ドナウ川のほとりを歩く!ブダペストのおすすめ観光スポットとお土産まとめ

ブダペストは、中央ヨーロッパ・ハンガリーの中心として栄える都市です。そんなブダペストには現在も歴史を感じる建物が残っており、その美しい街並みはドナウの真珠とも呼ばれています。今回は、ブダペストの基本情報とおすすめの観光スポット・お土産について紹介します。この記事を通して、皆さんもブダペストの魅力に触れてみましょう!

こんにちは。Compathy Magazineのまなみんです。
ブダペストは、中央ヨーロッパ・ハンガリーの首都。政治や文化、経済、交通など、ハンガリーのあらゆる分野の中心地として栄えています。
そんなブダペストは年間で約270万人もの旅行者が訪れると言われ、市民の人口よりも年間旅行客の数が多い観光都市。今回は、ハンガリーの基本情報とおすすめの観光スポット・お土産について紹介します。

Photo credit:By The Photographer (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

Photo credit:The Photographer (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

ブダペストってどんなところ?

ブダペストの基本情報

ブダペストは、中央ヨーロッパのまさに真ん中に位置するハンガリーの首都。年間約270万人の観光客が訪れるヨーロッパ有数の観光都市としても知られており、その美しい街並みは”ドナウの真珠”とも呼ばれています。

ブダペストの歴史は古く、1世紀のローマ帝国の時代、ケルト人がこの地域に集落を作ったのが始まりだとされています。9世紀になるとマジャル人が移住が起こり、現在のハンガリーの基礎が築かれました。
ブダペストは、中央を流れるドナウ川の西側・ブダ、そして東側・ペストの2つの地域に分けられます。その2つの地域が1873年に1つの都市へと合併して誕生したのがブダペストです。

国名:ハンガリー
首都:ブダペスト
人口:約174万人
言語・文字:ハンガリー語
通貨:フォリント(HUF)
宗教:カトリック45%、カルヴァン主義12%、その他
入国ビザの有無:90日以内で観光目的で入国する場合は不要。
日本との時差:-8時間 (サマータイムは-7時間)

 

ブダペストの天気・気候・気温

だいたい曇
月曜日 05/08
High 20° / Low 9°
雨の可能性
明日 05/09
High 13° / Low 4°
所により曇
水曜 05/10
High 16° / Low 6°
雨の可能性
木曜 05/11
High 22° / Low 12°
雷雨の可能性
金曜 05/12
High 23° / Low 13°
雨
土曜 05/13
High 22° / Low 12°
雨の可能性
日曜 05/14
High 24° / Low 13°

ブダペストの地図マップ

ブダペスト空港の基本情報と市内への行き方

Photo credit:By Derzsi Elekes Andor (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:By Derzsi Elekes Andor (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

リスト・フェレンツ国際空港」は、ブダペスト郊外に位置するハンガリーの空の玄関口。日本の空港からの直行便は運行していないため、フランクフルトやヘルシンキなどのヨーロッパ諸都市や中東を経由するルートが一般的です。日本からハンガリーまでのおおよその所要時間は15時間程度です。

空港から市内へ向かうには、miniBUD(エアポートシャトル)、市バス+地下鉄、タクシーなどの移動手段があります。
空港から市内の宿泊ホテルまで向かうなら、miniBUDがおすすめです。事前予約を行えば指定先のホテルまで直通で運行可能で、タクシーの利用と比較して料金を抑えることもできます。miniBUDを利用した場合、市内までの料金は1900フォリント(約700円)程度。予約はminiBUDの公式サイト(英語)からオンラインでも行えるので、ぜひ利用を検討してみてください。

miniBUD Airport Shuttle Service
住所:1185 Budapest, BUD International Airport, Terminal 2, Building 201 Office 4013
電話番号:015500000
公式サイト:miniBUD Airport Shuttle Service

