ムーミン谷は本当にあった!フィンランドのムーミンワールド

フィンランド生まれの人気キャラクター、ムーミン。白くてマシュマロのようなフォルムがかわいいムーミンと、個性豊かで愛らしい仲間たち。そこで今回はムーミンファンにフィンランドにあるムーミンワールドをご紹介したいと思います。ここではムーミン達に会うことができます。さあ、あなたもフィンランドへムーミン達に会いに行きましょう!

Compathy Magazineライターのさとりんです。
子供から大人まで誰しもが一度ははまったことがある「ゆるキャラ」。現在も「くまもん」や「ふなっしー」「ぐでたま」などたくさんのゆるキャラクター達が人気を集めています。そんな中、長い間人気を保ち続けているキャラクターがいます。それは「ムーミン」。
白くてマシュマロのようなころっとしたムーミンがとってもかわいくて、その他のムーミンの仲間たちも個性豊かなでとても愛らしい。そんな見た目がかわいいゆるキャラのムーミンですが、アニメや小説の中ではふと考えさせられる言葉をぽろっと口にするムーミン達。その言葉にハッとさせられる大人も多いかもしれませんね。
そんなムーミンのことが大好きな人たちに是非ともご紹介したいのが、フィンランドにあるムーミンワールド! ここではムーミン達に会うことができるんです。
しかしこのテーマパークが開いているのは1年中で2カ月間だけ。でもそんな神秘的で幻のようなテーマパークは妖精であるムーミンっぽくていいですよね。
では、ムーミンワールドについてご紹介していきましょう。

Photo credit: Maddy「ヨーロッパ8か国一人旅」

Photo credit: Maddy名「ヨーロッパ8か国一人旅

ムーミンの誕生

1914年8月9日フィンランドのヘルシンキで生まれたスウェーデン系フィンランド人のトーベ・マリカ・ヤンソン。両親は父が彫刻家、母が画家というまさに芸術一家の長女でした。
そんな彼女と彼女の弟のラルス・ヤンソンによって描かれたのが『ムーミン・シリーズ』です。
このムーミン・シリーズは、作家で画家でもあったトーベ・ヤンソンはムーミンの小説や絵本を、弟のラルス・ヤンソンはムーミンの漫画を描いた総称になります。
もともと第二次世界大戦中に、彼女の友人が子供に読み聞かせをする絵本がほしいと聞き、彼女のために『小さなトロールと大きな洪水』を描いたことがきっかけです。この絵本が発表されるとまたたく間に人気となり、シリーズ化になりました。

ストーリー

このシリーズの主人公でもあるムーミンは、フィンランドで伝承されているトロールという妖精をトーベ・ヤンソン自身が独自に想像して描いたキャラクターで、見た目はカバに似ています。
そんなムーミン達が住むムーミン谷を舞台にしたお話です。主に、ムーミン谷に住む住人達や、ムーミン・トロールの周りで起こる奇妙だけど愉快な出来事、ムーミンパパの昔話などが描かれています。
子供向けの絵本・小説ですが、子供が読むと少し難しいお話かもしれません。大人が読むとその物語や一言一言の重たさと独特な世界観を感じることができます。

ムーミンの故郷はどこ?

ムーミンの故郷はフィンランドです。日本からフィンランドに行くには、成田空港、名古屋空港、関西国際空港に発着しているフィンランド航空でヘルシンキまで行くことができます。所要時間は約9時間半と、実はフィンランドは日本から一番近いヨーロッパなんです。
そんなフィンランドにはたくさんの森林と湖があり、ムーミン以外にもサンタクロースが住む国であったり、オーロラが見えたり、サウナ大国であったりと幻想的さと神秘的さが詰まった国です。
東京に住むわたし達にとってまるで夢の国に迷い込んでしまったような清らかな国、フィンランド。そんな場所にムーミン達は暮らしています。

本物の自然の中で、ムーミン谷を満喫できるムーミンワールド!

1993年にフィンランドの古都「トゥルク」から西に約13㎞離れたリゾートタウン「ナーンタリ」。そのナーンタリの海に浮かぶいくつもの島の内の1つをテーマパークとして、ムーミンワールドがオープンしました。
1島すべてがテーマパークになっており、その島がムーミン谷という舞台設定になっています。
この島まではナーンタリの中心街から桟橋を渡ったところにあり、島に着いた瞬間目の前にはムーミン谷の世界が広がっています。物語で見聞きしている建物が再現してあり、本当にムーミンの世界にお邪魔したかのような感覚になります。
また、他のお金がかかっているだろうなというような凝りに凝ったテーマパークとは違い、ムーミンワールドは豊かで美しい自然を最大限に活かして、物語に出てくる光景などを再現し、のどかで素朴かつ温かみのあるテーマパークになっています。
子供やファミリー向けのテーマパークですが、ゆっくりとムーミン谷を散歩するだけでもとっても楽しいので大人でも楽しめますよ。

Photo credit: whiteg via flickr cc

Photo credit: whiteg via flickr cc

ムーミンワールド (Moomin World)
住所:Kailo, 21100 Naantali, フィンランド
電話:+358 2 5111111
営業期間:2016/6/11~8/14(※ 8/15~28)
営業時間:10:00~18:00(※ 12:00~18:00)
料金:1日パス €28(2日間パス €38)/2歳以下 無料
公式HP:http://www.moominworld.fi/
アクセス:トゥルク駅下車。マーケット広場に行き、バス停T7から6番、7番、7A番に乗車し「ナーンタリ」下車(乗車時間:約40分)。Tuulensuunkatu通りを海方面に歩き突当りを左折して少し行くとムーミンバス停(所要時間:20~30分)。そこからバスに乗ってムーミンワールドへ。

ムーミンワールド内はこんな感じ!

Photo credit: whiteg via flickr cc

Photo credit: whiteg via flickr cc

Photo credit: whiteg via flickr cc

Photo credit: whiteg via flickr cc

Photo credit: whiteg via flickr cc

Photo credit: whiteg via flickr cc

Photo credit: whiteg via flickr cc

Photo credit: whiteg via flickr cc

ムーミンワールドで会えるムーミンと仲間達

Photo credit: kallerna (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

Photo credit: kallerna (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

Photo credit: kallerna (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

Photo credit: kallerna (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

Photo credit: Mussels via flickr cc

Photo credit: Mussels via flickr cc

Photo credit: kallerna (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

Photo credit: kallerna (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

1 2
Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# フィンランドの観光 # フィンランドの大自然・絶景 # 観光 # 公園・テーマパーク # フィンランドの公園・テーマパーク # フィンランド

関連する旅行記事