あげたら絶対お洒落な人と思われそう!フランスお土産23選!

フランスは美食とファッションの国!美味しくて可愛いパッケージのお土産がいっぱいあります。食品や生活雑貨をはじめコスメまで、フランスのお土産なら誰にあげでも喜んでもらえそう。そんなフランスのお土産を一挙にご紹介します!

こんにちは。Compathy MagazineライターのKumiです。フランスは美食とファッションの国! 美味しくて可愛いパッケージのお土産がいっぱいあります。食品や生活雑貨をはじめコスメまで、フランスのお土産なら皆に喜んでもらえそう。そんなフランスのお土産を一挙にご紹介します!

 

■目次

1ページ目(①): フランスのお土産①: モノプリのエコバッグ、ほか

1ページ目(②): 【無料でフランスや世界41都市に行けるチャンス!】 1週間無料の留学をプレゼント! 世界最大級の教育機関の留学無料キャンペーン!

2ページ目: フランスのお土産②: ラ・カーヴ・デ・パピーユのワイン、ほか

3ページ目: フランスのお土産③: バヒネのフランボワーズソース、ほか

4ページ目: フランスでお土産が買えるお店8選: プランタン・パリ・オスマン、ほか

 

<フランスのおすすめのお土産23選>

1. モノプリのエコバッグ

モノプリとはフランスの高級スーパーマーケット。スーパーのほとんどがプライベートブランドの製品を展開し、食料品だけでなく幅広い品を取り扱っていますが、その中でも観光客にダントツの人気を誇るのがこのモノプリのエコバッグ。色や柄の種類が豊富で1€位で買える手頃な値段が人気の秘密です。
素材はポリエステルで出来ており、思いのほか丈夫。畳むとコンパクトで機能性も抜群です。シーズン毎に新作が出ますので何枚でも欲しくなりますね! バッグにはフランス語で「J’ADORE LES COURSES EN SAC」(バッグで買い物するの大好き)とプリントされています。

モノプリのエコバッグ(MONOPRIX)
値段:0.80€
ホームページ:https://www.monoprix.fr/

2. エシレバター

Photo credit: « R☼Wεnα » via flickr cc

Photo credit: « R☼Wεnα » via flickr cc

エシレバターはフランス中西部の小さな村、エシレ村の酪農共同組合で作られています。1894年からバター作りが始まり、100年以上の歴史があります。フランスはもとより多くの国々で愛されており、日本には東京と大阪に専門店が出来ました。
フランスでは格段にお安く手に入りますので、美食家へのお土産として常に絶大な人気を誇っています!

エシレバター(ECHIRE)
値段:3.34€
ホームページ:http://www.echirelebeurredefrance.fr/

3. メールのバニラゴーフル

Photo credit: Mon Œil via flickr cc

Photo credit: Mon Œil via flickr cc

ベルギーの隣に位置するフランス北部リール市の伝統菓子のゴーフル。数あるお菓子屋さんの中でも、特に評判の名店がこのメールです。2010年末にパリ、マレ区にお店をオープンし、パリでもメールのゴーフルが購入出来るようになりました。メールは、1761年創業の老舗のお店で名物のゴーフルは1849年に誕生しました。
長さ14センチ、幅6センチの角に丸みのある長方形のゴーフル生地は、しっとり柔らかい食感で、中にはクリームがたっぷり。バタークリームにはじゃりじゃりと音がするくらいたくさんの砂糖が混ぜられていて、しっとり食感の生地との相性が抜群です。日本のゴーフルとは全く別物なので一度食べてみてくださいね!

メールのバニラゴーフル(Meert)
値段:2.30€
住所:16 rue Elzévir 75003 Paris
電話:+33 3 20 57 07 44
営業時間:火〜土 9:30〜19:30/日 9:00〜13:00・15:00〜19:00
定休日:月
ホームページ:http://www.meert.fr/

4. ロクシタンのコスメ

日本でも大人気コスメのロクシタン! ナチュラルな原料を使用し、手間暇かけて作られています。本場フランスではフランス限定商品などもありますし、しかも日本で買うより断然安いです。女子になら誰にでも喜ばれるお土産の一つです!

ロクシタン(L'OCCITANE Gare Saint-Lazare)
値段:エッセンシャルフェースウォーター 17€
住所:13 Rue d'Amsterdam 75008 Paris,
電話:+33 1 43 87 42 56
営業時間:月〜金 7 :30〜20 :00/土 9:00〜20:00
定休日:日
ホームページ:http://www.loccitane.com/

5. ニュテラ

Photo credit: allison.hare via flickr cc

Photo credit: allison.hare via flickr cc

ほとんどのフランス人は甘い朝食派。その食卓に欠かせないのがこの「ニュテラ」です。「ニュテラ」とはパンに塗って食べるチョコレートペースト。フランス人はヘーゼルナッツの入ったこのお味が大好き! 元々はイタリアのメーカーですが、ヨーロッパの各国で食されています。
フランスは柔らかいパンを食べることが多いので、フランスで売っている「ニュテラ」は柔らかい「ニュテラ」です。お手頃な200g入りがありますので、パン好きなお友達のお土産にいかがですか?

