海外の国別電圧とコンセント変換プラグの種類・形状一覧

出国前の大事な準備の一つに、コンセントや電圧の確認、変換プラグの用意がありますよね。普段私たちが使う電化製品は、想像以上に多いもの。そこで今回は、今一度確認したいコンセント・電圧・プラグ・変圧器の基本知識と、海外国別の電圧・プラグの情報をまとめてご紹介します! ひとつひとつ確認しながら、準備の参考にしてみてください。

北アメリカ

国名電圧(V)プラグの形状
カナダ110A
アメリカ合衆国120A

中央アメリカ・南アメリカ

国名電圧(V)プラグの形状
メキシコ110A
キューバ110/220A
ジャマイカ110A
コスタリカ110A
パナマ110A
ベネズエラ110A
エクアドル110A
ペルー220A・C
ボリビア110/220A・C
ブラジル(*1)110/127/220A・C
チリ220C・O
アルゼンチン220C
(*1)
サンパウロ・リオ:110V
サルバドール・マナウス:127V
ブラジリア・レシフェ:220V

オセアニア

国名電圧(V)プラグの形状
オーストラリア220/240O
ニュージーランド230/240O
ニューカレドニア220C
フィジー240O
タヒチ220A・C

中東・アフリカ

国名電圧(V)プラグの形状
トルコ220C・SE
シリア220B・C
ヨルダン220B・BF
レバノン110/220C
イスラエル220C
イラン220C
カタール240BF
アラブ首長国連邦220/240BF
エジプト220C
チュニジア220/115C
モロッコ220C・SE
ケニア220/240B3・BF・C
南アフリカ(*1)220/240規格外
(*1)日本国内では一般的に南アフリカ専用のプラグは手に入りません。現地の空港などで購入しましょう。

変圧器(トラベルコンバーター)について

電化製品を対応外の電圧で使用する場合には、変圧器(トラベルコンバーター)が必要になります。この変圧器には3つのタイプがあります。

タイプ

ダウントランス
日本の製品(100V仕様)を海外(120V〜240V)で使用する場合に用います。
現地の電圧を100Vに下げてくれます。

アップトランス
海外の製品(120V〜240V仕様)を日本国内(100V)で使用する場合に用います。
日本の電圧を製品の対応電圧まで引き上げてくれます。

アップダウントランス
上記の両方の場合で使用する場合に用います。

変圧器の容量と家電製品の消費電力一覧

変圧器を選ぶ場合、使用する製品の消費電力(W:ワット)に注意する必要があります。製品本体または取扱説明書で確認してください。以下は目安のワット数です。

10W  携帯電話
20W  シェーバー、デジタルカメラ、コンタクトレンズ煮沸消毒器、ラジカセ
50W  ノートパソコン、ビデオデッキ
80W  蛍光灯(グロースタート式)
100W  4型テレビ、ポータブル温冷蔵庫
300W  ジューサーミキサー、扇風機
500W  デスクトップパソコン、全自動洗濯機(4kg)
800W  コーヒーメーカー、電気こたつ
1000W 炊飯器、ジャーポット、トースター
1100W オーブントースター
1200W ドライヤー
1300W 電気ストーブ、電気掃除機、スチームアイロン
1500W 電子レンジ、ホットプレート、小型冷蔵庫

おわりに

苦手意識を持ちやすい電化製品の準備ですが、意外と簡単だと思いませんでしたか? 備えあれば憂いなし。大切な滞在期間にヒヤッとしたり落ち込むことがないように、しっかり確認して、楽しい旅にしてくださいね!

ライター: Takaki Emi
Photo by: Rina Kobayashi「20代女子☆マルタ―ドイツ初の一人旅―空の旅編

1 2
Emi Takaki

Emi Takaki

福岡県出身。大学時代に207日間の世界一周旅行をするも、世界の表層しか見ていないことに気が付き落ち込む。その後5年間渡航することなく旅行から離れていたが、やっぱり旅行が好きだと気付く。「旅に何かを求めても仕方ない、だけど得られる何かがある」自分の言葉で伝えていきます。



関連する旅行カテゴリ

# 旅の知恵・ノウハウ

関連する旅行記事