英語力の調査結果、振るわず…!改めて日本の英語教育を考える

今回、なぜ「読む」力と「聞く」力が特に低い結果となったのでしょうか。もしかすると英語を「言語」として学ぶ機会(触れる機会)が極めて少ないからかもしれません。はたして、日本の英語力を向上させるためには、何に取り組むべきなのでしょうか?

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

2016年2月2日、文部科学省から国公立の中学3年生、高校3年生を対象に英語の「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を測った英語力調査の結果(速報値)が発表されました。

文部科学省は、中学卒業時の目標として「実用英語技能検定3級程度以上の生徒の割合を50%」と掲げていましたが、中学3年生時点で3級程度以上の英語力を持つ割合は次の通りとなりました。

中学3年生の英語力(3級程度以上の英語力を持っている割合)
「読む」 ・・・ 26.1%
「聞く」 ・・・ 20.2%
「書く」 ・・・ 43.2%
「話す」 ・・・ 32.6%

ご覧の通り50%を超える能力は一つもなく、「読む」「聞く」においては、わずか20%台と非常に低い結果に。はたして、日本の英語力を向上させるためには、何に取り組むべきなのでしょうか?

ネイティブスピーカーと「会話」する機会の増加

今回、なぜ「読む」力と「聞く」力が特に低い結果となったのでしょうか。もしかすると英語を「言語」として学ぶ機会(触れる機会)が極めて少ないからかもしれません。

当たり前ですが、英語は日本語同様、言語の一つです。会話や文章のように言葉にすることで、はじめて役に立つコミュニケーションツールになります。

そう考えると、英語を教えてくれる学校授業はどうでしょうか。もしかすると、多くの英語の授業は、教科書の例文を使い、新しい文法、新しい単語を覚えることが中心で、実際に英語を言葉として扱うための学習になっていないかもしれません。

また「聞く」力が弱いのは、明らかにネイティブスピーカーと接する機会が少ないからだと言えます。ネイティブスピーカーの発音、話す速度、そして、ときに使うスラングに対応する力は、ネイティブスピーカーと会話を重ねない限り、身につけることはできません。そのため、聞く力が最も低い結果となったのだと推察できます。

By Alborzagros (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Alborzagros (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

1 2


関連する旅行カテゴリ

# 語学学習・留学 # 日本の言語・会話 # 言語・会話 # 日本

関連する旅行記事