バンクーバー国際空港を解剖!ターミナル情報と市内アクセス

カナダへの玄関口、バンクーバー国際空港。魅力的なショッピングを楽しめるエリアや、おいしいグルメを堪能することができる、世界の空港の中でも非常に人気がある空港です。日本からバンクーバーへの直行便もあり、カナダ各地を周るときにはとっても便利。今回はそんなカナダ・バンクーバー国際空港をたっぷり楽しめちゃう情報をお届けします!

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは! Compathy Magazineライターのkomiです。
カナダへの玄関口、バンクーバー国際空港。魅力的なショッピングエリアを楽しめるエリアやおいしいグルメを堪能することができる、世界の空港の中でもとても人気がある空港ですよね。日本からの直行便も運航していて、カナダ各地を周るときにはとっても便利です。
今回は、カナダ・バンクーバー国際空港をたっぷり楽しめちゃう情報をお届けします!

世界最高水準を誇る!大人気のバンクーバー国際空港

カナダ西部に位置し、その玄関となるのがバンクーバー国際空港です。
世界中のさまざまな空港などを調べ、居心地の良さや接客サービスなどを総合的にランキングにして発表する調査会社スカイトラックスによれば2010年からの4年間連続で、北米内の空港第1位を守り続けています。
さらに、世界各国の空港の中では堂々の第8位を獲得したこともあるほど、世界最高水準の空港であると認められています。

国際線ターミナル 到着階(1階)について

国際線のターミナルはそれほど大きくはないので、航空機を降りてから約5分ほどの場所に入国審査官が待っています。ほかの航空機が到着する時間と被ってしまうと、入国審査を受けるだけで1時間以上かかってしまうこともあります。
入国審査をパスした後は税関があります。カナダの税関手続きは入国書類と兼ねられた税関申告書を記入するだけで良く、係員に記入済み書類を手渡して終わりです。
書類不備や問題があった場合のみ声をかけられることがありますが、日本人の観光客が呼び止められることはほとんどありません。
税関を抜けると国際線ロビーになっており、外に出ることができます。国内線に乗り換える場合はエスカレーターで2階の国内線ターミナルへ進み手続きをしましょう。

国際線ターミナル 出発階(2階)について

同じ国際線であっても、アメリカへ出発する場合のみ手続きが異なりますので、アメリカ以外の日本やその他の国へ出発する場合と分けてご説明します。

日本、アメリカ以外の国へ出発する場合

カナダには日本のような出国手続きがなく、各航空会社のカウンターで搭乗手続きを済ませた後はセキュリティチェックをパスして、出発ゲートへ移動するだけです。
国際線のチェックインカウンターは出発の約3時間前にオープンするので、その時間に合わせて行くとスムーズに進めます。

アメリカへ出発する場合

アメリカへ出発する場合のみ手順が違う理由は、カナダを出発する前にアメリカへの入国手続きを済ませるためです。
搭乗手続きを済ませた後、すぐに手荷物や税関の審査を受けるよう指示されます。こちらでセキュリティチェックを受けるのですが、アメリカへ出発する場合にはとても厳しくチェックされます。時間をかけて行われるため、行列ができてしまうことも多々あります。
このセキュリティチェックが終わると搭乗ゲートへ進むことができ、同時にアメリカへの入国が許可されたことになります。
アメリカ現地に到着した際には国内線と同じ扱いで入国することができるので、時間のロスがありません。
アメリカ行きフライトのチェックインカウンターがオープンするのは、通常、出発約2時間前です。

国内線と国際線の乗り継ぎについて

国際線

1. 航空機を降りた後、アメリカへの乗り継ぎをする場合は「Transfer to USA」、アメリカ以外の国への乗り継ぎをする場合は「Transfer to International」という表示を探して移動する。
2. 入国審査を受ける。パスポート、航空券、出入国カード、税関申告書を提示する。
3. 手荷物を受け取る。
4. 乗り継ぐフライトのチェックインカウンターにて、搭乗手続きを行う。このとき、パスポート、航空券を提示する。
5. 税関にて、審査を受ける。
6. 乗り継ぎ手荷物預かり所に手荷物を預け、セキュリティチェックを受ける。
7. 乗り継ぎ便の搭乗ゲートへ向かう。

国内線

1. 入国審査を受ける。
2. 手荷物ターンテーブルで、手荷物を受け取る。
3. 乗り継ぐフライトのチェックインカウンターにて、搭乗手続きを行う。国内線航空会社「エアカナダ(AC)」を利用する場合は4階、「ウェストジェット(WJ)」を利用する場合は3階のカウンターへ。

バンクーバー国際空港から市内への行き方

電車でのアクセス

スカイトレイン(CANADA LINE)
ダウンタウンとバンクーバー国際空港を結ぶ交通機関です。チケットは各駅の券売機で購入できます。各ターミナルの案内板には、「CANADA LINE」の表示があるので指示に従って進むと、空港の目の前にあるスカイライン駅に到着します。
5:00~00:56分まで、6~20分間隔で運行しており、終点駅のウォーターフロント(Waterfront)駅までは約25分です。

CANADA LINEのホームページはこちら

タクシーでのアクセス

各ターミナルの到着階出入り口を出てすぐの場所にあります。料金は行き先によって異なります。

各目的地までの料金と所要時間めやす
セントラル・バンクーバー:CA$26(所要時間約30分)
ダウンタウン:CA$31(所要時間約30分)
カナダ・プレース:CA$35(所要時間約40分)
スタンレー・パーク:CA$37(所要時間約40分)

レンタカーでのアクセス

空港内にレンタカーの各社サービスカウンターがあります。「Rent A Car」の表示を探してください。

各レンタカー会社
National/Alamo、Hertz、Budget、Avis、Dollar/Thriffy

空港内で楽しめる食事とおすすめの飲食店

国際線、国内線それぞれにフードコートがあり、軽食を食べることができます。またファミリーレストランなどの気軽に入れる飲食店も多く並んでいます。落ち着いた食事を楽しみたいなら、空港と直結しているホテル「フェアモント・バンクーバー・エアポート」内にあるレストラン「GLOBE@YVR」や「ジェットサイドバー」がおすすめです。

1. PACIFIC

チョコレートやスイーツがたくさんあるお店です。旅行して少し疲れたな・・・と思ったらぜひ、こちらがおすすめです。M&M’Sのマネキンが店先にいたりと、インテリアもとっても可愛いです。たっぷりスイーツを食べれば、元気も復活しますよ!

