実は日本人ウケがいい!?カンボジアの代表的な料理12選

東南アジアに位置するカンボジア。そんなカンボジアの料理ってどんなものなんでしょうか?カンボジアの周辺にはタイやベトナムなど、日本でも大人気のフードがある国々に隣接しています。なら、カンボジア料理もおいしいに決まってるじゃないか!ということで、今回はカンボジアの料理と、カンボジアで人気のレストランをご紹介します。

Compathy Magazineライターのさとりんです。
東南アジアに位置するカンボジア。そんなカンボジアの料理ってどんなものなんでしょうか?
カンボジアの周辺にはタイやベトナムなど、日本でも大人気のフードがある国々に隣接しています。なら、同じアジア料理だし、カンボジア料理もおいしいに決まってるじゃなかろうか!
ということで、今回はカンボジアの料理と、カンボジアで人気のレストランをご紹介したいと思います。

日本人の口に合うカンボジア料理

カンボジアの料理をクメール料理といいます。このクメール料理、日本人にあうんです! パクチーはあまり使用されないし、唐辛子もあまり使わないので辛すぎることもありません。なので、カンボジアの料理はマイルドなものが多いです。
カンボジアの料理は、一つの料理にたくさんの食材を使用するので、色合いもきれいだし、なにより健康食でもあります。
はじめて食べるのになんだか懐かしさを感じさせ、一度食べると何度も食べたくなってしまうカンボジア料理は、日本人のファンが多いようです。

カンボジアの代表的な料理

1. プラホック

Photo credit: Paxse (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

Photo credit: Paxse (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

カンボジアの塩辛で、生の魚を塩漬けにしてペースト状にしたもの。カンボジア料理にはかかせない調味料とされています。そのまま野菜につけて食べるときもあります。魚を発酵させて作るため、3年ほど持つそうです。
カンボジアに行くと至る所で、この匂いがします。それほど、カンボジアでは一般的な調味料で、日本の醤油やお味噌のポジションです。
匂いは強いですが、塩味が効き、料理に旨味を加えてくれます。この味にはまってしまう人も多いとか!

2. アモック

Photo credit: Dion Hinchcliffe via flickr cc

Photo credit: Dion Hinchcliffe via flickr cc

ココナッツカレーのような味で、淡水魚や鶏肉、卵、野菜、香辛料、ココナッツミルクなどを混ぜて蒸した料理。ごはんと一緒に食べます。
卵でとじられていることでやわらかくまろやかなです。ココナッツ臭もそこまできつくないし、辛くもないので、普段アジア料理が苦手という人にもチャレンジしやすい料理です。
甘いカレーで、ココナッツの葉っぱをお皿にして出されることが多いので、見た目にも日本人女子にウケがよさそうなカンボジア料理です。

3. ノムバンチョク

日本の素麺に似た麺で、カンボジアで主流の麺は、タイやベトナムと同じく米麺です。王室の料理としても有名で、この麺をつけるスープにはたくさんの具材を使用し、手間がかかる料理とされています。
スープには赤と緑の2種類があり、緑のスープの主な材料は、魚をベースにして、みかんの皮、こぶみかんの葉、干しエビ、レモングラス、ターメリック、パプリカパウダー。赤いスープは、やわらかい鶏肉がはいったココナッツカレーです。
タイ料理の「カノムチーン ナムヤー」に似ていて、アンコール遺跡周辺でよく食べられる料理です。一度口にしたらやみつきになってしまう麺料理ですよ。

4. カリー・ノムバンチョク

先ほどノムバンチョク内で紹介した、赤いスープの方。
インド風のカレーにカンボジアの米麺をつけて食べる料理で、スープの代わりにソムロカリーという鶏肉やサツマイモ、タマネギ、タケノコが入った赤いココナッツカレーにつけて食べます。
一度口にしたら忘れられないおいしさです。

5. クイティウ

Photo credit: Chiharu Saito「カンボジア旅行記1」

Photo credit: Chiharu Saito「カンボジア旅行記1

カンボジアの代表的な米麺、クイティウ。
屋台や食堂、フードコート、レストランとどこでも食べることができ、一食の量もラーメンよりも少し少ないので、軽食におすすめの料理です。
具材は、たくさんの肉や野菜で、スープは豚骨ベース。塩味が効いたさっぱりとした味わいで、アクセントとして串切りのライムが添えられていることもあります。他にもお好みで、トゥック・トレイや唐辛子系、チリソース、醤油などを入れます。
米麺とダシがきいたスープの相性が抜群です。カンボジアでは、朝ごはんによく登場するなど、毎日食べても飽きませんよ。

6. ミークイティウ

Photo credit: Dion Hinchcliffe via flickr cc

Photo credit: Dion Hinchcliffe via flickr cc

米麺のクイティウを炒めた料理です。日本で言う焼きそばのようなもので、様々な具材を使用し、少し甘めの味が特徴。ヘルシーで、とても人気のカンボジア料理です。甘さと塩加減のバランスが絶妙。

7. サムロー・コァコー

Photo credit: butforthesky.com via flickr cc

Photo credit: butforthesky.com via flickr cc

「サムロー」とはスープ料理のことを意味し、サムロー・コァコーは、魚、豚肉、野菜のスープです。見た目にも日本人ウケがよさそうな料理で、カンボジアではこのスープと一緒にご飯を食べることがお馴染みのようです。
また、ノムバンチョクと同様に、サムロ・カリーというカレー味のものもあります。
サムロ・コァコーにも、カンボジア料理で多用するプラホックが入っていることが多いですが、サムロ・カリーには入っていないので、あまり塩辛のような味に馴染のない国の人でも食べれます。
具だくさんで、ボリューミー。おすすめのカンボジア料理です。

8. サムロー・モチュー

Photo credit: Chiharu Saito「カンボジア旅行記1」

Photo credit: Chiharu Saito「カンボジア旅行記1

酸味の効いた甘酸っぱいスープ。

1 2 »
Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# アジア # カンボジア # 料理・グルメ # アジアの料理・グルメ

その他のオススメ記事

関連する旅行記事