ブダペストの治安・物価情報

Photo credit:Toshiyuki IMAI via flickr cc

Photo credit:Toshiyuki IMAI via flickr cc

ブダペストは銃刀器による重大な犯罪がほとんどなく、他のヨーロッパの主要都市と比較しても治安が良い地域と言えるでしょう。しかし観光客を狙ったスリや置き引き、タクシーでのぼったくり詐欺などの軽犯罪が発生しているので注意が必要です。警察からパスポートの提示を求められた際は本当に警察かどうか確認する、タクシーを利用する際は事前に料金を確認する、などの対策を心がけたいですね。

ハンガリーの通貨である1フォリントはおよそ0.4円です。レストランでの食事など1500フォリント(約550円)ほどなので、ブダペストは日本と比較して物価が安い都市と言えます。またレストランでは値段と比較して料理の量が多く、満腹感とともにお得感も感じられますよ。
スーパーでの買い物に関しては、食品の価格は安く設定されていまが、食品以外は税率が違うためやや高いと感じることもあります。またブダペストの人気観光地では入場料が高めに設定されている場所もあるので、事前に調べておくことをおすすめします。

ブダペストのおすすめ人気観光スポット13選

1. 東駅

Photo credit:User: (WT-shared) Shoestring at wts wikivoyage [CC BY-SA 4.0-3.0-2.5-2.0-1.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:User: (WT-shared) Shoestring at wts wikivoyage [CC BY-SA 4.0-3.0-2.5-2.0-1.0], via Wikimedia Commons

東駅」は、ブダペスト最大のターミナル駅。駅舎は1881年から1884年にかけて建築され、当時ヨーロッパでもっとも近代的な駅と評価されていました。
オーストリア・ウィーンからの列車をはじめ、ブダペストに発着するほとんどの国際列車が東駅から発着しています。また駅構内には観光案内所や両替所なども設置されているので、ブダペスト観光に必要な情報を得ることもできますよ。

東駅(Keleti pályaudvar)
住所:Kerepesi út 2-4 1087 Budapest 
電話番号:013136835

 

2. 国会議事堂

Photo credit:By Ercsaba74 [Public domain], via Wikimedia Commons

Photo credit:By Ercsaba74 [Public domain], via Wikimedia Commons

国会議事堂」は、ドナウ川沿岸に建設された、国会議事堂としては世界第3位の大きさを誇る建物。中央のドームや左右対称のファサード(正面)など、その荘厳な外観は多くの人を魅了しています。夜にはライトアップも行われ、ロマンティックな雰囲気を感じることができます。
建物内部は50万個の宝石や40kgの金で装飾され、ハンガリーの王族が代々受け継いだ王冠や剣が展示されているなど美術館としても楽しむことができます。内部の見学ガイドツアー(英語)も展開しているので、興味のある方はぜひ参加してみましょう。

国会議事堂(Országház)
住所:Kossuth Lajos tér 1-3
電話番号:014414415
営業時間:8:00~16:00(サマータイムは8:00~18:00)
アクセス:地下鉄「Kossuth Lajos tér」駅すぐそば
公式サイト:国会議事堂

 

3. ブダ城(ブダ王宮)

Photo credit:By Lajos82 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:By Lajos82 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ブダ城(ブダ王宮)」は、1987年に世界遺産登録されたブダペストのお城。かつてモンゴル軍やオスマン帝国軍の攻撃、2度の世界大戦を経て、幾度も破壊と再建を繰り返してきたという長い歴史があります。
現在の城内部にはハンガリー国立美術館・歴史博物館・図書館・軍事歴史博物館が設置され、一般の観光客にも公開されています。また城の庭から見ることができるドナウ川対岸のセーチェニ鎖橋や国会議事堂などの美しい景色も魅力の1つです。

ブダ城(ブダ王宮)(Budavári Palota)
住所:Szent György tér 2
電話番号:014583000
営業時間:国立美術館10:00~17:00、歴史博物館10:00~16:00(ともに月曜定休日)
アクセス:トラム「Clark Ádám tér」駅からケーブルカー
公式サイト:ブダ城(ブダ王宮)

 

4. セーチェーニ鎖橋

Photo credit:By The Photographer (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

Photo credit:By The Photographer (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

