カンボジアの宗教はなに?知っておきたい歴史とマナー

日本にいると宗教を意識する機会は少ないですが、宗教国家と言われるカンボジアでは日常に宗教が根付いています。カンボジアに行った際はそのことを頭に入れていないと思わぬトラブルが起きてしまうかもしれません。カンボジアの宗教が辿ってきた歴史やルールを勉強して、マナーある対応を心がけましょう!

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
日本にいると宗教を意識する機会は少ないですが、宗教国家と言われるカンボジアでは日常に宗教が根付いています。カンボジアに行った際はそのことを頭に入れていないと思わぬトラブルが起きてしまうかもしれません。
カンボジアの宗教が辿ってきた歴史やルールを勉強して、マナーある対応を心がけましょう!

Photo credit: Hiroyuki Suzuki「カンボジア/アンコール•ワット」

Photo credit: Hiroyuki Suzuki「カンボジア/アンコール•ワット

カンボジアの国家宗教について

カンボジアの国家宗教は仏教です。全国民の約90%が仏教徒で、国王はカンボジア仏教の頂点とされています。そのため生活の一部にカンボジア仏教が根付き、至るところに寺院があります。仏教関連の祭事や祝日も多いです。
カンボジア仏教の歴史は複雑で通常の仏教とは少し違います。カンボジアの元となるクメール王朝時代の9世紀頃はヒンドゥー教が国家宗教だったのですが、政権の移り変わりと共に国家宗教が何度も入れ替わっていった歴史があります。
12世紀末からはヒンドゥー教と仏教が合わさったカンボジア仏教が生まれ、国家宗教となりました。カンボジアの寺院にヒンドゥー教のガルーダ神やナーガ神が置かれているのはそのためです。

カンボジアの象徴パゴダ

パゴダとは仏塔を意味する英語で、釈迦の遺骨やその代替品を安置した仏教建築です。カンボジアには3700以上のパゴダや寺院などが存在し、そこにいる僧侶はなんと6万人にも上ります!
鮮やかな色彩の外観や、「ブッダの一生」「地獄絵図」などが描かれている壁画に目を奪われてしまいますよ。
内戦時代は宗教活動が禁止され寺院などの建設ができなかったので、寺院が増えることは平和であることと同等の意味があります。

僧侶の五戎

カンボジアの僧侶はオレンジ色の袈裟を身にまとっていて、同じ仏教でも日本の僧侶とはだいぶ違いますよね。カンボジアの僧侶は日本以上に戒律に対して厳しく、日々修行を続けています。寺院に訪れる前に僧侶がどのような戒律のもと修行しているかを知っておきましょう!

不殺生戒(ふせっしょうかい):生き物を殺してはいけないこと。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい):他人の物を盗んではいけないこと。
不邪淫戒(ふじゃいんかい):強姦や不倫など不道徳な性行為を行ってはいけないこと。
不妄語戒(ふもうごかい):嘘をついてはいけないこと。
不飲酒戒(ふおんじゅかい):酒を飲んではいけないこと。

寺院によっては他にも正午過ぎてからの食事、喫煙、着飾ることが禁止とされています。

旅行者が気を付ける点

寺院を訪れる際には気を付けるべき点がいくつかあります。失礼にあたらないようにこれらの点をしっかりと押さえておきたいですね。日本から他の国に行っていることを意識して、マナーある行動を心がけましょう。

・寺院の本堂に上がるときは靴を脱ぎましょう。
・境内では帽子を脱ぎましょう。
・できるだけ肌の露出が少ない服を着ましょう。
・信仰の場である寺院内では静かにしましょう。
・女性は僧侶に触れないようにしましょう。
・人の頭には触らないようにしましょう。子供に対しても頭を触ることは最大の侮辱となります。

おわりに

日本と違ったカンボジアの宗教マナーは頭に入ったでしょうか?
日本から離れたときに他の国の風習を知らないのはトラブルの元になります。お互いが気分良く関わるためにも知識は必要ですね。上記のマナーを守って現地の人とコミュニケーションを取りましょう!

ライター: Tomohiro Okada
Photo by: Hiroyuki Suzuki「カンボジア/アンコール•ワット

*Ema Kawashima「カンボジア、シェムリアップ再訪の旅

*Hisaharu Kisu「カンボジア、シェムリアップへ

*Madoka Abbie「嗚呼、愛すべき、アジア。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Tomohiro Okada

Tomohiro Okada

ライターのOkkAです。26歳のときに世界一周で21カ国まわり、世界の多様性を知りました。それからはたくさんの本を読み、いろんな人の話を聞き、知ることが楽しいと思うようになりました。多くの人がその国に行きたくなるような記事を書いていければと思います。日本しか知らないのはもったいない!



関連する旅行カテゴリ

# カンボジアの宗教 # カンボジア

関連する旅行記事