もっと楽しくなる!?英語を話して世界を楽しむ

グローバル化が進み、他言語や海外がより近くなってきている昨今。英語塾や幼稚園からの英語教育など、英語を学べる場も広く多くなってきています。では具体的に英語が話せると、どんないいことがあるのでしょうか? 今回は筆者自身が感じる利点を紹介していきます!

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライターのゆうすけです。
グローバル化が進み、他言語や海外がより近くなってきている昨今。英語塾や幼稚園からの英語教育など、英語を学べる場も広く多くなってきています。では具体的に英語が話せると、どんないいことがあるのでしょうか? 今回は筆者自身が感じる利点を紹介していきます!

よりエンターテイメントを楽しめる

canon_ixy_cebu後_730

Photo credit: KANA 「ニューヨークのミュージカル【格安でチケットを手にいれる方法】当日券」 (タイムズスクエアにある劇場)

英語をマスターすることで、英語のエンターテイメントをより楽しむことができます。例えば洋楽。英語がわかればリズムを楽しむだけではなく、意味まで理解できるので「こんなことを言っていたんだ!」という驚きや、日本語の曲と同様に、歌詞への共感もできるようになります。

さらに洋画も、もっと面白くなります。字幕や吹き替えでも見ることはできますが、どうしても翻訳によるニュアンスの違いは避けられません。笑いのツボやギャグのセンスが少し違うこともあります。英語で見ることによってそういった本来の面白さが理解でき、より楽しむことができるでしょう。

より多くの人とつながる

1511530_937546306266579_2780402398121844699_n

Photo credit: Hiroki Kudo 「ニュージーランドで久しぶりのホームステイ」(ニュージーランド、マオリ族の人々)

テクノロジーが発展し、最近ではFacebookやInstagramといったSNSやブログを利用して、自分の意思や考えを表現する人も多くなってきています。現在世界の最も幅広いエリアで話されている英語を理解できれば、情報発信の幅も広がるでしょう。英語で発信を続けることで、全く知らない、行ったこともない土地で暮らしている人々とつながれるかもしれません。

また、情報収集という意味でも幅が広がります。例えば今までは日本語に翻訳された記事しか読めなかったのが、英語をマスターすれば翻訳されていない記事の情報もキャッチアップできます。日本語ではたどり着けなかった情報を得られるようになるのは大きな利点だと言えるでしょう。

海外旅行でも英語を使うことができれば、自ら自由にコミュニケーションをとれる幅も広がります。ガイドに頼らずとも、自分で自由に楽しむことができるので、より多くの人とつながることができます!

広がる選択肢

DSC05607

Photo credit: Hiyori Nishimura「アメリカで最も美しいキャンパスを誇るロングアイランド大学Postキャンパスを見学!」(ロングアイランド大学Postキャンパスでの一景)

進学、就職、転職などといった大きな決断をする際に、英語を味方につけておけば選択肢が大きく広がります。進学においては、海外の高校、大学を選ぶという道もあります。同様に就職や転職においても、海外へ飛び込むという選択肢を持つことができます。

働き方も多様化している現代社会では、自分の持っているスキルと英語を合わせることで、より自由な選択ができるようになるでしょう。

より鮮やかに、豊かに

DSC_8730

Photo credit: Asami Yamada「特別な旅にしよう!ウユニ塩湖でドレスアップしてみた」(ウユニ塩湖での一枚)

今回紹介したように、英語を操れるようになるだけでも、これだけ人生の楽しみ方の幅が広がります。ステップアップのために、旅行のために、情報発信、収集のために、目的はそれぞれでも、英語を習得して、もっと賑やかで楽しい人生にしていきましょう!

ライター:ゆうすけ
Photo by: Asami Yamada「特別な旅にしよう!ウユニ塩湖でドレスアップしてみた

Compathyで関連旅行記を見ましょう

Yusuke Oki

Yusuke Oki

様々な背景を持った人と一緒に、勉強したい、アメリカに行きたいなどといった理由からアメリカの大学に進学。現在は帰国していて、将来のことを考えながら活動中。いつでも楽しむ!



関連する旅行カテゴリ

# 語学学習・留学 # 言語・会話

関連する旅行記事