セーチェニ鎖橋」は、ドナウ川のブダ地区とペスト地区を結ぶ、ブダペスト最初の恒常的な橋。この橋ができるまでは両地区の移動に船が使用されていましたが、19世紀に橋が完成したことによってアクセスが便利になりました。
橋の名前はメインケーブルにチェーンを使用していることに由来するそう。夜になるとライトアップも行われ、幻想的な光景を見ることができますよ。

セーチェニ鎖橋(Széchenyi Lánchíd)
住所:Széchenyi Lánchíd
アクセス:ブダ城から徒歩すぐ

 

5. マーチャーシュ教会

Photo credit:By mikkamakkax (Indafotó) [CC BY-SA 2.5 hu], via Wikimedia Commons

Photo credit:By mikkamakkax (Indafotó) [CC BY-SA 2.5 hu], via Wikimedia Commons

マーチャーシュ教会」は、13世紀の半ばに建設された歴史の長い教会。歴代王の戴冠式が行われた場所でもあり、ハンガリー人にとっても特別な意味を持つ観光地です
当初はゴシック様式で建設されましたが、その後のオスマン帝国の支配でモスクに改装され、さらにバロック様式に改装するなど、複雑な歴史を経てきたマーチャーシュ教会。700年に渡って変遷を繰り返した教会内部のステンドグラスは一見の価値ありです!

マーチャーシュ教会(Mátyás templom)
住所:2 Szentháromság tér
電話番号:014890716
営業時間:【月~金】9:00~17:00、【土】9:00~12:00、【日】13:00~15:00
アクセス:バス停「Szentháromság tér」から徒歩
公式サイト:マーチャーシュ教会

 

6. 英雄広場

Photo credit:By Fmvh (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:By Fmvh (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

英雄広場」は、ハンガリーの建国1000周年を記念して作られた広場。アンドラーシ通りの一部として世界遺産にも登録されており、広場の中央にある初代国王のイシュトヴァーンの王冠と大天使ガブリエルが乗った柱が威風堂々とそびえ立つ姿は圧巻です。
柱の周りを囲む台座には7人の部族長の騎馬像があり、また左右に7体ずつ歴代ハンガリーの英雄の姿も見ることができます。ハンガリーの歴史を感じることができる場所であるとともに、地元民の憩いの場としても親しまれているスポットです。

英雄広場(Hősök tere)
住所:Hősök tere
アクセス:地下鉄「Hősök tere」駅から徒歩1分

 

7. 中央市場

Photo credit:Till Westermayer via flickr cc

Photo credit:Till Westermayer via flickr cc

中央市場」は、ヨーロッパ最大の規模を誇るマーケット。1Fは肉や野菜などの地元特産のトカイワインなどの食料品や香辛料・調味料、2Fにはお土産店や食堂が並んでいます。
また地下にはスーパーマーケットも展開しており、まさになんでも手に入るショッピングスポットとして多くの人が訪れます。2013年にはアメリカのCNNによってヨーロッパで1番の市場として評価されるマーケット、ぜひ実際に立ち寄って好みの品を探してみましょう。

中央市場(Nagyvásárcsarnok)
住所:Vámház körút 1-3 
電話番号:013663300
営業時間:【月】6:00~17:00、【火~金】6:00~18:00、【土】6:00~15:00(日曜定休日)
アクセス:地下鉄「Fővám tér」から徒歩3分

 

8. 漁夫の砦

Photo credit:pixabay

Photo credit:pixabay

漁夫の砦」は、ハンガリー建国1000周年を記念して、マーチャーシュ教会を手掛けたフリジェシュ・シュレクのデザインにより建設された建物。とんがり帽子のような形の塔は遊牧民だったマジャール人のテントを、7つの塔はマジャールの7部族を表しています。
砦の中にはレストラン、カフェもあり、休憩スポットも充実しています。カフェからはドナウ川とペスト地区が一望できるので、ぜひ足を運んでみてください。

