備えあれば憂いなし!バハマの治安状況は?

中米のリゾート地、バハマ。バハマに訪れる方も多いのではないでしょうか。その一方で気になるのが治安ですね。この記事ではバハマの治安に関する情報をお伝えします。ぜひ、バハマ旅行の前に、治安をチェックしておきましょう。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。 今回は中米の島国「バハマ」の治安についてお伝えします。バハマは大変美しいビーチを持つことで有名であり、毎年多くの観光客が訪れます。その一方で、どうしても治安が気になりますよね。この記事を読めば、バハマの治安に対する不安は払拭されるはずです。

バハマの治安状況

バハマの治安は周辺のカリブ諸国と比較すると良好です。ただし、日本よりは治安が良くないので、国内を旅行するような気分で訪れてはいけません。過去には首都のナッソーやニュープロビデンス島、観光客が多く集まるグランド・バハマ島などで置き引き事件が発生しています。2013年度の犯罪件数は約1万件ほど。ただ、基本的な対策をすれば、防げる犯罪ですので、過度に心配する必要はありません。

主な犯罪例

バハマでは軽犯罪が日本と比較するとよく起こります。国内にいるような気分で街を歩くと、確実に犯罪者に狙われてしまいます。ここで一例を挙げてみましょう。首都ナッソーで、日本人観光客が後ろからつけてきた2人組にバックを強奪された事例が発生しています。同じく、首都ナッソーでバスや車から降りた直後に、パスポートや現金が入ったバックを奪われた事件も起きています。この事例から分かるとおり、特にバスや車を降りた直後は警戒が必要です。

安全対策

ここで具体的な安全対策を考えてみましょう。まず、現金やカードは一箇所にまとめず、分散させたほうが賢明です。もしくは、チェーン付きの財布を使用するのも有効な対策になります。そして、夜間の一人歩きは避けたほうがいいでしょう。特に、女性の方は要注意。万が一強盗に襲われた場合は、絶対に無理な抵抗をしてはいけません。命を狙われる可能性があるので、おとなしく従うようにしましょう。

Photo credit:Tomoki「Disney Cruise バハマの旅」

Photo credit:Tomoki「Disney Cruise バハマの旅

海外で日本人として気をつけたいこと

これはバハマに限らず海外では一般的なことですが、日本人は「お金持ち」というイメージがあり、犯罪者から狙われやすい傾向にあります。そのため、あまり華美な服装を着ることはおすすめできません。最近は『地球の歩き方』など日本語のガイドブックを見て、犯罪者が狙いを定めるケースもあるようです。できれば、ガイドブックはコピーするなどして、あまり表紙を見せないほうがいいでしょう。とにかくできるだけ目立たないようにして、「狙われないようにする」というのが、犯罪対策のコツです。

バハマのマナー

下手なトラブルに巻き込まれないためにも、現地のマナーを守ることは大変重要です。バハマはアメリカから近くリゾート地ということもあり、物価は高め。それなりのレベルのレストランではドレスコードが求められるので注意が必要です。また、バハマが旧英国植民地ということもあり、マナーは少々厳しめになっています。その場に相応しい振る舞い方が好まれます。不安な方は海外旅行用のマナー本を見るといいでしょう。

緊急連絡先

バハマでの緊急連絡先は以下の通りです。

警察:TEL:919
消防:TEL:919
救急:TEL:919
在バハマ日本国名誉総領事:(242)677-9026
日本からの電話:1-242(国番号)+電話番号

大使館

バハマには日本の大使館はありません。ジャマイカ大使館が管轄することになります。

住所:NCB Towers, North 6F, 2 Oxford Road,Kingston 5, Jamaica
電話: (市外局番0876) 929-3338/9、(国番号1) -876-929-3338/9(国外)
FAX : (市外局番0876) 968-1373 、(国番号1) -876-968-1373(国外)
ホームページ:http://www.jamaica.emb-japan.go.jp/jp 
Photo credit:Tomoko Malaghan「ウェスタン・カリブ海年末クルーズの旅」

Photo credit:Tomoko Malaghan「ウェスタン・カリブ海年末クルーズの旅

最後に

どうしてもリゾート地に行くと気持ちが緩んでしまいますが、その時が一番危険です。必ず、心のネジを締める準備はしておきましょう。 ライター: Nitta Hiroshi Photo by:Hazuki Ikeda「Disney所有のPrivateIsland!子供も大人も楽しめる夢の島キャスタウェイケイ

*Tomoki「Disney Cruise バハマの旅

*Tomoko Malaghan「ウェスタン・カリブ海年末クルーズの旅

*Hazuki Ikeda「Disney所有のPrivateIsland!子供も大人も楽しめる夢の島キャスタウェイケイ

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Hiroshi Nitta

Hiroshi Nitta

国鉄が民営化された年、1987年生まれ。神戸市在住。中東欧、ロシアを中心に民族問題や戦争の記憶に興味があります。趣味は鉄道(乗り鉄とダイヤ)と読書です。ロシア連邦全共和国を制覇することを夢見ています。ブログ:Tabi-PROG



関連する旅行カテゴリ

# 治安 # バハマの治安 # バハマ

関連する旅行記事