ニュテラ(Nutella)
値段:200g 2€弱
ホームページ:http://www.nutella.com/en/

6. ラ・メール・プーラールのクッキー

フランスでもっとも有名な巡礼地モンサンミシェル。世界遺産としても知られているまるで要塞のような景観を見せる伝説の小島です。そのモンサンミシェルを代表するお土産がこのラ・メール・プーラールのクッキー。クッキーは食感の違うものが3種類あり、それぞれをサブレ、ガレット、パレと呼びます。
サブレはサクサクとした薄焼きのもの。ガレットは薄焼きでありながらザクッとした歯ごたえ。パレはガレットを厚くしたクッキーです。ラ・メール・プーラールのクッキーは塩キャラメル味で、この島では長年親しまれてきた味。パリのスーパーでも売っていますので、モンサンミシェルに行かずとも手に入るのは嬉しいですね!

ラ・メール・プーラールのクッキー(La Mère Poulard)
値段:125g 2.05€
ホームページ:http://www.biscuiterie-mere-poulard.com/

7. コネタブル・オリーブオイルサーディン

フランス産のオリーブオイルを使用したオイルサーディンです。チリ味やレモン味、ドライトマト味など、フランスならではのバリエーションが沢山あります。フランスは美食の国! 日本では見かけることの出来ない珍しいお味を探してみてはいかがですか?

コネタブル・オリーブオイルサーディン(La Mère Poulard)
値段:〜2€
ホームページ:http://www.connetable.com/

8. ボンヌママンのレモンタルト

タルト生地のサクサクとした食感と爽やかなレモンの風味、そしてキャラメルチョコが相まってたまらない美味しさです。
1箱9個入りで個包装されているのでオフィスへのお土産にもいいですね! 蓋が赤いギンガムチェックの有名なジャムもボンヌママンの商品です。30g入りのミニサイズがありますのでバラマキ土産にぴったりです。

ボンヌママンのレモンタルト(bonnemaman)
値段:1.67€
ホームページ:https://www.bonnemaman.ch/fr/catalogue-desserts-c2.php

 

【無料でフランスや世界41都市に行けるチャンス!】 1週間無料の留学をプレゼント! 世界最大級の教育機関の留学無料キャンペーン!

応募期間:2018年6月末まで!
EF 留学無料プレゼントが当たるキャンペーン

世界最大級の教育機関であるEF(Education First)は、期間限定でなんと、1週間無料で!海外留学をプレゼントするキャンペーンを行っています。
あなたが行ってみたい留学先の国・都市を、世界41都市から第3希望まで選び、約3分で簡単に応募することができます!

海外生活に憧れる人は必見の無料留学プレゼントキャンペーン! 海外生活・留学をしてみたい学生さんや、少し休暇を取って海外生活を満喫したい社会人の方など、どなたにもチャンスです!

更に今回の留学は、英語圏だけではなく、世界中の都市への留学、他の言語の習得が可能。 期間も無料期間の1週間から、更に長期など任意で期間を選ぶことができますよ!
キャンペーンページから、行きたい国・都市を選んで3分で応募完了。このチャンスをお見逃しなく!

■1週間の留学無料キャンペーンの詳細

・応募期限: 2018年6月30日(土)
・当選者発表: 2018年6月1日以降にEメールもしくは電話で通知致します。
・当選のプレゼント内容: ホストファミリーまたは学生寮での宿泊代、食事代、1週間のジェネラルコース費用
・渡航期間: 1週間(+αで自費申し込みの留学期間を延長してもOK)

※応募締切、当選者発表期間は予告なく変更される可能性がございますことをご了承下さい。
その他の注意事項はEFのキャンペーンページをご参照ください。

 

 

1 234 »
Kumi Otsu

Kumi Otsu

20代の頃バックパーカーでベトナムやインドへ一ヶ月単位で自由旅行しました( ´ ▽ ` )ノかれこれ十数ヶ国旅しましたが最近はもっぱら女性でも安心して入れる混浴温泉旅行がメインです!



関連する旅行カテゴリ

# フランス # お土産 # 美術館・博物館 # 料理・グルメ # フランスのお土産 # フランスの料理・グルメ # フランスの美術館・博物館

その他のオススメ記事

関連する旅行記事