『ローマの休日』に憧れて!イタリアが舞台になった映画15選

イタリアを舞台にした映画というと『ローマの休日』が一番有名ですね。イタリアを舞台にした映画は、愛やロマンがいっぱい詰まった作品が多く、物語とイタリアの景色が融合してできた世界観は最高。他にもイタリアを舞台にした映画はたくさんあります。今回はその中からおすすめの映画を15本ご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

Compathy Magazineライターのさとりんです。
『ローマの休日』『ライフ・イズ・ビューティフル』『冷製と情熱のあいだ』『ツーリスト』『ハンニバル』。これらの共通点はイタリアが舞台の映画であること。イタリアが舞台になっている映画って愛やロマンがいっぱい詰まった作品が多いですよね。イタリアが舞台になっているだけあって、映画ではとってもおしゃれな世界が広がっています。

映画を見終わると「わたしもあそこに行きたい!」と思ってイタリア旅行に行く決心をした人も多いのではないでしょうか?
そこで今回はイタリアを舞台にした映画を15本ご紹介します。映画の作品とイタリアが融合したときに生み出される素晴らしい世界観を味わってみてください。

 

■目次

1ページ目: イタリアが舞台になった映画①: ローマの休日、ほか

2ページ目: イタリアが舞台になった映画②: ニュー・シネマ・パラダイス、ほか

3ページ目: イタリアが舞台になった映画③: ハンニバル、ほか

4ページ目: イタリアが舞台になった映画④: 眺めのいい部屋、ほか

5ページ目: イタリアが舞台になった映画⑤: ローマでアモーレ、ほか

6ページ目: イタリアが舞台になった映画⑥: アマルフィ 女神の報酬、ほか

7ページ目: イタリアが舞台になった映画⑦: ライフ・イズ・ビューティフル、ほか

8ページ目: イタリアが舞台になった映画⑧: マレーナ、ほか

 

1. ローマの休日

【舞台:フィレンツェミラノ
【イタリア内の主なロケ地:サンタ・トリニタ橋、ウフィッツィ美術館、ポッジ広場、アルノ川、サンティ・アポストリ教会など】

イタリアを舞台にした映画の代表作と言えば『ローマの休日』。観たことがなくてもタイトルだけは知っているという人も多いのではないでしょうか。あまりの人気で「ローマの休日のロケ地巡りツアー」もあるほどです。
作中にはスペイン広場をはじめとするたくさんのローマの人気観光スポットが登場しますよ!
またキュートなオードリー・ヘップバーンがかわいくて魅力的。男女問わず心奪われてしまいます。60年以上も前の作品なので白黒映画ですが、彼女の豊かな表情が映画を彩り、白黒映画ということを忘れてしまいそうになります。
変わらぬ人気を保ち続けているなんて、これこそ普及の名作です。

【あらすじ】
ヨーロッパ王室の王位継承者アン王女は、ヨーロッパの各国へ親善旅行に訪れていた。窮屈な毎日に嫌気がさしていたアン王女は、街へ脱走することに!
しかしベンチで寝てしまう。そこに通りかかったのが新聞記者のジョー。はじめはそれが王女であるとは気気づかずに自分の家で休ませていたが、アン王女であることに気付き大スクープのチャンスが舞い降りたと大興奮。
さっそくローマを案内すると言い、彼女の姿を隠れてカメラマンに撮影させる。しかし時間が経つにつれ、アン王女とジョーは惹かれあっていくのだが、、、。

 

2. 冷静と情熱のあいだ

【舞台:フィレンツェミラノ
【イタリア内の主なロケ地:サンタ・トリニタ橋、ウフィッツィ美術館、ポッジ広場、アルノ川、サンティ・アポストリ教会など】

これを観たらフィレンツェに行きたくなってしまうこと間違いなしの映画『冷静と情熱のあいだ』。原作は、辻仁成と江國香織による恋愛小説。
映画ではレンガ色に一色に染まった建物がずらっと並び、イタリアの重厚な歴史を感じさせるようなフィレンツェ街並みの中で繰り広げられる日常生活が描かれています。さらにバックで流れるエンヤの神秘的な音楽も加わり、思わず憧れてしまいます。
また主演の竹野内豊さんが魅力的で、この作品で彼のファンが一気に増えたのではないかと思います。

【あらすじ】
絵画の修復士になるためにイタリアのフィレンツェの工房で勉強している阿形順正。彼には芽実という彼女もいて、はたからみれば順風満帆な生活を送っているように見えた。しかし、彼の心の中には忘れられない元カノあおいの存在があった。
しかし、ある時阿形順正は、あおいがミラノでアメリカ人と一緒に生活をしていることを知ってショックをうける。
阿形順正は、当時あおいと約束した「あおいの30歳の誕生日にドゥオーモのクーポラで会う」という言葉を信じ続けてきた。お互いにそれぞれ家庭を持ち、恋人もいる現在の状況。彼はあおいがこの約束を覚えているとは思えなかったが、約束当日、彼は約束の場所へと向かう、、、。

1 2 ... 8
Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# ローマの観光 # ローマの映画・ドラマ # ローマ

関連する旅行記事