これだけ読めば安心!絶対に知っておくべきインドネシアの物価情報まとめ

インドネシアでは地方により物価が異なります。現地の物価を知らないと価格交渉の際も適切な金額を提示できません。またインドネシア通貨の種類を知らないと買い物の際に焦ってしまいますし、おつりを間違えられても気付くことができません。今回はそういったことが起こらないようにインドネシアの物価や通貨について説明したいと思います。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
旅行に行く時に気になるのが現地の物価情報ですよね。物価を知らないと価格交渉の際も適切な金額を提示できません。また通貨の種類を知らないと買い物の際に焦ってしまいますし、おつりを間違えられても気付くことができません。
今回はそういったことが起こらないようにインドネシアの物価や通貨について説明したいと思います。

■目次

1ページ目: インドネシアの物価情報 


2ページ目: インドネシアの飲料とタバコの価格、その他

 

インドネシアの物価情報

一万以上の島々からなるインドネシアは地方によって物価が異なります。しかし日本と比べるとどの地方でも物価は安いです。首都ジャカルタで働いている現地の人の最低月給を日本円になおすと2万5千円。現地ではこの金額で一ヶ月生活できることを考えると、どれほど物価が安いか伺えますね。
価格表示がなく交渉によって金額が決まるお店もまだ多いため、購入前にある程度相場を知っておく必要があります。

インドネシアの通貨

インドネシアではルピア(Rupiah)が基本通貨として使われています。表記は「IDR」です。

紙幣
500、1000、2000、5000、10000、20000、50000、100000の8種類。

硬貨
50、100、200、500、1000の5種類。

レート
1円=114.61ルピア ※2016年3月7日現在

インドネシアの食費

地元の人が利用する安価なレストランでは100~200円ほどでインドネシア料理を食べることができます。500mlのミネラルウォーターも40円ほどです。メニューに値段が表記されていなかったり、メニュー自体置いてなかったりすることもあるのでオーダーの際に必ず値段を確認すると良いでしょう。

衛生面が気になる人はレストランで食事をするのがおすすめですが、値段は一皿500~700円ほどと少し値が張ります。さらに高級レストランになると一皿800円以上になります。高級レストランではチャージ料として5~11%が代金に上乗せされるので忘れないようにしましょう。

品目
価格
現地のレストランで食事(一人あたり) 10,000ルピア(約87円)
観光客向けレストランで食事(一人あたり) 20,000ルピア(約174円)
高級レストランで食事(一人あたり) 200,000ルピア(約1750円)
屋台での食事(一人あたり) 8,000ルピア(約70円)
ケンタッキーのセットメニュー 34,000ルピア(約300円)

 

1 2
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Tomohiro Okada

Tomohiro Okada

ライターのOkkAです。26歳のときに世界一周で21カ国まわり、世界の多様性を知りました。それからはたくさんの本を読み、いろんな人の話を聞き、知ることが楽しいと思うようになりました。多くの人がその国に行きたくなるような記事を書いていければと思います。日本しか知らないのはもったいない!



関連する旅行カテゴリ

# インドネシアの物価 # 物価 # インドネシア

関連する旅行記事