3月17日は何の日?世界と一緒にあなたも緑色に染まろう!

皆さんは3月17日が何の日か知っていますか? 3月17日は「Saint Patrick’s Day(聖パトリックの祝日)」です! 「Paddy’s Day」や「センパト」などと呼ばれ親しまれており、日本各地でアイリッシュフェスティバルやパレードが開催されています。アイリッシュバーやパブでもお祝いしているようですね。

こんにちは!Compathy MagazineライターのMiho Takahashiです。

皆さんは3月17日が何の日か知っていますか? 3月17日は「Saint Patrick’s Day(聖パトリックの祝日)」です! 「Paddy’s Day」や「センパト」などと呼ばれ親しまれており、日本各地でアイリッシュフェスティバルやパレードが開催されています。アイリッシュバーやパブでもお祝いしているようですね。

では日本ではなく、本場アイルランドではどのように祝われているのでしょうか? 2年前、アイリッシュ音楽好きの友人とアイルランド西部の都市「Galway(ゴールウェイ)」に行ってきたときの様子をレポートします。

とにかく緑に染まる!

ショーウィンドウも緑一色

ショーウィンドウも緑一色 Photo credit: Miho Takahashi「世界が緑に染まる!アイルランドでSt. Patrick’s Dayを祝う

アイルランド西部の都市、ゴールウェイには前日の3月16日に到着。街を散策してみると、すでに街中のショーウィンドウが緑一色です。スーパーにはアイルランドのシンボルであるシャムロックや、緑色のケーキ、緑色の装飾品、緑色のシールが並んでいます。緑色のシールは、緑が足りないところに貼るためのものなのか、街を歩いていると何人かに「なんで緑色の服じゃないの!?」と言われ、顔に貼られました(笑)

アイルランドのシンボルであるシャムロック(筆者撮影)

アイルランドのシンボルであるシャムロック Photo credit: Miho Takahashi「世界が緑に染まる!アイルランドでSt. Patrick’s Dayを祝う

何の日なの?

3月17日はアイルランドにキリスト教を広め、17世紀に列聖された聖人聖パトリックの命日です。アイルランドでは何世紀も前から、この日にアイルランドのシンボルであるシャムロックを服につけたり、ミサに行ったりして祝う伝統が受け継がれてきました。

1903年より正式に祝日となり、1996年からは政府が主体となって首都ダブリンで5日間の盛大なフェスティバルが行われるように。ゴールウェイでも盛大なパレードが行われますが、なんと寝坊して見逃してしまいました…! 一生の不覚です。

パレード後の様子(筆者撮影)

パレード後の様子 Photo credit: Miho Takahashi「世界が緑に染まる!アイルランドでSt. Patrick’s Dayを祝う

見所はパレードと…、パブ!

しかし見所はパレードだけではありません。夜になるとパブというパブが人で溢れ、道までもパブ化してしまいます。お店の中ではアイリッシュミュージシャンたちの自由なセッションが繰り広げられていました。そしてアイルランドのビール「ギネス」「キルケニー」「マーフィーズ」などが人々ののどを潤します。

ギネス(筆者撮影)

ギネス(筆者撮影)Photo credit: Miho Takahashi「世界が緑に染まる!アイルランドでSt. Patrick’s Dayを祝う

各々セッションに参加していく(筆者撮影)

各々セッションに参加していく(筆者撮影)Photo credit: Miho Takahashi「世界が緑に染まる!アイルランドでSt. Patrick’s Dayを祝う

老若男女のミュージシャンがセッションする(筆者撮影)

老若男女のミュージシャンがセッションする Photo credit: Miho Takahashi「世界が緑に染まる!アイルランドでSt. Patrick’s Dayを祝う

フィドル(fiddle)が弾ける友人もセッションに参加していました。みなさんとても温かくフレンドリー。手拍子だけの参加でも十分楽しめます。

驚いたのは、本当に老若男女みんなが共通の曲をたくさん知っていることです。演奏する側と聴く側の境界があいまいで、ポピュラーな曲になるとパブ中のみんなで大合唱という一幕も。おいしいビールと温かい人々に囲まれて、まるで親戚の家に遊びに来たかのような感覚になりました。

友人もセッションに参加!(筆者撮影)

友人もセッションに参加! Photo credit: Miho Takahashi「世界が緑に染まる!アイルランドでSt. Patrick’s Dayを祝う

おわりに

St. Patrick’s Day、アイルランドに興味がわいた方は、日本での「センパト」2016年イベントスケジュールをチェックして、ぜひ参加してみてください! 陽気なアイルランドの人たちとふれあえば、来年はきっとアイルランドに行きたくなるはずです。また、St. Patrick’s Dayはアイルランド以外でも、世界各地で祝われています。3月17日は世界のどこかで、緑に染まりましょう!

Compathyでこの旅の旅行記を見ましょう

※Miho Takahashi「世界が緑に染まる!アイルランドでSt. Patrick’s Dayを祝う

Miho Takahashi

Miho Takahashi

スウェーデン専攻。旅行経験はヨーロッパぐるり+α、その土地のスーパーに行くのが趣味です。興味は 歴史/ 写真/ 映画/ 本/ ダンス/ 食べ物/ 人間などなどに向いています。いつか手に職持って、夏中スウェーデンで過ごすのが夢!



関連する旅行カテゴリ

# ニュース・コラム

関連する旅行記事