漁夫の砦(Halászbástya)
住所:Szentháromság tér 
電話番号:014583030
営業時間:24時間 (塔に登るにはチケットが必要 9:00~19:00)
アクセス:バス停「Szentháromság tér」駅から徒歩5分
公式サイト:漁夫の砦

 

9. 聖イシュトヴァーン大聖堂

Photo credit:Cha già José via flickr cc

Photo credit:Cha già José via flickr cc

聖イシュトヴァーン大聖堂」は、国会議事堂と並んで、高さ96mとブダペストでもっとも高い建築物。50年もの歳月をかけて建設された建物内では、”聖なる右手”と呼ばれる初代ハンガリー王・イシュトバーンの右手が安置されるなど、王の聖遺物を見学することができます。
364段の階段からは大聖堂のドームに登ることができ、そこからはブダペストを360度見渡すことができます。エレベーターも設置されているので、ぜひブダペスト街並みを高くから見てみましょう。

聖イシュトバーン大聖堂(Szent István-bazilika)
住所:Szent István tér 1
電話番号:013382151
営業時間:【月~土】9:00~19:00、【日】7:45~18:00(ドームに登るのは4月〜10月限定)
アクセス:地下鉄「Bajcsy-Zsilinszky út」駅から徒歩4分
公式サイト:聖イシュトバーン大聖堂

 

10. ハンガリー国立歌劇場

Provided by

Provided by foursquare-icon-16x16

ハンガリー国立歌劇場」は、ヨーロッパ最大規模のオペラ劇場。館内では年間を通して毎晩さまざまなオペラが上演されています。
上演前は施設内部の見学も可能で、大理石や金細工、フレスコ画など、豪華絢爛な内装を見ることができます。希望のオペラを見つけたら、事前にオンラインでチケットを予約しておくと安心ですよ。

ハンガリー国立歌劇場(Magyar Állami Operaház)
住所:Andrássy út 22
電話番号:018147100
営業時間:10:00~20:00(最初の公演開始準備まで)
アクセス:トラム「Opera M」駅から徒歩2分
公式サイト:国立オペラ劇場

 

11. ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り

Provided by

Provided by foursquare-icon-16x16

こちらは、エルジェーベト広場と英雄広場のあるヴェーロデュリゲットをつなぐブダペストの大通り。1870年代の建設当時は貴族や銀行家などの富裕層が住んでおり、陸上での輸送に反対意見が多かったため、ヨーロッパ大陸初の「ブダペスト地下鉄1号線」が開通した歴史があります。2002年にその街並みの美しさと歴史的な価値が認められ、「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区、およびアンドラーシ通り」として地下鉄とともに世界遺産に登録されました。

現在はルイ・ヴィトンをはじめグッチ、バーバリーなどの高級ブランドショップ、なカフェやレストランが立ち並び、ブダペストの中心地としても有名です。また付近には国立歌劇場やフランツ・リスト広場、恐怖の館などの観光スポットもあるので、エリア一帯を散策してみるのも良いですね。

ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り(Andrássy út)
住所:Andrássy út

 

12. ゲッレールトの丘

Photo credit:PROTill Westermayer via flickr cc

Photo credit:PROTill Westermayer via flickr cc

ゲッレールトの丘」は、ブダペスト市内の中心部に位置する、標高235mの山。全体が公園になっていて、自由橋やゲッレールト温泉、ホテルなどの施設があります。
ゲッレールトの丘頂上は展望スポットとしても人気で、ブダペストの街並みやドナウ川の景色を一望することができます。特に夜の時間帯はライトアップされた国会議事堂や鎖橋などの建築物が綺麗で、おすすめの夜景観賞スポットです。
頂上までは徒歩で登ることもできますが、時間があまりない方は車やタクシーを利用することも検討してみましょう。

ゲッレールトの丘(Gellért-hegy)
住所:Budapest, 1118 Hungría
アクセス:27番バス「Citadella」バス停から12分

 

13. ハンガリー国立美術館

Photo credit:By Takkk (Takács István) (Transferred from hu.wikipedia to Commons.) [CC BY-SA 2.5 or GFDL], via Wikimedia Commons

Photo credit:By Takkk (Takács István) (Transferred from hu.wikipedia to Commons.) [CC BY-SA 2.5 or GFDL], via Wikimedia Commons

ハンガリー国立美術館」は、ブダ城内中央に位置する美術館。館内では、中世から現代までのハンガリー美術を中心とした展示品が並び、時代ごとのハンガリーの人々の暮らしを垣間見るこtができます。
美術館の建物は水色のドームで装飾されており、その外観壮大さも魅力の1つ。ブダ城を訪れる際は、こちらも合わせて訪問してみてはいかがでしょうか?

