給ワインでフルマラソン!?メドックマラソン5つの魅力

ワインを飲み、仮装して走るフルマラソン「メドックマラソン」をご存知ですか? 毎年9月に各国から約1万人の参加者が集うこの大会は、世界的なワインの銘醸地であるフランス・ボルドーのメドック地区にて開催されます。

ワインを飲み、仮装して走るフルマラソン「メドックマラソン」をご存知ですか? 毎年9月に各国から約1万人の参加者が集うこの大会は、世界的なワインの銘醸地であるフランス・ボルドーのメドック地区にて開催されます。今回は実際にメドックマラソンに参加してきた、オーダーメイドの旅を作る旅行会社・旅工房のトラベル・コンシェルジュがメドックマラソン5つの魅力をご紹介します!

1. おいしいボルドーワインで“給ワイン”

3
メドックマラソンの楽しみは何といってもおいしいワイン。マラソンコースには2~3kmごとに、ワインを作っているシャトー(ワイナリー)があります。マラソン参加者は好きなところで立ち止まり、ワインの試飲を自由に楽しめます。一番印象的だったのは、やはり1つ目のシャトー。到着するとほとんどの参加者が走るのをやめ、ワインを片手に歌ったり踊ったり大盛り上がりでした。ちなみに“給ワイン”だけでなく“給水”もきちんと用意されているのでご安心を!
   

2. 走る前から楽しい仮装!

6
メドックマラソンでは毎年異なる仮装のテーマが発表されます。2013年はサイエンスフィクション(SF)、2014年はカーニバル、2015年はドレスアップでした。スタート前、マラソン会場に到着すると各国の伝統衣装や着ぐるみ、タキシード、ピエロ、女装などさまざまな仮装をした人たちに声をかけられ、いつの間にか撮影大会に。走る前から楽しさ満載です! また、仮装集団がぶどう畑の中を走る景色もメドックマラソンの醍醐味。なかには派手に装飾した山車を押しながら走るグループもいて、見ているだけで楽しいのです。

3. 声援やバンド演奏でお祭り騒ぎ

10
マラソンのスタートでは、陽気なバンド演奏の中でカラフルな紙ふぶきが舞い、人々の歓声や拍手でとても賑やか! 沿道ではたくさんの地元の人が「アレー! アレー! (頑張れ!)」と声援を送り、ハイタッチで元気づけてくれます。なかには「こんにちは~」や「がんばれ!」と日本語でエールを送ってくれる人も。走る人だけでなく、応援する人まで仮装しているのがまた面白いところ。コースやシャトーのいたるところではオーケストラやバンドが音楽で盛り上げ、最初から最後までお祭り騒ぎです。
   

4. 最後にはお楽しみの生ガキやステーキも!

1
各シャトーにはフルーツやビスケットなどの軽食がある他、終盤ではメドックマラソンならではのちょっとした食事も出てきます。生ガキやサイコロステーキ、チーズなどワインに合う食べ物が次々に振る舞われ、最後にはチョコレートのアイスバーやシャンパンも! 本当にユニークなマラソン大会です。食べ物はどれもおいしく、参加した筆者も最後まで楽しく走ることができました。ちなみに制限時間ギリギリだと食事が少なくなってしまうので、必ず食べたい方は早めのペースで走ることをおすすめします!

1 2 »
TABIKOBO

TABIKOBO

海外・国内旅行を取り扱う旅行会社。 各地域専門のトラベル・コンシェルジュがお客様のご要望にそう旅行をアレンジし、オーダーメイドの旅をご提案します。



関連する旅行カテゴリ

# ヨーロッパ # フランスのイベント # イベント # 世界の旅行記・海外旅行ブログ # フランスの旅行記・ブログ # フランス

関連する旅行記事