魅力的な場所がたくさん!ベルギーの世界遺産11選

ベルギーはコンパクトな国でありながら世界遺産が11箇所もあるのです。そのほとんどが歴史に関連した遺産。つまり、ベルギーの歴史を知っていると、それだけ世界遺産を観る楽しみも倍増するわけです。この記事ではベルギーの世界遺産をコンパクトにわかりやすく書かれています。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はベルギーの世界遺産を一挙にご紹介しましょう。ベルギーはオランダとフランスの間にある小さな国です。しかし、EUの本部が首都ブリュッセルに置かれるなど、ヨーロッパの歴史において無視できない国でもあります。そんなベルギーには魅力的な世界遺産がたくさん。さっそく見ていくことにしましょう。

世界遺産名 登録年
フランドル地方にあるベギン修道会の建造物 1998年
ラ・ルヴィエールとル・ルーの中央運河の閘門と周辺 1998年
ブリュッセルのグラン・プラス 1998年
ベルギーとフランスの鐘楼群 1999年(2005年拡張)
ブリュージュ歴史地区 2000年
建築家ヴィクトル・オルタの主要な邸宅 2000年
スピエンヌの新石器時代の火打ち石鉱山 2000年
トゥルネーのノートル・ダム大聖堂 2000年
プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体 2005年
ストックレー邸 2009年
ワロン地方の主要な鉱山遺跡 2012年

ベルギー11の世界遺産

それでは、ベルギーにある11の世界遺産を見ていきましょう。

1. ブリュージュ歴史地区

北海から近く、昔から貿易の拠点として栄えているブリュージュ。1252年にはハンザ同盟の都市となり、証券取引所も開設されました。この頃のブリュージュはヨーロッパ随一の経済都市だったのです。今でも旧市街の中心にあたるマルクト広場には、13世紀に建てられた鐘楼が残存。今でも美しい音色を聞かせてくれます。当時の栄光を物語っている運河も忘れてはいけません。運河にかかる橋はなんと50以上もあるのです。オランダ語でブリュージュは「ブルッヘ(橋)」と言われますが、その呼び方も納得できますね。

ブリュージュ歴史地区(Histric Centre of Brugge)
アクセス:ブリュッセル中央駅から列車で1時間

2. 建築家ヴィクトル・オルタの主要な邸宅群

アール・ヌーヴォー様式の美しい建物を鑑賞したいのであれば、ベルギーに行くべきです。建築家、ヴィクトル・オルタ(1861年~1947年)はアール・ヌーヴォーの巨匠として知られています。オルタは数々の名建築を残しました。そのうち、タッセル邸、ソルヴェイ邸、ヴァン・エトヴェルド邸、オルタ邸(オルタ美術館)が世界遺産になっています。なお、オルタ邸(オルタ美術館)以外は非公開、もしくは予約制となっています。特別な理由がない限り、見学しやすいオルタ邸(オルタ美術館)をオススメします。

建築家ヴィクトル・オルタの主要な邸宅群(Major Town Houses of the Architect Victor Horta)

住所
タッセル邸:Rue Paul Emile Janson 6 - 1050 Brussels
ソルヴェイ邸:Avenue Louise 224 - 1050 Brussels 
ヴァン・エトヴェルド邸:Avenue Palmerston 2-6 - 1040 Brussels
オルタ邸(オルタ美術館):Rue Améicaine 25 - 1060 Brussels 

アクセス
オルタ邸:路面電車 ジャンソン駅から徒歩

営業時間
ソルヴェイ邸:文章での予約
ヴァン・エトヴェルド邸:事前予約制
オルタ邸:14:00~17:30(火曜日~日曜日) 団体客は予約必要(9:00~13:00)

電話番号
オルタ邸:+32-2-543.04.90

ホームページ
オルタ邸:http://www.hortamuseum.be

3. ベルギーとフランスの鐘桜群

これはベルギーとフランス、2国に交わった珍しい世界遺産です。ベルギーは13世紀~15世紀にかけて全盛期を迎えました。経済力を背景に、自治権を獲得する都市も続出したのです。そのような繁栄を象徴したのが、市民たちが造影した鐘桜です。ベルギー側とフランス側を合わせて56もの鐘桜が登録されています。その中で、一番有名なのがアントワープにあるノートルダム・大聖堂。ノートルダム大聖堂を見ると「どこかで見たような」と思われる方もいるでしょう。そうです、ノートルダム大聖堂は、アニメ『フランダースの犬』にたびたび登場します。

ベルギーとフランスの鐘桜群(Belfries of Flanders and Wallonia)
住所(ノートルダム大聖堂):Groenplaats 21, Antwerpen
アクセス(ノートルダム大聖堂):アントワープ中央駅より徒歩20分
営業時間(ノートルダム大聖堂):10:00~17:00(平日)、10:00~15:00(土曜日)、13:00~16:00(日曜日・祝日)
電話番号(ノートルダム大聖堂):(03)2139951
ホームページ(ノートルダム大聖堂):http://www.dekathedraal.be/en
1 2
Hiroshi Nitta

Hiroshi Nitta

国鉄が民営化された年、1987年生まれ。神戸市在住。中東欧、ロシアを中心に民族問題や戦争の記憶に興味があります。趣味は鉄道(乗り鉄とダイヤ)と読書です。ロシア連邦全共和国を制覇することを夢見ています。ブログ:Tabi-PROG



関連する旅行カテゴリ

# 世界遺産 # ベルギーの世界遺産 # ベルギー

関連する旅行記事