地中海の魅力が凝縮!南イタリアの観光地とグルメ情報

イタリア観光というと、ローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア・ミラノなどは訪れても、南イタリアを重点的に観光でまわるという方は少ないのではないでしょうか。 今回は、南イタリアを代表する観光スポットと、ぜひ味わいたいグルメ情報をご紹介します。魅力あふれる南イタリアに、いますぐ行きたくなること間違いなしです!

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

絶対に味わいたい南イタリアグルメ

国土が南北に長いイタリアは、地域によって豊かな食文化を持つことで知られます。ここでは、南イタリアを訪れたらぜひ味わいたいグルメと、おすすめのお店を紹介します。

ピッツァ

ピッツァといえば、イタリアを代表する料理の一つですが、ナポリが発祥の地だと言われています。
バジルの緑・モッツァレラの白・トマトソースの赤がイタリア国旗を表しているというマルゲリータ、ニンニクとオレガノの香りが口いっぱいに広がるマリナーラ、具材を生地に包んで揚げたピッツァフリッタなど、ナポリを訪れたら、ぜひ色んな種類のピッツァを味わってみましょう。

Photo credit: Chikako Murakami「イタリア6都市巡り5 -ナポリ-」

Photo credit: Chikako Murakami「イタリア6都市巡り5 -ナポリ-

おすすめのお店(ナポリ)

ピッツェリア ディ・マッテオ/Pizzeria Di Matteo
住所:Via dei Tribunali, 94, 80138 Napoli, イタリア
電話番号:+39 081.45.52.62
営業時間:9:00〜24:00
定休日:日曜日と8月の第2週・第3週
ホームページ:http://www.pizzeriadimatteo.com/
 

アクアパッツァ

アクアパッツァは、魚介類をオリーブオイルとトマトで煮込んだカンパニア地方の料理。魚はタイ・スズキ・タラなどの白身魚が、貝はアサリやムール貝がよく使われます。シンプルなのに素材の旨みが存分に味わえる、海の幸豊かな南イタリアらしい料理です。

photo credit: titanium22 via flickr cc

photo credit: titanium22 via flickr cc

おすすめのお店(チェターラ)

リストランテ ファラレーラ/Ristorante Falalella
住所:Corso Umberto, 1, 84010 Cetara SA, イタリア
電話番号:+39 089 261388
営業時間:(昼)13:00~15:00(夜)20:00~22:30
定休日:なし
ホームページ:http://www.hotelcetus.com/hotelcetus/falalella-2/?lang=en
 

インサラータ・カプレーゼ

モッツァレラチーズ、トマト、バジルをオリーブオイルと塩胡椒で味付けたカプレーゼは、今や日本でもすっかりお馴染みのメニューですが、元は「カプリ島のサラダ」を意味するカンパニア地方のサラダ。シンプルだからこそ、素材の美味しさが際立ちます。

Photo credit: Hiroshi Yamazaki「南イタリア 一人旅」

Photo credit: Hiroshi Yamazaki「南イタリア 一人旅

おすすめのお店(カプリ島)

トラットリア・マンマ・ジョヴァンナ/Trattoria Mamma Giovanna
住所:Via Chiusarano, 6 80071 Anacapri (NA), イタリア
※電話で車の送迎を頼める。
電話番号:+39 081 8372057
営業時間:(昼)12:00〜15:00(夜)19:00〜23:00
※12〜3月はグループ予約のみ。
定休日:要確認
 

リモンチェッロ

リモンチーノとも呼ばれるリモンチェッロは、レモンを使った南イタリアを代表するお酒。爽やかな口当たりとは裏腹に、アルコール度数は30%以上もあります。
カプリ島やソレント、アマルフィなど海岸地帯の特産品で、かわいい瓶に詰められたものがたくさん売られています。お土産として購入するのもいいですね。

Photo credit: kizzzbeth via flickr cc

Photo credit: kizzzbeth via flickr cc

おすすめのお店(カプリ島)

