スペイン人に聞いた!代表的なスペイン料理とデザート40選

豊かな食文化を持つ国として知られるスペイン。今回は数あるスペイン料理の中から代表的なものを40品ご紹介します!人気のバル料理からデザート、各地方の伝統料理など、筆者の友人であるスペイン人の協力を得て万遍なく厳選したので、これを読めばスペイン料理通になれること間違いなし!スペイン料理のめくるめく世界へご案内しましょう!

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

 

■目次
1.スペイン料理の特徴
2.スープの料理
2-1.【無料で留学!?】 3週間の海外滞在&留学無料キャンペーン!
3.軽食・バル料理
4.煮込み料理
5.魚介料理
6.肉料理
7.米・麺を使った料理
8.その他の料理
9.デザート
10.豆知識・スペイン流テーブルマナー

 

煮込み料理

17. マドリード風煮込み(Cocido madrileño/コシード・マドリレーニョ)

Photo credit: Javier Lastras via flickr cc

Photo credit: Javier Lastras via flickr cc

コシードは、にんじん、玉ねぎ、じゃがいもなどの野菜、豆、肉をスープで煮込んだ料理で、各地方や家庭によって具材に違いがあります。
マドリードのコシードはその食べ方が特徴的。一皿目はショートパスタと一緒にスープを味わい、二皿目でスープを切った野菜と豆を食べ、三皿目に肉をいただきます。

値段のめやす:14,00€〜

 

18. レンズ豆の煮込み(lentejas/レンテハス)

Photo credit: doronko via flickr cc

Photo credit: doronko via flickr cc

レンテハスは、レンズ豆をニンニク、じゃがいも、たまねぎ、にんじんなどの野菜と、モルシージャやチョリソなどのソーセージを一緒に煮込んだ料理。シンプルですが滋養たっぷりの料理です。スペインではレンズ豆の他に、ひよこ豆やいんげん豆など豆類がよく食べられます。

値段のめやす:2,90€〜

 

19. アストゥリアス風豆煮込み(Fabada asturiana/ファバダ・アストゥリアナ)

スペイン北部アストゥリアス州の郷土料理で、白インゲン豆を豚耳や豚足、モルシージャと一緒に煮込んだ料理。高カロリーで、寒い冬場に食べると体の芯から温まります。アストゥリアス州名産のりんご酒(シードラ)とご一緒に。スーパーで缶入りのものもよく見かけます。

値段のめやす:10,00€前後

 

魚介料理

20. 干し塩ダラのニンニク煮込み(Bacalao al pil pil/バカラオ・アル・ピルピル)

Photo credit: Joselu Blanco via flickr cc

Photo credit: Joselu Blanco via flickr cc

干し塩ダラをオリーブオイル、ニンニク、赤唐辛子で煮込んだ料理。弱火でゆっくりと鍋を揺すり続けることでオリーブオイルを乳化させ、とろりとしたソースに仕上げていきます。「ピルピル」とは、オリーブオイルが弱く跳ねる音からきたものだそう。なんだか可愛い名前ですよね。

値段のめやす:(一皿)12,50€〜

 

1 ... 7 8 9 ... 16
Emi Takaki

Emi Takaki

福岡県出身。大学時代に207日間の世界一周旅行をするも、世界の表層しか見ていないことに気が付き落ち込む。その後5年間渡航することなく旅行から離れていたが、やっぱり旅行が好きだと気付く。「旅に何かを求めても仕方ない、だけど得られる何かがある」自分の言葉で伝えていきます。



関連する旅行カテゴリ

# スペインの料理・グルメ # 世界の料理・グルメ・ごはん # スペインの旅行記・ブログ # スペイン

関連する旅行記事