北欧の国デンマークでグルメを堪能!伝統料理10選と人気レストラン3選

デンマークは、ヨーロッパ北部に位置する国。世界遺産など観光地も人気のデンマークですが、実は豚肉や乳製品を使用した料理が多くある酪農国家としても有名です。今回は、デンマーク定番の伝統料理と、それらの料理を楽しめるおすすめのレストランを紹介します。この記事を参考に、デンマークの食文化の魅力を探してみましょう。

こんにちは。Compathy Magazineのtaurus7です。
デンマークは、ユトランド半島と400を超える島々から構成される北欧の国。作家アンデルセンの童話『人魚姫』の人魚姫像や、2000年にユネスコ世界遺産に登録されたクロンボー城などの観光地が有名です。
またデンマークは酪農国として有名で、さまざまな肉料理や乳製品を使用した料理が数多くあります。今回は、デンマークの代表料理と観光客や地元から愛される人気レストランをご紹介します。

Photo credit:currystrumpet via flickr cc

Photo credit:currystrumpet via flickr cc

デンマーク料理の特徴:北欧の絶品グルメ!

Photo credit:Susanne Nilsson via flickr cc

Photo credit:Susanne Nilsson via flickr cc

煮込み料理やオーブン料理のようなシンプルな調理法が主流であるデンマークは、香辛料を比較的使わない素材の味を活かした味付けが中心です。メインとなる料理の具材も、豚肉などの肉類や、タラ・ニシン・サーモンなどの魚介類、じゃがいもをはじめとする野菜類など、豊富な食材が手に入る国として知られています。特に豚肉やじゃがいもを使った料理は、デンマークの代表食として親しまれていますね。

また酪農国としても有名なデンマークでは、生産が盛んなチーズやバターなどの乳製品も多くの料理に使用されています。また主食にフランスパンやじゃがいもを食べるのも特徴です。

デンマークの名物料理10選

1.スモーブロー(Smorrebrod):デンマークの国民食といえば!

Photo credit:currystrumpet via flickr cc

Photo credit:currystrumpet via flickr cc

スモーブローは、薄切りにした白パンや黒ライ麦パンにバターを塗り、豚肉や野菜などを乗せたオープンサンドイッチ。具材がたっぷりはいったこちらのサンドイッチは、手軽な店から高級店まで幅広い層で親しまれています。
パンにのせるトッピングは種類が豊富で、デンマーク料理のランチの定番としても親しまれているそう。デンマークに訪れた際には、一度は食べておきたいおすすめ料理の1つです。

2.フリカデラ(Frikadeller):デンマークの定番料理のミートボール

Photo credit:cyclonebill via flickr cc

Photo credit:cyclonebill via flickr cc

フリカデラは、豚挽肉で作るミートボール。デンマーク定番の家庭料理として知られ、各家庭では大皿に野菜の付け合わせと一緒に盛られ、取り分けながら食べるのが一般的です。
見た目は小さなハンバーグといった印象で、作り方はシンプルながら豚肉の旨味を感じる1品。じゃがいもやピクルスなどの野菜も付けあわせとして提供されるので、こちらもぜひ一緒に味わってみてください。

taurus7

静岡県の山奥育ち。寸又峡温泉の町内が故郷で、子供の頃は大井川鉄道のSLによく乗っていました。 フラワーデザイナーから始まって、漫画原作者、通信系の営業職を経て、現在はライターをしています。



関連する旅行カテゴリ

# デンマークの料理・グルメ # デンマークの観光 # デンマーク

関連する旅行記事