リモンチェッロ・ディ・カプリ/Limoncello di Capri
住所:Via Roma 85, Capri NA, イタリア
電話番号:+39 081 837 3059
営業時間:10:00〜18:00
定休日:無休
ホームページ:http://www.limoncello.jp/jp/index.html
 

カンノーロ(複数形:カンノーリ)

「小さな筒」を意味するカンノーロは、カリっと揚げた筒状の生地にリコッタチーズを詰めたシチリア伝統のお菓子。お店によっては、注文を受けてから中身を詰めてくれます。かの有名な映画『ゴッドファーザー』内で、「銃を置いていけ。カンノーリは持ってきてくれ。(Leave the gun. Take the cannoli.) 」というセリフとともに、印象的に登場することで知られています。

Photo credit: Stefano Mortellaro via flickr cc

Photo credit: Stefano Mortellaro via flickr cc

おすすめのお店(タオルミーナ)

パスティッチェーリア ミノタウロ/Pasticceria Minotauro
住所:Via di Giovanni, 15, 98039 Taormina ME, イタリア
電話番号:0942.23081
営業時間:8:30〜21:00(5〜7月は〜22:00、8・9月は〜24:00)
休業期:1月
 

グラニータ

グラニータは、シチリアが発祥の氷菓子。ジェラートとソルベの間のような食感で、シチリアの夏の風物詩です。アーモンド、コーヒー、レモン、オレンジ、イチゴなどの味があり、ブリオッシュと一緒に味わうのがシチリア流。街歩きに疲れたら、冷たいグラニータでリフレッシュしましょう。

Photo credit: Sebastian Fischer (Own work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0 ], via Wikimedia Commons

Photo credit: Sebastian Fischer (Own work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0 ], via Wikimedia Commons

おすすめのお店(タオルミーナ)

バム・バール/Bam Bar
住所:Via di Giovanni, 45, 98039 Taormina ME, イタリア
電話番号:0492.24355
営業時間:7:30〜22:00(7・8月は7:30〜13:00、16:30〜24:00)
定休日:月(7・8月は無休)、1月に2週間ほどの臨時休業あり。

四季を感じるナポリの天気情報まとめ

南イタリアの玄関口ナポリは、温暖な気候や美しい風景が多いことから観光都市として知られています。街中には世界遺産に登録されたナポリ歴史地区が存在し、伝統音楽や歴史ある祭典などのイベントも開催されることから、季節を問わずたくさんの観光客がこの地に足を運びます。「四季を感じる温暖な港町、ナポリの天気・服装情報とおすすめスポットまとめ」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

おわりに

Photo credit: Karolina Stanisławska「CEFALU, Sicily」

Photo credit: Karolina Stanisławska「CEFALU, Sicily

人気観光地として名高いイタリアですが、まだまだ知られていない南イタリアの魅力。
リゾート地でゆっくりとバカンスを楽しむもよし、遺跡巡りをして悠久の歴史を感じるもよし、美味しい南イタリアグルメを堪能するもよし。たくさんの楽しみ方ができる素敵な場所です。地中海エリアが好きな方や、イタリアの王道都市以外も訪ねてみたいな、という方にぜひ訪れてほしいです。

ライター: Emi Takaki
Photo by: Karolina Stanisławska「CEFALU, Sicily

*Hiroshi Yamazaki「南イタリア 一人旅

*鈴木 美海「【イタリア中南部】両親+私(娘)家族3人イタリア絶景 家族旅行(4・5日目)

*Yurie Maria Rosa Adachi「【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅

*tabitabi parsley「イタリアの”踵”バーリに2泊して4つの街へ

12 3
Emi Takaki

Emi Takaki

福岡県出身。大学時代に207日間の世界一周旅行をするも、世界の表層しか見ていないことに気が付き落ち込む。その後5年間渡航することなく旅行から離れていたが、やっぱり旅行が好きだと気付く。「旅に何かを求めても仕方ない、だけど得られる何かがある」自分の言葉で伝えていきます。



関連する旅行カテゴリ

# イタリアの料理・グルメ # 世界の料理・グルメ・ごはん # 観光 # イタリアの観光 # イタリア

関連する旅行記事