世界一安全な国は日本?治安のいい国ランキングTOP18

海外旅行に行く時は、スリや置き引き、ひったくり、詐欺などに気を付けましょうとよく言いますよね。日本は他の国に比べて治安が良いと言われますが、世界の治安ランキングでは何位にランクインしているんでしょうか?また、あなたが気になるあの国の治安は?今回は、平和度指数のデータをもとにランク付けされたトップ18の国をご紹介します。

Compathy Magazineライターのさとりんです。
最近、よく耳にするようになったテロ事件のニュース。
海外旅行に行く時に、日本にいる時と同じような意識でいると、スリや置き引き、ひったくり、詐欺などにあってしまうから気を付けましょうなどとと、よく言いますよね。
 
日本は他の国に比べて安全と言われていますが、いったい世界の治安ランキングでは何位にランクインされているんでしょうか? また、あなたが気になるあの国は?
今回は、様々な内・外的状況などから出した指数データをもとにランク付けされたトップ18の国をご紹介します。

Photo credit: eren {sea+prairie} via flickr cc

Photo credit: eren {sea+prairie} via flickr cc

 

■目次
1ページ目(①): ランキング 1-3位! アイスランド、他

1ページ目(②): 【番外編】 治安事情を見て、さあどの国に行く? 1週間無料の海外渡航が当たるキャンペーンの紹介!

2ページ目: ランキング 4-8位! ニュージーランド、他

3ページ目: ランキング 9-13位! オーストラリア、他

4ページ目: ランキング 14-18位! ブータン、他

 
 

Global peace index 2015 (世界平和度指数)

 

世界で平和な国ランキングについて

世界平和度指数から算出した平和な国ランキングのデータは、イギリスの経済平和研究所が考えたもので、平和研究所や国際平和パネル討論会のスペシャリスト、シンクタンクなどが、各国を様々な項目ごとに数値化し、イギリスのエコノミスト紙によって調整されたものです。

調査方法
主に国内で起こる犯罪や暴力などの情報と、国外に対しての戦争や軍事費などの情報をデータ化しています。

 

24の指数項目

対外戦、内戦の数 対外戦による推定死者数 内戦による推定死者数
本格的な内戦の程度 近隣国との関係 他の市民に対する不信感の程度
人口に対する難民・追放者の割合 政治的不安定さ 人権尊重のレベル(政治テロの程度)
テロ活動の潜在的可能性 殺人事件の数 暴力犯罪の程度
暴動の可能性 犯罪収容者の数 警察、治安維持部隊の数
GDPに対する軍事費の比率 軍人の数 普通一般兵器の輸入量
普通一般兵器の輸出量 国連の介入度 国連以外の介入度
重兵器の数 小型武器、携帯兵器の入手しやすさ 軍事力、精錬度

世界各地の治安情報について

By Mason Vank’s Maps (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

この記事では世界の平和な国ランキングについて紹介していますが、一方で世界には治安の悪い国や地域がたくさんあるのも事実です。「これから旅行に行く・行きたい国や地域の治安はどうなんだろう……?」そのように考えている方は、以下のページにある一覧から目的地の治安状況について事前に調べておくのも良いでしょう。

■中東からアジア、中南米などの情報も!
世界各地の治安情報まとめ一覧

 

世界で平和な国ランキングTOP18

1位. アイスランド

Photo credit: Maciej Hepner「Iceland, 06.2014」

Photo credit: Maciej Hepner「Iceland, 06.2014

アイスランドは5年連続で世界で最も平和な国とされ、ランキング1位の座を守り続けています。「平和度指数=治安がいい」には直接は結びつかないようですが、アイスランドは治安もいい国です。
 
日本も上位にランクインはするものの、アイスランドの方が良いとされる理由として、独自の軍事力を持っていないため、重兵器の数も少ないことと近隣国との関係が日本よりも優れていることが大きく影響しているようです。
他にもアイスランドは、漁業の保護をする沿岸警備隊はいるものの、徴兵制度は施行したことがないことでも有名です。
 
