「シリアより素晴らしい国はない」今と昔と未来を考える(前編)

僕は青年海外協力隊として2年間、シリアの北部の町マンベジという町に住み、村人と共に生活していました。そしてシリアという国が大好きになったのです。これは僕が珍しいのではなく、シリアを訪れたことのある人は、大好きになることがほとんどなのです。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

アッサラームアライクム(アラビア語の挨拶。「あなたの上に平穏を」の意味)! Compathy Magazineライターのへむりです。

「難民」と聞いて、皆さんはどんなイメージを持ちますか? 今ニュースでよく目にする「シリア難民」のイメージは、どのようなものでしょうか?

最近では「難民キャンプで生活している」「密航してヨーロッパに向かう」という内容のニュースや、「わざわざ受け入れてくれている国に文句を言う」「迷惑をかけている」という内容の記事を見かけました。

僕は青年海外協力隊として2年間、シリアの北部の町マンベジという町に住み、村人と共に生活していました。そしてシリアという国が大好きになったのです。これは僕が珍しいのではなく、シリアを訪れたことのある人は、大好きになることがほとんどなのです。

少し前、シリア難民の今を知るために、シリア難民が多く住むヨルダンを訪れました。

2010年頃のシリアは「平和」「豊か」「家族」

今のシリア難民の苦労を知るためには、騒乱前のシリアを理解していただくことがすごく大切だと思います。「いつも紛争ばかりしている国」や「貧困生活をしていた国民」が難民になったわけではないからです。

今でこそ「危険」のイメージが付きまとうシリアですが、僕が住んでいた2008年~2010年は(2005年に旅人として訪れたときも)、夜に出歩いても全く問題がありませんでした。シリアのどこかで殺人事件が起ころうものなら、それが大ニュースになるほどです。「シリアで犯罪が起こるなんて!?」と、日本人同士で驚いてしまうほどの平和っぷりでした。

1999年のデータですが、シリアの犯罪率は0.04%、殺人件数は0.95件/10万人です。日本(2002年)は、それぞれ2.3%、1.10件です(ICPO調査)。もちろん、このデータが完全に信頼できるものかどうかはわかりませんが、実際に暮らしていて、体感的にも「日本より安全」と感じました。

参照:犯罪率統計-ICPO調査

食も豊かで、数十円あれば野菜が1kg買えます。どこにいても、会ったばかりの人たちがお茶やご飯をごちそうしてくれて、飢える心配をすることはありません。

「これなに?」とお店で尋ねると、「食べてみな」と差し出してくれます。あるとき雑貨屋に行ってから財布を忘れてしまったことに気がついたのですが、あとで持ってくると僕が言うと、「お金はいいから」と、僕と友人分のジュースを快く渡してくれました。

1 2
へむり。

へむり。

現地人に間違われるのが得意の大阪人。皆が行くところより、皆が行かないところが好き。アフリカと中東を周って、現地在住者に聞く「ガイドブックの外側」をテーマに記事を書いていきます。ブログ: Idea Journey



関連する旅行カテゴリ

# ニュース・コラム # 治安 # シリアの治安 # シリアの物価 # 物価 # シリア

関連する旅行記事