絶対に喜ばれる!オーストラリアで人気の定番おすすめお土産まとめ

オーストラリアといえばカンガルー、コアラ、大自然、サーフィンなど色々なイメージがありますが、オーストラリアのお土産はどんなものがあるのでしょう。今回は、家族や友達が喜ぶオーストラリアならではのお土産を紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

7. ベジマイト

Photo credit: foam via flickr cc

Photo credit: foam via flickr cc

見た目はチョコレートペーストかピーナッツペーストのようなベジマイト。パン用のペーストと一緒に並んでいるし、なんか甘くて美味しそうと思って食べると痛い目に遭います。味はしょっぱくて、しかもかなり個性的な味がするのですが、オーストラリアの人たちは美味しいと言って食べているので、日本で言えば納豆的な存在です。
独特な味の正体は、ビールを作るときに出るイースト菌抽出物を原料にした黒いペーストなのです。パンに塗って食べるのがダメな場合でも、和食を作る時に使うと意外に美味しく食べられようなので珍味好きな方にはいいかもしれません。

日本ではみかけないものとして気になり、注文してみました。おそるおそる食べてみましたが、お味噌になじみのある日本人なら普通に受け入れられるのでは?まずいものではありません。発酵食品好きの人なら結構好みの味ではないでしょうか。トーストにバターと共に塗って食されることが多いと聞きましたが、ソーダクラッカーに特によく合うと思います。また、チャーハンに隠し味として加えてもこくが出て美味しいものです。
出典「クラッカーに合う」ベジマイト 220gの口コミー楽天ICHIBAみんなのレビューより

8. カンガルージャーキー:お酒のおつまみに!お酒好きな男性におすすめ

Photo credit: Mikko Koponen via flickr cc

Photo credit: Mikko Koponen via flickr cc

オーストラリア国内ではジャーキーをよく見かけます。その中でも、話題性に富んだお土産をお探しなのであればカンガルージャーキーではないでしょうか。
オーストラリアならではのジャーキーで盛り上がること間違いなしです。味はそんなに癖もないので、ビーフジャーキーを食べられる方なら問題なく食べられると思います。ただし、検疫が厳しいのでカンガルージャーキーを買うならばDFS(免税店)で売っているものが確実に日本に持込めるものとなっていますのでお気をつけください。

ビーフのような強い臭みは無く、ターキーの淡白すぎる中間的な印象・・・好き好きはありますが、脂を感じさせないので、ビールのつまみにPretty_Goodでした!!
出典「オーストラリアの「カンガルージャーキー」!」マリアニ/カンガルージャーキーの口コミー食べログより

 

1 ... 3 4 5 ... 15
Ai Ogasawara

Ai Ogasawara

海、自然、地球を愛するAicuです。温かくて海のある場所が大好き。基本は海のある場所へ旅をしています。ハワイ島に住んでいる時に野生のイルカに出会い、それからイルカやクジラに夢中。旅をする人のお役に立てるよう努めてまいります。



関連する旅行カテゴリ

# お土産 # オーストラリアのお土産 # オーストラリア # 観光 # オーストラリアの観光

関連する旅行記事