【コラム】旅の価値観の格差は埋めるものではなく楽しむもの

一人旅の最中で、他の国から来た一人旅の誰かと出会う。初めて会うその誰かと一緒に旅をする。世代や文化、嗜好の格差は、無理して「埋めるもの」ではなく、積極的に「楽しむもの」なのだ。互いの世界が広がらなくては、旅の楽しさ半減だ。

一人旅の最中で、他の国から来た一人旅の誰かと出会う。初めて会うその誰かと一緒に旅をする。言葉が違うから、わかり合えない? 文化が違うから、面倒くさい?

PB191406

Photo credit: Shino Ichimiya「商いの花が咲く国 – Viet Nam

ベトナムでの一ヶ月間の旅の途中で、15歳年上のイタリア人男性と出会った。偶然、入国日も出国日も同じで、ホーチミンからハノイまで北上するルートも同じだった。

毎日アクティブに動き回る旅のスタイルを好む彼と、ゆっくり休みながら旅をしたい私。時々イタリアンレストランに行きたがる彼と、現地の食事を毎日食べたい私。慣れた感じで値切りに値切る彼に、面倒くさいから払っちゃおうよ、と言う私。

渋々つき合うことも、「やっぱり一人が気楽だな」と思うこともあったけれど、同時に、私一人では見つけられなかっただろうことが、たくさんあるのだと気がついた。

ベトナムのピザは、イタリア北部系のクリスピーなものが多く、とてもおいしいことを知ったし、値切りすぎて商売人が怒ったときは、手を上げる素振りで威嚇してきて、本気で怖いことを知った。一緒にいたからこそ、新鮮な発見もあったし、面白い体験もできた。

世代や文化、嗜好の格差は、無理して「埋めるもの」ではなく、積極的に「楽しむもの」なのだ。

互いの世界が広がらなくては、旅の楽しさ半減だ。

ライター:Shino Ichimiya
Photo by: Shino Ichimiya「商いの花が咲く国 – Viet Nam

Compathyでベトナム縦断旅行記を見ましょう

*Shino Ichimiya「商いの花が咲く国 – Viet Nam

*Salt Mint「ベトナム縦断旅行 & おすすめスポット! ホーチミン・ダナン・ホイアン・フエ・ハノイ

Shino Ichimiya

Shino Ichimiya

寂しがりやのひとり好き、あまのじゃくな旅好きデザイナー。二項対立・矛盾・曖昧模糊というキーワードが人生のテーマです。専門の建築デザインと、宗教や文化、旅先の面白いエピソードなどを紹介していきます。WEB SITE: www.shinoichimiya.com

関連する旅行カテゴリ

ニュース・コラム

関連する旅行記事

その他のオススメ記事