親切な人の多いメキシコシティの5つの魅力と外せない観光名所10選

中南米でも人気の旅行先トップクラスのメキシコシティ。中でも外せないおすすめの観光地を紹介します。アステカ王国の首都だったテノチティトランが原型で、歴史を感じることのできる観光スポットも多く、人が優しいなど魅力がたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください。

Compathy Magazineライターのさとりんです。
メキシコと言えば、サンサンと照り輝く太陽にサボテン、陽気で明るい国民性で、ポップでカラフルな街並みがかわいい、ラテンアメリカを代表とする国。
世界遺産に登録されている場所が5つもあり、観光だけでなく文化やグルメにおいても魅力がたくさん詰まっています。
今回は、そんなメキシコの首都、メキシコシティの魅力と観光スポットについてご紹介したいと思います。

関連記事:「メキシコの治安が悪いという噂はホント?地域別最新の治安情報と対策まとめ

 

■目次

1ページ目: メキシコシティとは/メキシコシティの魅力

2ページ目: メキシコシティの地図/メキシコシティの観光スポット①

3ページ目: メキシコシティの観光スポット②

4ページ目: メキシコシティの観光スポット③

5ページ目: メキシコシティの観光スポット④

6ページ目: メキシコシティの観光スポット⑤

7ページ目: メキシコシティの旅行記/メキシコシティの天気


 

メキシコシティとは

メキシコ最大の都市であり、2011年の近郊を含む都市圏人口は1,956万人であり、世界第9位である[4]。メキシコのみならずラテンアメリカの経済の中心地の一つであり、2008年の都市圏GDPは3,900億ドルである[5]。これはラテンアメリカではサンパウロを凌ぎ第1位であり、世界でも第8位と高い位置につけている。2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第35位の都市と評価されており[6]、ラテンアメリカではブエノスアイレスやサンパウロに次ぐ第3位である。
出典:メキシコシティ「概要」-Wikipediaより

メキシコシティの魅力

Photo credit: Naoya Hata「混沌と遺跡とカリブ海のメキシコ」

Photo credit: Naoya Hata「混沌と遺跡とカリブ海のメキシコ

ユニークでかわいい雑貨に溢れている

メキシコと言えば、色鮮やかでかわいい雑貨が有名です。メキシコシティでは商店や市場が固まってある場所があるので、雑貨好きの方は、是非行ってみて下さい! 民芸品はもちろん、どのお店に入っても必ず欲しいものに出会えますよ。

親切な人が多い

メキシコでは、旅行客に対して優しい人が多いです。そのため、観光しやすい国だと思います。
例えば、道を聞いたり、写真を撮らせてほしいとお願いしても嫌な顔せず、対応してくれます。また、子供連れに対してとても寛容で親切にしてくれるので、家族旅行にもおすすめです。

ミュージアムがたくさんある

メキシコシティには170もの博物館や美術館があり、その数は世界でもトップクラスです。
展示レベルも高く、世界的に有名なアーティストの展示も行われています。
さらに、入場料金も約400円ほどと安く、中には入場無料のミュージアムまであるので、メキシコシティでは是非、ミュージアム巡りを楽しんでもらいたいです。

交通機関の充実

メキシコシティには、地下鉄、メトロバス、路面バス、観光バスが走っており、交通機関が充実しているので、観光中の移動にとても便利です。

Wi-Fiスポットが充実している

メキシコシティでは、フリーWi-Fiスポットが増えてきています。現在は公共の場所や公園、レストラン、カフェなどで使用することができ、今後は地下鉄でもフリーWi-Fiが使えるようにする計画があるなど、Wi-Fi環境の充実に積極的に取り組んでいます。

Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# メキシコシティの観光 # メキシコシティの旅行記・ブログ # メキシコシティ # 旅行記・ブログ # 観光

その他のオススメ記事

関連する旅行記事