ノルウェー・オスロで必ず立ち寄りたい観光スポット10選

ノルウェーの首都はオスロ。ノルウェーはフィヨルドが強調されますが、オスロの観光スポットも見逃せません。王宮やムンク美術館、バイキングの博物館まで観光スポット満載。この記事では、オスロの観光スポットをコンパクトに紹介しています。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はノルウェーの首都オスロにある観光スポットを紹介します。「ノルウェー」といえば、フィヨルドに代表される雄大な自然ですよね。しかし、首都オスロにも見逃せない観光スポットがたくさんあるのです。それでは、早速オスロの観光スポットを見ていきましょう。

オスロはどのようなところ?

オスロはノルウェーの首都です。人口は約65万人、ノルウェー最大の都市でもあります。現在でも年1万人のペースで増え続けており、ノルウェーの約50%の人口がオスロ周辺に住んでいます。オスロが「オスロ」と名付けられたのは意外と新しく1925年のこと。1925年以前は「クリスチャニア」と呼ばれていました。

Photo credit:frkstyle via Flickr CC

Photo credit:frkstyle via Flickr CC

自然や文化を感じる!オスロのオススメ観光スポット10選

1. ノルウェー王宮

Photo credit:

Photo credit: foursquare-icon-16x16

ノルウェーは現在でも王様がいます。その王様が住んでいる場所がノルウェー王宮です。「王宮だから、豪華な建物だろう」と思いきや意外とシンプル。あまりにシンプルさに驚かれる方も多いでしょう。王宮の建物は1825年に着工され1848年に完成しました。見所はなんといっても閲兵の交代式。平日の13時30分に見られます。お見逃しなく。王宮へは路面電車13、19系統、もしくは地下鉄でナショナルテアートレ(Nationaltheatret)駅下車、徒歩5分です。

ノルウェー王宮(Det kongelige slott)
住所:Slottsplassen 1, Oslo
営業時間:ガイドのみ 12:00、14:00、14:20、16:00(夏季限定)
料金:95NOK(大人)、85NOK(シニア)、無料(3才未満)
電話番号:(81)533133
ホームページ:http://www.kongehuset.no

 

2. オペラハウス

現代建築に興味がある方は必見です。2007年に完成したオペラハウスは大きなガラス窓に真っ白な色彩。日本ではなかなか見られないような未来的な建築スタイルです。もちろん、世界からも高い評価を得ています。外側のスロープを上がると頂上にたどり着きます。そこから、眺めるオスロの街並みもなかなかのものですよ。アクセスはオスロ中央駅から歩いてわずか5分。時間がなくても、ぜひ立ち寄ってみたい観光スポットです。

オペラハウス(Det kongelige slott)
住所:Kirsten Flagstads Plass 1
営業時間:営業時間は毎日、異なります。
料金:記載なし
電話番号:+47 21 42 21 00
ホームページ:http://www.operaen.no

 

1 2 ... 6
Hiroshi Nitta

Hiroshi Nitta

国鉄が民営化された年、1987年生まれ。神戸市在住。中東欧、ロシアを中心に民族問題や戦争の記憶に興味があります。趣味は鉄道(乗り鉄とダイヤ)と読書です。ロシア連邦全共和国を制覇することを夢見ています。ブログ:Tabi-PROG



関連する旅行カテゴリ

# 美術館・博物館 # ノルウェーの観光 # ノルウェーの美術館・博物館 # 観光 # ノルウェー

関連する旅行記事