ヨーロッパの小国ルクセンブルクの外さないおすすめ観光名所20選

ルクセンブルク大公国(ルクセンブルク)はフランス、ベルギー、ドイツに囲まれており、神奈川県程度の面積の国です。街並みや観光名所には中世のヨーロッパの雰囲気がそのまま残り、観光地としての人気も高まっています。中でもおすすめの観光スポットを旅行記と合わせて紹介するので旅行時の参考にしてみてください。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

Compathy Magazineライターのさとりんです。
日本人から人気のあるヨーロッパ。ヨーロッパには、イタリア、フランス、スペイン、スイス、オーストリア、イギリスなど魅力的な国がたくさんありますよね。そんな人気の国々の中にルクセンブルクという小さな国がポツリと存在していることをご存知ですか?
フランス、ドイツ、ベルギーに面しているルクセンブルクは、小さく他のヨーロッパの国に比べると、その存在感は薄いです。
しかし、ルクセンブルクには中世の街並みがそのまま残り、古城や教会などが当時のまま残されていて、他国に負けず劣らずの大きな魅力を持っている国なんです。自然に守られながらひっそりと存在する中世の姿が、とてもエレガントな魅力を持つルクセンブルク。
今回は、そんなルクセンブルクのおすすめの観光スポットをご紹介します。

 
 

ルクセンブルクとは

ルクセンブルク大公国、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。首都はルクセンブルク市。隣接国は、南のフランス、西と北のベルギー、東のドイツである。ベルギー、オランダと併せてベネルクスと呼ばれる。
出典:ルクセンブルク-Wikipediaより

正式名称:ルクセンブルク大公国
面積:2586km2(神奈川県と同じぐらい)
人口:約47万6200人
首都:ルクセンブルク
政治:立憲君主制

国面積、人口ともに小規模な国で、豊かな森と渓谷に囲まれています。首都のルクセンブルクは、堅固な城砦都市で、「北のジブラルタル」という異名を持っています。
旧市街と新市街を合わせ持ち、旧市街には欧米で一流の銀行が集まり、ロンドンに次ぐユーロ市場となっています。新市街には、国際機関が集まっていて、スカイプやアルセロール・ミッタルなどの有名企業の本拠地があります。経済、金融においてトップクラスの国です。

1. ルクセンブルク市 その古い街並みと要塞群

Photo credit: Sumita Kana「何があるのか、ルクセンブルグ。」

Photo credit: Sumita Kana「何があるのか、ルクセンブルグ。

首都のルクセンブルク市は、城壁と渓谷に囲まれた城郭都市で、「その古い町並みと要塞群」という名前で1994年に世界遺産に登録されました。
もともとローマ帝国、ゲルマン、フランク王国をつなぐ要衝だったルクセンブルク。緑と街と城がうまく調和してできたその美しい街並みは、それらのヨーロッパ各地の文化を融合させることで生まれました。
ルクセンブルクに来たなら、絶対に訪れたいおすすめの観光スポットです。

ルクセンブルク市 その古い街並みと要塞群 (City of Luxembourg its Old Quarters and Fortifications)
住所:Luxemburg City, ルクセンブルク
1 2 ... 11
Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# 美術館・博物館 # ルクセンブルクの観光 # ルクセンブルクの美術館・博物館 # 観光 # ルクセンブルク

関連する旅行記事