広がる大自然に圧倒される!アラスカは夏と冬どっちが魅力的?

今回は私の大好きなアラスカを紹介しようと思います。アラスカは手つかず自然が残るラストフロンティアです。夏は野生動物が活き活きと過ごす、生い茂る植物の世界。冬は雪原、オーロラが見える神秘の土地です。

こんにちは、Compathy Magazineライターのyuichiです。
今回は私の大好きなアラスカを紹介しようと思います。アラスカは手つかず自然が残るラストフロンティアです。夏は野生動物が活き活きと過ごす、生い茂る植物の世界。冬は雪原、オーロラが見える神秘の土地です。

幸運なことに夏、冬のアラスカを体験できた私はどちらの方が魅力的か判断ができません。ぜひこの記事を参考に、皆さんはどちらが好きか考えてほしいと思っています。

夏のアラスカを旅する

Photo credit:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」

Photo credit:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅

夏のアラスカは見渡す限りの大自然。ここでは人間が侵入者です。私は北海道に住んでおり自然に囲まれていますが、アラスカの自然には北海道民ですら驚きました。7月だというのにも関わらず、目の前には巨大な氷河が現れ、圧倒されました。

冬のアラスカ・オーロラ体験

冬のアラスカはなんといってもオーロラ見学が定番です。オーロラはとても幻想的で言葉にはしがたい感動があります。天候に左右されるので、もちろん見えないこともあるのでご注意を。オーロラが万が一見えなくても、冬のアラスカでは犬ぞり体験などたくさんのアトラクションがあるので、めいいっぱい楽しんでみてください。

夏と冬、結局どちらがいい?

Photo credit:りょーちゃん[オーロラ観測 in Alaska]

Photo credit:りょーちゃん[オーロラ観測 in Alaska]

私は結局のところ冬のアラスカを選びました。正直、雪に覆われ何もないのですが、そのような環境だからこそ自然の驚異、神秘性を感じました。手袋をはかないと凍傷になる−40度以上の世界というものは、日本にいると想像できないですよね。

そこに住む人間、動物がいるということに驚き、そして世界の広さを感じました。

アラスカ」へ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

KudoYuichi

KudoYuichi

かつては海外添乗員として働き60カ国以上を訪問しました。 その時の経験をもとにいろいろな情報を皆様にご提供できればと考えております。 現在は地元北海道で外国人向け英語ガイドとして働いております。



関連する旅行カテゴリ

# アメリカ合衆国の大自然・絶景 # 観光 # アメリカ合衆国の観光 # アメリカ合衆国

関連する旅行記事