シアトル観光で絶対に外せないおすすめスポット16選

シアトルは交通の便でも必要最低限の機能を満たしながらも、自然とうまく調和した都市で、生活環境が整っています。さらに、過ごしやすい気候であることから、アメリカ人が暮らしたがる街とも言われています。そんなシアトルには是非訪れたい観光スポットがたくさん!今回はシアトル観光で絶対に外せないおすすめ観光スポットをご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

Compathy Magazineライターのさとりんです。
アメリカワシントン州のシアトルは自然と人がうまく調和している都市で、生活環境は整いながらも、自然豊かで過ごしやすい気候であることから、多くのアメリカ人が暮らしたがる街とも言われています。
シアトルと言えば、イチローが所属していたマリナーズ、マイクロソフト、シーフード、カフェといったたくさんのイメージがあると思いますが、それほどたくさんの魅力が詰まっている街ということ。
今回は、そんなシアトルについてご紹介したいと思います。

 

■目次
1.シアトルの地図マップ
2.シアトルの基本情報
3.シアトルのおすすめ観光スポット〜ビュースポット編〜
4.シアトルのおすすめ観光スポット〜博物館・美術館編〜
5.シアトルのおすすめ観光スポット〜エンターテイメント編
6.シアトルのおすすめ観光スポット〜カフェ・ショッピングスポット編〜
7.シアトルのその他のおすすめ情報をご紹介!
8.シアトルの関連旅行記ブログ

 

シアトルの地図マップ

 

シアトルの基本情報

シアトルはアメリカ合衆国のワシントン州(州都はオリンピア)にある都市です。
ピュージェット湾とワシントン湖の間に位置します。シアトルの町の広さは、東京都23区地域(619km²)の約3分の1の217km²。人口は約70万人(2016年)で、周辺のタコマ(約21万人)を含めると約100万人近くにも及び、アメリカ西海岸の中で有数の世界都市の1つになっています。

 

シアトルの歴史

シアトルという都市名は、ネイティブ・アメリカンのスクアミシュ族のシアトル酋長の名前にちなんでつけられました。
シアトルは、製材所があり、木材の集散地でもあったため、木材を通して大きな街へと発展していきました。
その後も金鉱のあるアラスカの中継点にとして、さらに発展し、ボーイング社といった軍需産業の発展や、万国博などを通して、どんどんと発展をし続けてきました。

 

シアトルの天気・気候

シアトルの気候は、空気が澄んだ温暖な気候です。朝と夕方は霧が発生しやすいです。
夏の平均最高気温は24℃。湿気がなく涼しいので、とても過ごしやすいです。朝晩は夏でも冷えるので、パーカーなど上着が必要になります。

冬は、緯度が高いわりにそこまで寒くなく、平均最低気温も-2℃程度です。雪はめったに降らないですが、ダウンタウンから車で30分ほど行くと、雪景色が広がり、スキーを楽しむことができます。
雨が多く降ることで有名なシアトルですが、実際は霧雨程度の雨が何日も続く程度です。傘をさすほどの雨量はなく、降水量としては少なめです。

■シアトルの最新天気や季節ごとの服装についてはこちらもチェック!
海と緑にシーフード!シアトルの天気やおすすめの服装・イベント・観光地まとめ

 

1 2 ... 8
Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# シアトルの観光 # シアトルの美術館・博物館 # シアトルの大自然・絶景 # カリフォルニアの観光 # 観光 # アメリカ合衆国の観光

関連する旅行記事