高額請求はこれで回避!海外で携帯電話・スマホを使う時の設定と注意点

海外旅行時、スマホなどでネット利用できたら心強いですよね。色々な情報をスマホで調べたり、LINEやSNSで伝えたりしたいですよね。でも日本で使っている設定のまま海外で通信や通話すると高額請求なんて話もあり、不安という人も多いはず。そこで、今回は海外旅行時のスマホや携帯電話の設定方法や注意事項をご紹介します。

新サービスigual(イグアル)開始!!
\ 500円からできる社会貢献で夢の旅へ♪第一弾は屋久島の超豪華リゾート!! /


使用目的別!携帯・スマホの設定方法

1. 通話もデータ通信もしない人のための設定方法(時計、カメラ機能のみを使いたい人向け)

機内モード設定→オン
こちらは通話もデータ通信も行わない人のための設定方法です。機内モードとは飛行機に乗っている時に推奨される設定で、携帯の主な操作はできますが、通話、SMS、インターネット、Wi-Fi、Bluetooth、GPSなどの利用ができなくなるモードのこと。
こうすることによって、気が付いたら課金されていたなんて心配もありません。データローミングもオフすれば完璧です。
 

2. Wi-Fiがある環境下でのみインターネット、LINEを利用したい人のための設定方法


機内モード設定→オン、wifi設定→オン
Wi-Fiだけを利用したいの人のための設定です。Wi-Fiが利用できる環境のみインターネットを利用できますが、通話などのサービスは利用することができません。
<注意>
iPhoneでは設定可能ですが、一部のAndroid端末ではこの設定ができないことがあるため、自分の端末が設定できるか出発前に確認しておくとよいでしょう。
 

3. 電話のみ使用したい人のための設定方法


機内モード設定→オフ、モバイルデータ→オフ、データローミング設定→オフ
メールやインターネットなどのデータ通信はしないけれど、電話は使いたいという方はこの設定をしましょう。

<注意>
・海外パケット定額サービスに登録していても、海外から日本への電話は対象から外れます。携帯電話会社ごとに決められた通話料があるので、そちらに従いましょう。
・日本から着信があった場合、着信した側にも通話料がかかることを忘れずに!
 

4. メールやインターネットが使いたい人の設定方法


機内モード設定→オフ、データローミング設定→オン、キャリア設定→手動で設定

・データローミング設定
データローミング設定では、ネットワークのモードをきちんと確認しましょう。携帯によってはこの設定を行う時に「3G回線」「4G/LTE回線」「GSM回線」などが出てくる場合がありますが、「3G」は日本国内で使用される携帯電話回線で、「4G/LTE」は「3G」の速度が速くなったもの。「GSM」はヨーロッパやアジアを中心に100カ国以上で利用されている世界で一般的な通信回線です。近年は、「3G」や「4G/LTE」を導入している国も増えてきています。海外に渡航する前に目的地ではどの回線が一番普及しているのか知っておくと、現地でのローミング設定もすぐにできるのでおすすめです。

・キャリア設定
キャリア設定を手動で行うように設定し、提携している通信事業会社を正しく選択しましょう。

【海外パケット定額サービスを使用しない場合】
データローミング設定はオフにして、メールやインターネットを使用したい時にだけ設定画面から「オン」に切り替えます。そうすることによって、余分な通信量を省くことができます。
インターネットなどの使用時に、上記の設定をきちんと行わないと、自動で海外の通信事業者の回線に繋がり、場合によっては高額請求される場合があるので注意しましょう。

■豆知識■
データローミング(国際ローミング)・・・契約している事業者とは別の会社の回線を利用して通信すること。

12 3 45
新サービスigual(イグアル)開始!!
\ 500円からできる社会貢献で夢の旅へ♪第一弾は屋久島の超豪華リゾート!! /


Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# 海外旅行のおすすめ・準備・ランキング # 格安旅行 # 海外旅行・国内旅行の持ち物・準備 # トラベルハック # 旅の知恵・ノウハウ # wifi・インターネット # 携帯電話・スマホ # 持ち物・準備

関連する旅行記事