高い識字率と社会の寛容さで国内の犯罪率も低くテロの危険性もあまりないようなので、安心して観光できる国と言えそうです。
アイスランド人も平和的で、健康度も高く、住民が満足して暮らせる国とされています。

アイスランドが比較的上位にランクインした項目

報道の自由度 21位
国際競争力 29位
男女平等 1位
平均寿命 4位(82歳)(2013)

 

2位. デンマーク

Photo credit: Aoi Nagamine「Copenhagen 一人旅」

Photo credit: Aoi Nagamine「Copenhagen 一人旅

デンマークは、旅行するにも暮らすにも、世界的に安全な国とされています。軍事的な紛争もないので、国内の経済発展にひたすら取り組んでいます。そんなデンマークでは、男女平等や医療問題、社会的支援についての事柄が最優先にされています。
 
デンマークが幸福なのは、革新的な改革と、合理的な政府の対策によるものと言ってもいいでしょう。また、国民の幸福度ではデンマークは1位に輝きます。一人当たりGDPや健康寿命、寛大さ、人生選択の自由度、社会福祉、汚職の少なさなどが評価されたようです。
そんなデンマークに住む人達は、とても親切で寛容で、楽観的な人が多いです。

デンマークが比較的上位にランクインした項目

財政収支(対GDP比) 22位
報道の自由度 3位
国際競争力 12位
幸福度 1位
住みやすい都市 1位
一人当たり名目GDP 6位
労働時間の少なさ 4位
経済的自由度 11位
社会寛容度 10位

 
 

3位. オーストリア

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅

オーストリアも第3位にランクインする平和な国で、第二次世界大戦以来、民族間の対立や紛争は起きていません。
オーストリアは、一貫して中立政策をとっていて、柔軟な外交政策を行っています。
 
近年は、旅行先としてやビジネスパートナーとして、またハイレベルな教育を行う国として評価されているようです。他にも、経済的に豊かで進歩的であることが、平和な国として大きな影響を与えています。
 
また、オーストリアの医療は優れているとされ、ヨーロッパの中で見本とされています。
かつてウィーンは、最も住みやすい街としてランクインしていたこともありました。

オーストリアが比較的上位にランクインした項目

貿易輸入額  27位 (2014)
貿易輸出額 27位(2014)
報道の自由度 7位
国際競争力 23位
世界遺産登録数 27位
平均寿命 18位(81歳)(2013)

 

治安事情を見で、さあどの国に行く? 1週間無料の海外渡航(留学)が当たるキャンペーン! [PR]

応募期間:2017年10月1日(日)~11月30日(木)まで!

世界最大級の教育機関であるEF(Education First)が、1週間無料で!海外留学をプレゼントするキャンペーンを行っています。
海外旅行に興味がある方はもちろん、一度生活してみたいと思っている方は、この機会に思い切って無料の海外留学に応募してみませんか?
対象は英語の語学留学だけではなく、世界中の都市への留学、他の言語の習得を選ぶことができます。
キャンペーンページから、あなたが興味を持つ言語と都市を3つ選んで応募するだけ。このチャンスをお見逃しなく!

■1週間の留学無料キャンペーンの詳細

- 応募期限:2017年11月30日
- 当選者発表:2017年12月1日以降に、Eメールもしくはお電話でお知らせします。
- 渡航期間:1週間(+αで自費申し込みの留学期間を延長してもOK)
- キャンペーン対象者:13歳以上の、留学してみたい全ての方!

※応募締切、当選者発表期間は予告なく変更される可能性がございます
そのほか注意事項はEFのキャンペーンページをご参照ください。

 

 

1 234 »
Booking.com
Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# 海外旅行・国内旅行 # 治安 # 海外旅行・国内旅行の治安 # アジアの治安 # ヨーロッパの治安

その他のオススメ記事

関連する旅行記事