グアムでチップはいくら払えばいい?金額の目安と渡し方

グアムは一年を通して温暖な気候で、人々も優しく、日本語表示もあり、旅行を楽しむなら打って付けの場所と言えるでしょう。楽しむためには、グアムでの習慣を学ぶ必要があります。その一つが「チップ」。チップの支払い方法など正確に答えられる方は少ないはず。今回は、グアムにおいて、チップをスムーズに渡すコツを伝授します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。
今回は、グアムにおいて、チップをスムーズに渡すコツを伝授します。日本からわずか飛行機で4時間、時差1時間の場所にグアムはあります。一年を通して気候は温暖で、人々も優しい、日本語表示もあります。思いっきり、リゾートを楽しむなら打って付けの場所と言えるでしょう。
そんな、リゾートでのバケーションをスムーズに楽しむためには、グアムでの習慣を学ぶ必要があります。その一つが「チップ」という習慣です。聞いたことがあっても、支払い方法など正確に答えられる方は少ないはず。それでは、グアムでの「チップ」について一緒に見ていきましょう。

グアムでのチップに関して

グアムでは、アメリカ本土と同じく「チップ」の習慣があります。つまり、レストランやホテルを出る際に、少額のお金を従業員に渡さなければなりません。レストランやホテルは、チップを勘案して、従業員への基本給を抑えているのです。
また、その場に応じて、支払う額の目安は決まっています。「目安」をきっちりと把握したうえで、適切にスムーズにチップを払いたいものですね。

 

グアムのレストランでチップを渡すコツ

「チップ」と聞いて、最初に思いつくのはレストランではないでしょうか。もちろん、レストランではチップを払う必要があります。また、日本とは異なり、テーブルで支払いを行うレストランもあります。チップと会計が日本とは異なりますので、十分に注意しましょう。

 

グアムのホテルでチップを渡すコツ

もちろん、ホテルでもサービスを受ければ、チップを支払う必要があります。ホテルでも、「チップが渡されない=正当な収入が得られていない」という考えがあります。ですので、心証を悪くしないためにも、適切な額を支払わなければなりません。基本的には、サービスをしてくれた人に支払います。その人がいなければ、分かりやすい場所にチップを置くのがコツです。

 

グアムのタクシーとチップ

荷物がたくさんある場合はタクシーにお世話になる方もいるでしょう。基本的に、タクシーはバスよりも高い乗り物であることを覚えておいてください。
日本のように流しのタクシーは少ないので、ホテルのフロントで呼ぶことになります。車内に入り、運転手に行き先を伝えましょう。カタコトでもOKです。その際、きちんとメーターがあることを確認しましょう。目的地に着き、正規の料金+チップを運転手に払います。

Photo credit: Saki Kondo「グアムへ女子ふたり旅」

Photo credit: Saki Kondo「グアムへ女子ふたり旅

1 2
Hiroshi Nitta

Hiroshi Nitta

国鉄が民営化された年、1987年生まれ。神戸市在住。中東欧、ロシアを中心に民族問題や戦争の記憶に興味があります。趣味は鉄道(乗り鉄とダイヤ)と読書です。ロシア連邦全共和国を制覇することを夢見ています。ブログ:Tabi-PROG



関連する旅行カテゴリ

# 習慣 # グアムの物価 # グアムの習慣 # グアム # 物価

関連する旅行記事