オーストラリアでワーキングホリデー!ワーホリビザの申請方法

オーストラリアは、安全で安心できる国であることから海外旅行だけでなく、留学やワーキングホリデー先としても人気です。また、オーストラリアには移民が多く、多彩な文化が混在していることも魅力。オーストラリアへワーキングホリデーを考えているあなたへ、ビザの申請方法や申請に必要なものを含めワーキングホリデーについてご紹介します。

Compathy Magazineライターのさとりんです。
海外旅行地としても人気のオーストラリアは、安全で安心できる国であることから、留学やワーキングホリデー先としても人気です。豊かな自然の中で、生きた英語を学べて自由に過ごせるなんて憧れちゃいますよね! 
また、オーストラリアには移民が多く、多彩な文化が混在していることから、いろんな世界を見ることができるのも魅力。
今回は、そんなオーストラリアへワーキングホリデーを考えているあなたへ、ワーホリビザについて詳しく、そして端的にご紹介します。また、ビザの申請方法や申請に必要なものについてもお教えします。

ワーキングホリデーについて

「ワーホリ」の愛称で親しまれているワーキングホリデー。ワーキングホリデーは、18~30歳(イギリスは18~25歳)の若者を対象とし、海外(*)で最長1年間の休暇を過ごすことができるビザのこと。
このワーキングホリデー制度は1980年より始まり、語学を学ぶだけでなく、ボランティアや働くことも許されるなど、その国で自由に過ごすことができます。そのため、貴重な体験ができるとしてとても人気を集めています。
ワーキングホリデーを取得する人たちには、自分自身の英語力や人間性のレベルアップ、世界を見つめる視野の広さなど学ぶことを目的とする人のほか、ワーキングホリデーを通して現地で就職し、現地で生活する人たちも増えてきています。

※日本では現在オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、フランス、ドイツ、イギリス、デンマーク、アイルランド、韓国、台湾、香港と計11カ国との間で、ワーキングホリデー制度を行っています。

みんなを惹きつけるワーキングホリデー制度の魅力とは

働ける

観光ビザやETASでオーストラリアに渡航した場合、最長3カ月しか滞在することができず、働くことも認められていません。しかし、ワーキングホリデービザを取得すれば、滞在費用を得るために働くことができます。

語学学校に通える

ワーキングホリデービザは、最長4カ月間語学学校に通うことができます。さまざまなコースがあるので、自分の英語力や目的にあったコースを受講しましょう。語学学校で英語の基礎を学び、現地の人たちと生活をすることで、生きた英語を学ぶことができ、飛躍的に英語力を伸ばすことができます。
また、英語力によって働ける仕事の種類が変わってきます。なので、是非語学学校で英語の基礎を学ぶことをおすすめします。

学んで、働いて、生活することができるのがワーキングホリデービザの大きな魅力です。

オーストラリアでのワーキングホリデーをおすすめする理由

オーストラリアは、多くの移民が暮らす国で、それぞれの多種多様な文化が合わさってオーストラリア独自の文化が生まれました。そのため、島国で暮らし、単一民族の日本人にとって、多くの異文化に触れることは、とても貴重な体験となります。
また、ワーキングホリデーでは、その国で暮らすことになりますが、オーストラリアの治安は世界的に見ても良いとされています。他にも衛生面や医療面においても、オーストラリアは世界最高水準を誇ります。さらに、日本語が通じる病院もたくさんあるので、安心して暮らせる国として、オーストラリアでワーホリする人が多いようです。
オーストラリアは、安心かつ安全に、ワーキングホリデー生活を送れる場所です。

オーストラリア英語について

オーストラリアの英語は、アメリカ英語でもイギリス英語でもないオーストリラア独自のオーストラリア英語というものがあります。主にイギリス英語に似ているオーストラリア英語ですが、それはかつてオーストラリアがイギリスの植民地であったことが理由です。
さらに、多民族国家であることから、より簡単にまた正確に相手に伝えるために、オーストラリア英語は最もわかりやすい英語を使用するようになりました。

学びやすい環境

このように、オーストラリアでは多くの移民を受け入れてきました。もともと英語を母国語として使用しない人たちもたくさんいます。そのため、語学の苦労にも理解があり、つたない会話力であっても一生懸命に聞こうとしてくれます。
このように、オーストラリアの人たちにとって、他の国の人たちと暮らしたり、生活したりすることは一切の抵抗感がなく、ごく自然なことなのです。
そして、オーストラリア政府は外国語教育として、日本語、韓国語、中国語、インドネシア語などにも力を入れていて、特に日本語が話せる人が多くいます。また、日本に興味を持ってくれている親日派の人がとても多いので、英語が学びやすい環境になっています。

オーストラリア英語のなまり

オーストラリアの英語は独特で、なまったような独自の言い回しなどをします。
日本でも方言があったり、年代によって言い回しが違ったりするのと同じように、アメリカやイギリスでも、その土地土地によって言い回しが違ったりするもの。オーストラリアだけが特別なまっているわけではありません。
これからさらにグローバル化が進むこの時代に、アメリカ人にだけ、イギリス人だけ、オーストラリア人だけに通じる英語を学んでも仕方ありません。多民族国家であるオーストラリアでは、いろんな英語に触れることができるので、オーストラリアで英語を学ぶのが今後に使える英語の習得に繋がると思います。

オーストラリアのワーキングホリデービザについて

インターネットで簡単にワーホリビザ申請

日本人であれば、インターネットで簡単にビザを申請することができます。
だいたい、ワーキングホリデービザの手続きは48時間以内に完了し、早い場合は、2〜3時間でワーキングホリデービザを取得できたなんていう人も! 思いたった時に即実行に移すことができるので、どうしようどうしようと迷ってしまう方でも、これなら気持ちがぶれないうちにオーストラリアに行くことができるかも。

※健康診断が必要な場合や、追加の手続きがある場合は、ワーキングホリデービザの申請に最長約4週間かかります。

※すべての方が1日の内にワーキングホリデービザを取得することができるわけではありません。あくまでそういうケースもあるということなので、余裕を持ってオーストラリアのワーキングホリデービザの申請を行ってください。

最大24カ月滞在することも可能

ワーキングホリデービザは通常、最大12カ月の滞在になりますが、セカンドワーキングホリデーを取得すれば、最大24カ月間、滞在することが可能になります。

1 2
Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# オーストラリアの言語・会話 # オーストラリア # ボランティア・ワーキングホリデー # オーストラリアのビザ・パスポート # オーストラリアのボランティア・ワーキングホリデー # ビザ・パスポート # オーストラリアの持ち物・準備 # 言語・会話

関連する旅行記事