アイルランドの首都、ダブリンのオススメ観光スポット15選

アイルランドの首都はダブリンですが、ダブリンにはどのような観光スポットがあるかご存知ですか。この記事ではダブリンの観光スポットをコンパクトに紹介。この記事を基に、ダブリンの観光プランを練るといいでしょう。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はアイルランドの首都、ダブリンをガイドします。ワーキングホリデーや英語留学でもすっかりおなじみになったダブリン。知名度はロンドンよりも劣りますが、ダブリンは数多くの魅力を持った街なのです。ぜひ、この記事を片手にダブリンを観光してくださいね。

 

■目次

1ページ目: ダブリンってどんな街?、ほか

2ページ目: ダブリンの魅力あふれる観光スポット15選、ほか

3ページ目: トリニティ・カレッジ(ダブリン大学)、ほか

4ページ目: チェスター・ビーティー図書館、ほか

5ページ目: ダブリン城、ほか

6ページ目: アイリッシュパブ、ほか

7ページ目: キルメイナム刑務所、ほか

8ページ目: リトルミュージアム、ほか

9ページ目: ジーニージョンストン博物館、ほか

 

ダブリンってどんな街?

具体的にアイルランドの首都、ダブリンの観光スポットを見る前に、概要を把握しておきましょう。

ダブリンの概要

ダブリンは言わずと知れたアイルランド共和国の首都。人口は約52万人です。ダブリンはダブリン城を中心に円を描くように街が形成されています。ダブリン市内西部にはビール工場があり、風向きによってはビールのいい匂いが街を覆います。近年、ダブリンにやって来る移民の数が急増しており、街の姿も変化しつつあります。

ダブリンの気候

ダブリンの気候の特徴はとにかく冬が寒いこと。ダブリンの12月の平均最低気温は5度を下回ります。雨量はそれほど多くありません。ただ、1日を通して天気が変わりやすいのです。傘は必須アイテムですよ。

ダブリンと日本との時差

ダブリンと日本との時差は-9時間(サマータイム実施時は-8時間)です。

ダブリンへの行き方

残念ながら日本からダブリンへの直行便はありません。基本的にロンドン乗り継ぎになります。日本からロンドンまでが12時間。ロンドンからダブリンまでが1時間30分です。

Photo credit:Open Street map(Own work)[CC BY-SA 3.0 or GFDL ],via Wikipedia Commons

Photo credit:Open Street map(Own work)[CC BY-SA 3.0 or GFDL ],via Wikipedia Commons

1 2 ... 9
Hiroshi Nitta

Hiroshi Nitta

国鉄が民営化された年、1987年生まれ。神戸市在住。中東欧、ロシアを中心に民族問題や戦争の記憶に興味があります。趣味は鉄道(乗り鉄とダイヤ)と読書です。ロシア連邦全共和国を制覇することを夢見ています。ブログ:Tabi-PROG



関連する旅行カテゴリ

# ヨーロッパ # 海外旅行・国内旅行 # アイルランドの観光 # 観光 # アイルランド

関連する旅行記事