なぜウクライナで世界一ひまわりが生産されているのか

ロシア連邦と隣接するウクライナは、2013年に世界一ひまわりの種の生産量が多い国となりました。それまで1位だった広大なロシアを追い抜き、トップに立ったのです。そもそも、北方の寒い国でこれほどの大量のひまわりが生産されているのはなぜでしょうか。それは、ロシア・ウクライナの歴史と宗教が関係しています。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

Compathy MagazineライターのAnnaです。

ロシア連邦と隣接するウクライナは、2013年に世界一ひまわりの種の生産量が多い国となりました。それまで1位だった広大なロシアを追い抜き、トップに立ったのです。そもそも、北方の寒い国でこれほどの大量のひまわりが生産されているのはなぜでしょうか。それは、ロシア・ウクライナの歴史と宗教が関係しています。

By Bruce Fritz [Public domain], via Wikimedia Commons

Photo credit: Bruce Fritz [Public domain], via Wikimedia Commons

ひまわりはもともと北アメリカの植物で、紀元前1500年頃から栽培がはじまっており、ロシアやウクライナ、ヨーロッパ全土に入ってきたのは、16世紀頃と言われています。当時の正教会では、四旬節の40日間および復活節の間は、食品の項目制限による断食を行う習慣があり、期間中は油脂食品などが禁止されていました。禁止食品のリストが存在し、油もその対象だったのです。しかし、ロシアに伝わったばかりのひまわりはロシア正教会にあまり知られていなかったため、禁止の対象のリストには入っていませんでした。そこで人々はひまわりを栽培し、種を食べたり油を作ったりするようになったと言われています。ヨーロッパで、ひまわりは観賞用として広まりましたが、ロシアやウクライナでは、このような背景により、食用として広がり、世界一の生産国にまで発展していったと言われています。

1 2


関連する旅行カテゴリ

# ウクライナの宗教 # ウクライナの大自然・絶景 # ウクライナ

関連する旅行記事