ベトナムに行ったら絶対食べたい定番料理とおすすめの店9選

東南アジアの中でも豊かな食文化を誇るベトナム。中国とフランスの影響を受けたベトナム料理はマイルドなテイストで日本人にも馴染みやすく、日本にもたくさんのベトナム料理店があります。ベトナムを訪れたのならぜひ本場の味を堪能したいもの。今回はベトナムの定番料理と、それが食べられるお勧めのお店をご紹介します。

こんにちは。Compathy MagazineライターのMAKIです。
日本でも人気の高いベトナム料理。東南アジアの料理は独特の香辛料を使用して調理するため、エスニック風味が強く、好みが分かれてしまうことがありますが、ベトナム料理は辛味も薄く日本人にも食べやすいのが人気の秘密です。ベトナムを訪れた際には、本場の味を思いっきり堪能したいもの。そこで今回は定番のベトナム料理を解説するとともに、お勧めのお店もご紹介!
ぜひ足を運んでみてください。

Photo credit:Ono Hiromasa「いただきます!ハノイ」

Photo credit: Ono Hiromasa「いただきます!ハノイ

中華とフレンチが融合しているのが特徴のベトナム料理のメニューたち!

Photo credit:Tauno Tõhk / 陶诺 via flickr cc

Photo credit: Tauno Tõhk / 陶诺 via flickr cc

ベトナムは古来より東側の隣接国が中国であることから、様々な文化の影響を受け発展を遂げてきました。料理も例外ではなく、生野菜やハーブなどを使用するため辛味の薄いあっさりとした味わいが特徴。かつてフランス植民地であったことから、フレンチと中華が融合したベトナム料理は日本人の口馴染みが良いです。
様々な食文化と融合し、独自の進化を遂げてきたベトナム料理を。地方ごとでも違う食文化を舌で感じるのも旅行の醍醐味かもしれません。

本場で食べたいベトナムの定番料理7選

1. フォー:パクチーが入った代表的なベトナム料理!

フォーとは米粉で作った平打ち麺の料理です。ハノイなど北部を代表する麺で、今ではベトナム全土で食べることができます。牛肉や鶏肉などでだしをとったスープに牛肉や鶏肉、つみれなどの具が入っているものが一般的です。もやしやパクチーなどの生野菜や香草、ライムなどは別に添えられ、好みで入れて食べるスタイルを取る店もあります。
ヌクマム(小魚を原料とする魚醤の一種)やトウガラシなどもお好みで入れて、自分好みの味に仕上げて頂きます。つるりとした麺とあっさりめのスープとしゃきしゃきの野菜のハーモニーが絶妙で病みつきになること間違いなし! 朝食代わりにもおすすめですよ。

2. ブン:現地ではフォーよりも食されている麺!

Photo credit:secretlondon123 via flickr cc

Photo credit: secretlondon123 via flickr cc

米粉を使った押し出し麺(小さな穴を空けた容器にタネを入れて押し出して作る麺)。たれなどを絡ませるだけの手軽な料理なので、ベトナムではフォーよりもブンの方が親しまれていて、家庭料理としても良く食卓に上るそう。麺の太さのバリエーションが豊富で、さまざまな料理にアレンジされます。
ハノイ名物のブンチャーはブンをつけだれで食べるもの。グリルポークやつくね、揚げ春巻きと一緒に食べるのが一般的です。ブン・ボー・フエは古都フエの名物料理で、ピリッと辛いスープが特徴の牛肉麺です。

1 2 ... 8
maki

maki

今までに行った国は20カ国。 各国で素敵な人たちに出会い、興味深い文化や歴史を知り、息を呑む風景を目の当たりにしました。その経験は五感をフル回転させて新しい視点を持たせてくれました。 一人一人が豊かな時間を過ごすこと、それは世界中が幸せになる一歩!! と願いを込めて記事をお届けしたいと思います。



関連する旅行カテゴリ

# アジア # アジアの料理・グルメ # 世界の料理・グルメ・ごはん # ベトナム

関連する旅行記事