イギリス英語と比較して理解しよう!オーストラリア英語の特徴

オーストラリア英語は、アメリカよりも、どちらかというとイギリス寄りの英語。今回は、そんなオーストラリア英語とイギリス英語の違いや共通点、また、特徴や発音、口癖なども一緒にご紹介します。さらにオーストラリア英語に触れることができる映画の紹介もしているので、オーストラリア英語に興味がある方は是非、映画も見てみて下さい。

Compathy Magazineライターのさとりんです。
オーストラリアに旅行に行ったときなどに、オーストラリアの人たちの英語って独特だなと思ったことはありませんか? アメリカ英語とイギリス英語があるように、オーストラリアにもオーストラリア英語というものがあります。
オーストラリア英語は、アメリカ英語よりも、どちらかというとイギリス英語寄りの英語。このオーストラリア英語には、独特な発音がフレンドリーで親しみやすい響きがあるから好きだと言う人が多くいるようです。
今回は、そんなオーストラリア英語とイギリス英語の違いや共通点、また、オーストラリアの特徴や発音、彼らの口癖なども一緒にご紹介します。さらにオーストラリア英語に触れることができる映画の紹介もしているので、オーストラリア英語に興味がある方は是非、映画も見てみて下さい。
ではレッスンスタート!

Photo credit: Andrea「Australia」

Photo credit: Andrea「Australia

オーストラリア英語とイギリス英語

オーストラリアは、昔イギリスの植民地であったこともあり、オーストラリア英語とイギリス英語はとても似ていて、共通点が多くあるようです。特に日常的に使用されているボキャブラリーが似ています。

発音の共通点と異なる点

共通の発音

■「non-rhotic」であること
「non-rhotic」とは、場合によって子音の「r」を発音しない種類のアクセントのこと。なので、アメリカ英語の様に舌はまるめず、英語をカタカナ読みにしたような発音になります。

・「母音+ r +子音」の場合
(例)pork →ポーク/park →パーク/guard →ガード など

・単語が「r」で終る場合
(例)hair →ヘアー/car →カー/finger →フィンガー など

■「a」の発音は「アー」

(例)can’t(キャント)→カーント/pass(パス)→パース/bath(バス)→バース など
※()内はアメリカ英語の発音

異なる発音

■「A」の発音は「アイ」と発音する

(例)name(ネイム)→ナイム/today(トゥデイ)→トゥダイ
※()内はアメリカ、イギリス英語の発音

つづりや単語の共通点

オーストラリア英語とイギリス英語はつづりや単語にも共通点があり、アメリカ英語とは少し異なる所があります。

共通のつづり

単語 アメリカ英語 オーストラリア英語・イギリス英語
劇場 Theater Theatre
センター Center Centre
旅行 Traveling Travelling
質問 Inquiry Enquiry
組織 Organization Organisation
宝石 Jewelry Jewellery
労働 Labor Labour
ライセンス Licence License

共通の単語

単語 アメリカ英語 オーストラリア英語・イギリス英語
1階 First Floor Ground Floor
2階 Second Floor First Floor
映画 Movie Cinema
エレベーター Elevator Lift
片道切符 TicketOne-way Ticket Single
往復切符 Round-trip Ticket Return Ticket
スーパーマーケット Supermarket Superstore
薬局 Drug Store Pharmacy
フライドポテト Fries Chips
1 23 »
Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# 語学学習・留学 # イギリスの言語・会話 # オーストラリアの言語・会話 # オーストラリア # 言語・会話 # イギリス

その他のオススメ記事

関連する旅行記事