プラスチックのお金!?シンガポールの紙幣に込められた想い

シンガポールを訪れる人が必ず手にする「シンガポールドル」。実物を見たとき、日本のお札を雰囲気が違うことに気がつく方も多いと思います。2ドル、5ドル、そして10ドル紙幣に2004年5月からポリマー(プラスチック)製紙幣が使用されているためです。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは、Compathy MagazineライターのSeinaです。
私は現在家族とシンガポールで暮らしています。さて、シンガポールを訪れる人が必ず手にする「シンガポールドル」。実物を見たとき、日本のお札を雰囲気が違うことに気がつく方も多いと思います。

筆者撮影

筆者撮影

独特な手触りの秘密

シンガポールドルを手にして最初に気がつくのは、その独特な「手触り」です。しかも、金額によって手触りが違います。その理由は2ドル、5ドル、そして10ドル紙幣に2004年5月からポリマー(プラスチック)製紙幣が使用されているためです。

なぜポリマー(プラスチック)製紙幣が導入されたのか。それはシンガポールの気候が深く関係しています。2ドル、5ドル、そして10ドルなど、店舗や交通機関などで頻繁に使われる「小額紙幣」は天候の影響を強く受けます。観光が重要な産業であるシンガポールにおいて、紙幣の破損というトラブルを極力なくすためにポリマー(プラスチック)製紙幣技術が導入されたのです。ちなみに高額紙幣(50ドル、100ドル)には、この技術はまだ導入されていません。

お札の色の意味

シンガポールのお札は本当にカラフルです。このお札にも、実はそれぞれ意味があります。たとえば2ドル札。2ドル札はシンガポールでとてもよく使われる紙幣です。旧正月の際に日本でいうお年玉にあたる「紅包(ホンパオ・アンパオ)」にもよく使います。となると「2ドル札は縁起のいい赤?」と思いきや、そうではなく紫です。

1984年に発行された当時の2ドル札は赤でした。しかし10ドル札も赤だったのです! 同じ色のために間違いが頻繁に起こったので、2ドル札は紫に変更になりました。

そして5ドル札は緑です。この理由は5ドル札をお年玉のようにプレゼントするマレー系のお守りの「ハリラヤ」という習慣が関係しています。イスラム教では「緑」が好まれるので、それに倣って5ドル札も緑にしたという説も。このように、お札のデザインや色にも多民族国家としての配慮がうかがえます。

筆者撮影

筆者撮影

1 2
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Seina Morisako

Seina Morisako

アジアの現代アートと伝統芸能をこよなく愛すシンガポール在住のブロガー。海外子育て中故「子連れ旅」、「教育 in 外国」等少し変わった視点込で色々追いかけています。ブログ:別客气



関連する旅行カテゴリ

# シンガポールの通貨・両替 # 通貨・両替 # シンガポール

関連する旅行記事