ハンガリー国立美術館(Magyar Nemzeti Galéria)
住所:Szent György tér 2
電話番号:0204397325
営業時間:10:00~17:00
アクセス:トラム「Clark Ádám tér」駅からケーブルカー
公式サイト:国立美術館

ブダペストと温泉

ハンガリーは、80近くの温泉を抱える温泉大国としても知られています。ブダペストの温泉は古代ローマ人が熱水を利用した巨大浴場を作ったのが始まりで、歴史のなる温泉スポットが多く残っています。
ブダペストの温泉はプールのような感覚で利用されており、水着を着ての混浴なども珍しくありません。またジャグジー、サウナ、子供用のウォータースライダーが設置されたアクアパークのような大型施設もあり、子供連れのご家族も楽しめる観光地として人気です。
ここではブダペストのおすすめの温泉を3ヵ所ご紹介します。

1. セーチェニ温泉

Photo credit:By Alex Proimos from Sydney, Australia (Széchenyi Thermal Baths) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:By Alex Proimos from Sydney, Australia (Széchenyi Thermal Baths) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

セーチェニ温泉」は、市民公園の中にある温泉施設。ヨーロッパ最大級の規模を誇り、3つの露天風呂と15の屋内風呂がある広大な館内は1日を通して楽しむことができます。
館内にはほかにもジャグジーやサウナ、マッサージ・ペディキュアなどのリラックスサービスも充実しており、家族連れの観光客にも人気。タオルや水着などは現地での貸出も行なっているので、気軽に訪れることができる溫泉施設と言えますね。

セーチェニ温泉(Széchenyi Gyógyfürdő és Uszoda)
住所:kerület Állatkerti körút 9-11
電話番号:013633210
営業時間:6:00~22:00
入浴料:1700フォリント~
アクセス:「セーチェーニ温泉」駅徒歩2分
公式サイト:セーチェニ温泉

 

2. ゲッレールト温泉

Photo credit:Omar A. via flickr cc

Photo credit:Omar A. via flickr cc

ゲッレールト温泉」は、ハンガリー伝統のアール・ヌーヴォー様式で建設された温泉。療養効果の高い溫泉として古くから知られており、13世紀の文献にはすでにその名前が登場していると言われています。
屋外の温水プールは混浴、館内は男女別の溫泉として分けられています。ゲールレット溫泉は「ダヌビアス ホテル ゲッレールト」の中に併設されているので、溫泉を目的にブダペストを訪れるなら、こちらのホテルの宿泊も検討してみましょう。

ゲッレールト温泉(Gellért Thermal Bath)
住所:Kelenhegyi út 4
電話番号:014666166
営業時間:6:00~20:00
アクセス:トラム19、41、47、49、56で「セント・ゲッレールト」駅すぐそば
公式サイト:ゲッレールト温泉

 

3. キラーイ温泉

Provided by

Provided by foursquare-icon-16x16

キラーイ温泉」は、オスマントルコ統治時代の16世紀に建設された、ブダペスト内でも歴史の深い温泉施設。館内には4つの浴槽が用意されており、26℃から40℃までの温度によって分けられています。
トルコ風のドームや八角形型の浴槽をながめながら、ブダペストの歴史や伝統を感じるのも楽しみ方の1つ。溫泉は混浴となっているので、水着の着用必要になるので注意しましょう。

キラーイ温泉(Király Gyógyfürdő )
住所:1027 Budapest, Fő u. 84 
電話番号:012023688
営業時間:9:00~21:00
アクセス:バス9番、109番「Bem József tér」下車1分
公式サイト:キラーイ温泉

