朝ご飯を抜くなんてもったいない!毎日通いたくなるタイの屋台

様々な味が楽しめる屋台での、もう一つの楽しみは、屋台のおじちゃんおばちゃんと仲良くなれることだと思います。数日通っているだけでも顔を覚えてくれて、「サワッディーカー」と声をかけてきてくれます。話しかけてもらえると、朝から少し元気をもらえますよね!

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy MagazineライターのANNAです。
朝ご飯にこだわりを持つ人も増える一方で、朝は何も食べないなんて人もいますよね。ダイエットのために朝ご飯を抜く人や、食べる時間がない人もいるかと思います。しかし、近年では朝ご飯を食べる重要性について耳にする機会も多くなり、「朝ご飯をしっかり食べなさい!」と言われることも。

現在私が滞在しているタイでは、ほとんどの人がしっかり朝ご飯を食べます。家で朝ご飯を食べることはもちろんですが、勤務先のオフィスで食べるということも、タイでは普通です。パンにお粥にクイティアオ(タイ風ラーメン)など、いろいろな屋台が朝早くから営業しています。

今回は、タイの朝ご飯の様子を紹介したいと思います。

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん」

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん

まずは、女性に人気の豆乳屋台!タイでは、屋台で買ったものは、食べ物でも飲み物でもほとんどの場合、袋に入れて持ち帰ることができます。この豆乳屋さんは、豆乳だけだと7バーツ(24円ほど)、写真の右側に置いてある小豆やタピオカ、ゼリーなどを入れてもらうと10バーツ(33円ほど)です。どちらも、とても安いですね!

また、黒ゴマ味の豆乳、抹茶味の豆乳など様々な味がある屋台も多く見かけます。豆乳にタピオカなどを入れたり、味を変えたりすると、とても飲みやすくなるのです! 豆乳が苦手な私も飲むことができました。  

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん」

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん

続いては、タイの朝ご飯の定番のお粥。タイのお粥は、お米の形がなくなるまで煮込んであるものと、お米の形が残っているものの2種類があります。タイ料理は辛い物が多いので、朝ご飯にお粥をチョイスすると、やさしい味にホッとできるはず。実はタイのマクドナルドでは、朝マックでお粥を売っているんです! 知っていましたか?

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん」

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん

1 2
Anna Koike

Anna Koike

世界中の笑顔とつながりたい!世界中に友達を作りたい!人との会話、面白いことが私の笑顔の源です!面白い人だねといい笑顔だねは、最高の褒め言葉です!



関連する旅行カテゴリ

# タイの屋台 # タイの料理・グルメ # 世界の料理・グルメ・ごはん # タイ

関連する旅行記事