2. Booster Juice

Photo credit: Carolyn Coles via flickr cc

Photo credit: Carolyn Coles via flickr cc

こちらはジュースの専門店です。いろいろな種類のジュースがあるので、自分好みの味を選べます。のどが渇いたなと思ったら、こちらで購入してゆっくりジュースタイム取るのもいいですね。カナダにしかない珍しいジュースに出会えるかもしれません。

3. 都 toshi

日本食が恋しいという方におすすめなのが、こちらのお店です。照り焼きチキンなどの日本食を食べることができ、値段もお手頃なので安心です。内装もちょっぴり日本風なので、インテリアを眺めながら食事をするのも面白いですね。

4. wok n’ Roll

こちらもアジア料理が恋しくなった方におすすめのレストラン。点心など日本人に馴染みのある中華料理が楽しめます。海外で食べ慣れた味を口にすると緊張が解けてほっとしますよね!

5. STARBUCKS COFFEE

Photo credit: N i c o l a via flickr cc

Photo credit: N i c o l a via flickr cc

スターバックスコーヒーは、バンクーバーにももちろんあります。日本とカナダのスタバの違いを見つけるのも楽しいです。コーヒーでほっと一息つきながらこれから始まる旅のスケジュールをチェックしたり、楽しかった旅行に思いをはせるのも良いですね。

空港内のお土産とおすすめショップ

お土産屋のほとんどは国内線ターミナルにあるので、買い物をしたい場合はそちらへ行きましょう。もちろんカナダの代表的なお土産であるメープルシロップやクッキーを買うこともできますが、少し値段が高くなってしまうので購入する場合は免税店をおすすめします。
国際線にはセキュリティチェックを超えると、たくさんの免税店があります。カナダの特産品、アイスワインを売っているお店もあるので購入することができます。

1. Virgin

本やCDが所狭しと並ぶお店です。日本では手に入りにくい洋書なども多いので、本好きの方へのお土産を購入しても喜ばれるかもしれません。店内で本やCDのジャケットを見て歩くだけでも楽しめそうです。

2. TRAVEL+LEISURE

旅行用品の専門店で、バックパックやさまざまな大きさのスーツケース、移動用のペットのキャリーケースまで旅の必需品が揃います。折りたたみ傘なども売っているので、何か忘れ物をしてしまったときにはこちらのお店をのぞいてみてくださいね。

3. Vancouver Airport Florist

バンクーバー国際空港内にある花屋さんです。色鮮やかな花が並んでいたり、マグカップやお人形などのお土産もたくさん置いているので、大切な人へのプレゼントにお花を添えてみるとさらに思いが伝わるかもしれませんね。

4. Vancouver aquarium Gift Shop

Photo credit: Scazon via flickr cc

Photo credit: Scazon via flickr cc

お店の名前に「aquarium」と入っている通り、店内を水族館に見立てた可愛らしいインテリアが特徴的です。シロイルカやサメ、マーメイドなどのぬいぐるみやカラフルなTシャツなど、子ども向けのお土産を買うならこちらがイチオシです。

5. Hudson News

パーカーやジャージ、帽子にカナダのロゴが入っている商品やカナダの国旗などを多く扱っているお店です。かっこいいファッショングッズが多いので、帰国してからもしっかり活用できますよ! カナダ旅行の思い出に一着買ってみてはいかがでしょうか?

空港のWi-Fi事情

空港内ではほぼすべての場所で、Wi-Fiを利用することができ、接続方法はとても簡単です。無料、無制限で使用できるので安心して使用できます。

1. Wi-Fiのネットワーク名「@yvrairport」を選択
2. ブラウザを開くとWi-Fiの接続画面が表示される
3.「I AGREE」というボタンをクリックする

おわりに

世界の中でも人気の高いバンクーバー国際空港についてご紹介しました。無料、無制限でインターネットを楽しむことができ、可愛いお土産やお洒落なレストランがたくさん並んでいるので出国までの時間も有効活用できそうですね。
ぜひ、次の旅行はカナダ・バンクーバー国際空港を利用してみてはいかがでしょうか?

ライター:Ayaka Komiyama
Photo by: Jun「急遽、当日にチケットを取ってバンクーバーへ弾丸トラベル

*Masayuki Oka「バンクーバー 2012 (Vancouver)

*Naoya Hata「住み易さ抜群のバンクーバー

*Mika Yamada「バンクーバーのEnglish Bayで夕焼け!

*鈴木 美海「【カナダ】バンクーバー女子二人旅 食べ歩き

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Ayaka Komiyama

Ayaka Komiyama

旅行ライターのkomiです。沖縄の西表島に住む経験から始まり、アジアを中心に旅しています。いろんな国の可愛い雑貨や洋服が大好きです! 皆さんに可愛いもの、楽しいことを発信していきたいと思います。



関連する旅行カテゴリ

# お土産 # バンクーバーの空港 # バンクーバー # バンクーバーのお土産 # 世界の空港/日本国内の空港

関連する旅行記事