ブダペストのおすすめお土産

トカイ(Tokaji)の貴腐ワイン

Photo credit:t-mizo via flickr cc

Photo credit:t-mizo via flickr cc

ハンガリーは、知る人ぞ知るヨーロッパでも有数のワインの名産地。中には家で大切に育てたブドウを使ってワインを作って楽しむという家庭も珍しくありません。
ハンガリーでは伝統の赤ワインを好む人が多く、赤ワインに炭酸水を混ぜたり楽しみ方も色々ですね。最近では赤ワインにコーラを混ぜる飲み方が若者を中心に人気を集めているので、こちらもぜひ挑戦してみましょう。

そんなワイン好きが集まるハンガリーで注目を集めているのが、世界3大貴腐ワインと称されるトカイワイン。ハンガリーのトカイ地方で作られているワインで、成熟したブドウ使ったほどよい甘みが女性にも喜ばれる名産品として人気を集めています。
トカイワインをブダペスト市内で購入する際は、ワインの専門店を探しましょう。生産数に限りがあり日本への輸出も多くないので、ぜひお土産にチェックしてみてください。

ハンガリーネクタイ

Photo credit:Ryosuke Sekido via flickr cc

Photo credit:Ryosuke Sekido via flickr cc

ブダペスト市内には、おしゃれなネクタイを扱うお店が多く展開しています。なかにはハンガリーのパローツ地方にある工房で手作業で織られたネクタイなど、この世に全く同じものは2つとない商品もあります。
花、木、星などの伝統的なモチーフは19世紀から引き継がれてきたもので、全てのデザインに意味があるのだとか。ハンガリーのネクタイは、ビジネスにはもちろん、カジュアルなシーンにも使用できるので、ぜひお土産に1本いかがでしょうか?

トゥーロー・ルディ:チョコレートとチーズの融合

Photo credit:PROJudit Klein via flickr cc

Photo credit:PROJudit Klein via flickr cc

トゥーロー・ルディは、カッテージチーズをチョコレートでコーティングしたハンガリーの名物菓子。カッテージチーズのほどよい酸味と、チョコレートの甘みが絶妙な組み合わせで、子供から大人まで誰もが愛するスイーツとして親しまれています。
ブダペストでは、地元のスーパーマーケットなどでまとめて購入することができるので、職場の同僚や友人などに多く配りたい場合でも安心です。

ブダペストの天気情報まとめ

美しいブダペストの街並みを観光する前にチェックしておきたいのは天気情報。万全の対策をして楽しみたいという方は「ドナウ川のほとりを歩く!ブダペストのおすすめ観光スポットとお土産まとめ」を参考にしてみてはいかがでしょうか?

おわりに

いかがでしたでしょうか? ハンガリーの首都ブダペストは、街のいたるところに歴史を感じる観光スポットがあります。ほかにも溫泉やワインなど、さまざまなアトラクションがあるのも魅力ですね。
皆さんもブダペストを訪れる際は、この記事を参考に、ブダペスト観光を余すところなく満喫しましょう。

ライター:まなみん
Photo by:The Photographer (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

ブダペストの関連旅行記ブログ

*新田浩之さん「温泉といえばハンガリー!ブダペストで訪れたいおすすめ温泉

*八木彩香さん「旅作家とまこのヨーロッパ旅 −住みたくなったブダペスト−

*新田浩之さん「あの有名モデルも訪れたブダペストの穴場スポットに行く

マナミ

マナミ

愛知県出身。イギリスワーホリから海外生活の魅力に取り付かれ、今でも海外生活満喫中。趣味は手軽にいける海外旅行。海外移住者ならではの情報をお届けしていきます。 ブログ

関連する旅行カテゴリ

ブダペスト 観光 お土産 空港 ブダペストの観光 ブダペストの治安 ブダペストの空港 ブダペストのお土産 ブダペストの天気・気候

この記事を読んだ人が読んでいる

その他のオススメ記事