中心で合流するクラン川とゴンバック川において、19世紀の半ばに錫(スズ)が発見され、以来スズ鉱山の集積地として発展しました。

掘り出されたスズ鉱石が川の水で洗われたため、川には泥水が流れるようになったと言い、クアラルンプールという地名もマレー語で”泥の川が交わるところ”という意味になります。マレー半島にはもともとマレー人が暮らし、古くから南インドからも人々が往来していました。
またイギリスの植民地時代には、労働力として中国や南インドから多くの人々が移住。現在のように多民族が住む都市として発展を続けるクアラルンプールには、それぞれの文化を反映した観光スポットが点在しています。

 

クアラルンプールの地図マップ

 

クアラルンプールの気候と週間天気・気温予報

クアラルンプールは、年間の平均気温が27℃〜33℃に到達し、1年中観光のベストシーズンとして楽しめる安定した気候が特徴。街中を観光する際は、Tシャツや短パンなど薄着の服装がおすすめです。
ただしクアラルンプールでは突然のスコールが発生することも多いので、傘などの雨具の用意をしておくと安心でしょう。また屋内の冷房を寒く感じることもあるので、カーディガンなどの羽織ものも持ち歩いておくと重宝しますよ。

The location could not be found.

 
さらに詳しくは「クアラルンプールの天気と気候に合う服装~おすすめ観光地と空港アクセス~」を参照してみてください。

 

クアラルンプールのおすすめ観光スポット8選

1.KLタワー(ムナラKL):ガラス張りの展望ボックスが話題

Photo credit: Kazunori Inoue「Kuala Lumpurへの旅」

Photo credit: Kazunori Inoue「Kuala Lumpurへの旅

KLタワー」は、1996年に完成したクアラルンプール(以下:KL)のランドマークとして親しまれるタワー。ブキナナスと呼ばれる丘にそびえ、276mの高さは通信塔としては世界第4位、東南アジアでは第1位を誇ります。上層には展望デッキや回転レストランがあり、展望デッキからはクアラルンプールの街並みの景色が人々を惹きつけています。
2016年にはガラス張りのスカイデッキも登場し、展望デッキの外に出られたり、全面ガラス張りの展望ボックスがあったりと、刺激的な取り組みで話題を集めています。夜の10時まで営業しているので、夜景を楽しむこともできますよ。

KLタワー(MENARA KUALA LUMPUR)
住所:No.2 Jalan Puchak Off Jalan P,Ramlee 50250 KL
電話番号:0320205444 
営業時間:9:00~22:00
定休日:年中無休
アクセス:モノレール「ブキナナス」駅から徒歩約20分
公式サイト:KLタワー 

 

2.国立モスク:市内中心部にある巨大モスク

国立モスク」は、KL市内中心部にあって威容を誇るモスク。ターコイズブルーの屋根と高さ72mのミナレット(尖塔)が印象的な1965年の建造の建物は、約8,000人を収容可能な広さを誇ります。
伝統的なイスラム建築をベースに現代風にアレンジした造りで、ひんやりとした大理石の床を踏みしめて内部に入ると、自然と身が引き締まる雰囲気を感じることができます。
金曜午前の集団礼拝の時は入場ができないので、見学は礼拝の時間以外で、また入場時には観光客用のガウン(女性は頭にかぶるスカーフも)を着用する必要があるので注意しましょう。

国立モスク(Masjid Negara/Nationsl Mosque)
住所:Jabatan Kemajuan Islam Malaysia,Jalan Perdana 50480 KL 
電話番号:0326937784 
営業時間:9:00~12:00、15:00~16:00、17:30~18:30、【金曜】15:00~16:00、17:50~18:30
アクセス:LRT「パサール・スニ」駅から徒歩17分、GOKLシティバス レッドライン「マスジット・ネガラ」停留所よりすぐ
公式サイト:国立モスク

 

1 2 ... 7
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Kumi Otsu

Kumi Otsu

20代の頃バックパーカーでベトナムやインドへ一ヶ月単位で自由旅行しました( ´ ▽ ` )ノかれこれ十数ヶ国旅しましたが最近はもっぱら女性でも安心して入れる混浴温泉旅行がメインです!



関連する旅行カテゴリ

# クアラルンプール # クアラルンプールの観光 # クアラルンプールの空港 # クアラルンプールの天気・気候

関連する旅行記事