グアムでチップはいくら払えばいい?金額の目安と渡し方

グアムは一年を通して温暖な気候で、人々も優しく、日本語表示もあり、旅行を楽しむなら打って付けの場所と言えるでしょう。楽しむためには、グアムでの習慣を学ぶ必要があります。その一つが「チップ」。チップの支払い方法など正確に答えられる方は少ないはず。今回は、グアムにおいて、チップをスムーズに渡すコツを伝授します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

チップの渡し方について

次に、それぞれのケースにおいて、チップの渡し方を解説します。

■レストラン・バー・カフェでの渡し方

最初にチップを渡さなくて良い場合から説明します。食事を食べ終え、ウエイターに知らせると、伝票を渡されます。伝票の「Service Charge」の項目に料金が書いてあれば、チップを支払う必要はありません。すでにサービス料が料金に含まれているからです。
一方、「Service Charge」の項目に料金が書かれていない場合は支払う必要があります。支払う額は合計金額の15%になります。
現金の場合は、チップ代を含めた料金をウエイターに渡してください。カードで支払う場合はカードと伝票をウエイターに渡します。すると、ウエイターは、カード、レシート、ペンを持ってきます。そして、レシート欄に「TIP」が空欄になっている箇所があるので、そこにチップで支払う金額を書きます。最後に、合計の欄にチップ代と合わせた合計金額を記載し、サインをすればOKです。
カジュアルなところですと、レジ横にチップを支払うための箱が置いてあります。その場合は、チップ代を箱の中に入れるようにしましょう。モールの中にあるファーストフード店では、チップを支払う必要はありません。なお、バーの場合、チップ代は飲み物1杯につき1ドル。伝票制の場合は、合計金額の15%がチップ代になります。

 

■ポーターに荷物を運んでもらった場合

荷物一つにつき1ドルを支払います。支払うタイミングは、ポーターが荷物に部屋を運び入れた時に支払います。

 

■ルームメイドには

ルームメイドがわかりやすいように、目につきやすい台に1ドル~2ドルを置いて、「Thank you」と書いたメモを置きます。絶対にセントを置かないようにしましょう。セントを置くことは失礼にあたります。また、忘れ物扱いになるので、ご注意ください。

 

■ルームサービスを利用した場合

合計額の15%がチップ代になります。伝票にサービス代が含まれている場合は、チップ代はいりません。

 

■タクシーのチップ

料金の10%~15%がチップ代になります。料金と一緒にチップ代をドライバーに渡してください。なお、料金が安い場合は1ドルがチップ代になります。

Photo credit: Takuma Nakamura「グアムそしてグアム」

Photo credit: Takuma Nakamura「グアムそしてグアム

 

おわりに

いかがでしたか。チップは日本の習慣にはないので、最初は戸惑うことが多いと思います。私もチップで失敗したことがありますから。まずは、伝票を見て、チップが含まれているのか、いないのかを確認しましょう。
そして、冷静に支払えばOKです。確かに、チップは「面倒」に感じるかもしれませんが、「文化の違い」と割り切る必要があります。最後に、チップを渡す際には笑顔を忘れずに。

ライター: Nitta Hiroshi
Photo by: Eika Akasaki「ダイビングライセンスをグアムで取ってみた

*Eika Akasaki「ダイビングライセンスをグアムで取ってみた

*Saki Kondo「グアムへ女子ふたり旅

*Takuma Nakamura「グアムそしてグアム

1 2
Hiroshi Nitta

Hiroshi Nitta

国鉄が民営化された年、1987年生まれ。神戸市在住。中東欧、ロシアを中心に民族問題や戦争の記憶に興味があります。趣味は鉄道(乗り鉄とダイヤ)と読書です。ロシア連邦全共和国を制覇することを夢見ています。ブログ:Tabi-PROG



関連する旅行カテゴリ

# 習慣 # グアムの物価 # グアムの習慣 # グアム # 物価

関連する旅行記事