おすすめアメリカ料理12選!移民から伝わった食文化の歴史

体格の良いアメリカ人が普段から食べているだけあってアメリカにはダイナミックな料理が多くあります。日本にも多くのアメリカ料理が伝わってきていますが本場のアメリカ料理は味が濃くてボリュームもあり、まるで別の料理のよう!今回はアメリカのエスニック料理が確立していった歴史と共に12品のアメリカ料理を紹介したいと思います。

こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
海外に行ったときに楽しみなのが、その国を代表する料理を食べることではないでしょうか?
体格の良いアメリカ人が普段から食べているだけあって、アメリカにはダイナミックな料理が多くあります。日本にも多くのアメリカ料理が伝わってきていますが、本場のアメリカ料理は日本で食べるよりも味が濃くてボリュームがあり、まるで別の料理のようです!
今回はアメリカのエスニック料理(母国料理)が確立していった歴史と共に、厳選した12品のアメリカ料理を紹介したいと思います。

アメリカの食文化

アメリカ料理の成り立ち

移民国家のアメリカでは、ヨーロッパやアジアなど様々な国の人たちが移民してきたため、アメリカ先住民の食文化と様々な国の食文化が混ざりながら発展していきました。そのためアメリカ料理は牛肉、魚介、果物、豆類、乳製品など多種多様な食材を使用したものがたくさんあります。
昔のアメリカは広大な土地の割に人口が少なかったため、少ない人数で効率よく生産ができるようにオートメーション化が進みました。それによって冷凍食品や缶詰、加工食品の生産が発達していったようです。
その結果、これらの食材を使用したハンバーガーやフライドチキン、ホットドッグなどが代表的なアメリカ料理になっていきました。

移民によって入ってきたエスニックフードの数々
18世紀頃からスペイン、フランス、メキシコなど様々な国の人たちが母国の食べ物を持込みました。初めこそ、見慣れぬ食べ物は受け入れられませんでしたが、次第に受け入れられるようになっていきます。そして各国の食文化がミックスされ、アメリカの食文化は多様になっていきました。
アメリカ原住民がワインを飲むようになり、イギリス人がとうもろこしを食べるなど、各国の食文化を楽しむようになります。そして様々な食生活が送れるアメリカ独自の発展していきました。

移民の食生活による健康の悪化

しかし、食生活の多様化が進む一方で母国の慣習にとらわれ、栄養バランスの偏った食生活やアルコールを多量摂取するなど不健全な食生活をする移民も少なくありませんでした。その結果、生まれた子供たちが虚弱体質になっていると言われていました。
移民の持ち込んだ食生活を改善することがアメリカ国民にとって必要不可欠とされていました。

健康に良いニュー・イングランド料理

移民の食生活を危惧した家政学者たちはニュー・イングランド農村部で食べられている、栄養バランスの良い質素な伝統料理に注目しました。具体的な食材としては魚、コーンマッシュ、はまぐり、ベイクドビーンズなどです。
これらの食生活を広めようと学校の教室や地域の料理教室でキャンペーンを行い、正しいとされる食生活を推奨していきました。

法律によるエスニック料理の規制

移民の食べ物の販売を規制して、エスニック料理の拡大を抑えようとする学者もいました。そのための口実とされたのが衛生面の向上です。1906年に「純正食品・薬品法」という法律が制定され、エスニック食品の販売が大きく規制されました。
また、ドイツ、アイルランド、イタリアなどの飲酒大国からの移民による飲酒文化の拡大を懸念し、1920年に「禁酒法」が制定されました。

多様性が認められたアメリカ食文化
しかし、これらの一方的な規制は移民から反発されないはずがありません。さらに食品加工業者や投資家たちのビジネスチャンスを奪うかたちになったため、上記の取り組みは失敗に終わりました。
その後、移民によるエスニック料理が再び脚光を浴び始めます。食の多文化主義が認められ、アメリカで様々な料理を楽しめるようになりました。

現代のアメリカの食事事情

朝食はパンやコーンフレークを食べながらコーヒーや紅茶を飲んで軽めに済まし、昼食はハンバーガー、ホットドッグ、タコスなど短時間で食べられるファストフード、夜はステーキやチキンなど肉料理をお酒といっしょに食べたりします。このように、主に肉類とパンが主食となっています。

アメリカの食事の特徴

アメリカで食事をしたときに驚くのがそのボリュームの多さです。例えばマクドナルドのメニューはハンバーガー、フライドポテト、ドリンクがどれも日本の1.5倍ほどあります。
また、野菜よりも肉料理が多いのでビタミン不足になりがちです。それを補うためにビタミン剤を日常的に飲んでいるアメリカ人は多いようです。お菓子やスイーツなども日本と比較するとずっと甘いのも特徴です。日本に比べると様々な面で規格外の料理が多いようです。

Tomohiro Okada

Tomohiro Okada

ライターのOkkAです。26歳のときに世界一周で21カ国まわり、世界の多様性を知りました。それからはたくさんの本を読み、いろんな人の話を聞き、知ることが楽しいと思うようになりました。多くの人がその国に行きたくなるような記事を書いていければと思います。日本しか知らないのはもったいない!



関連する旅行カテゴリ

# 世界の料理・グルメ・ごはん # アメリカ合衆国の料理・グルメ # アメリカ合衆国

関連する旅行記事