イギリス入国のためのビザの取り方!申請方法と種類まとめ

イギリスビザの取り方、申請方法と種類のまとめ記事です。 海外に行く時、旅行であったり、留学、働きにでかけたりと、目的は様々だと思いますが、国や目的によってそれぞれビザが必要になります。 今回は特に複雑なイギリスビザの情報を整理してまとめましたので、これからイギリスのビザを申請する人にはご参考していただければと思います。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Compathy Magazineライターのさとりんです。 海外に行く時、旅行であったり、留学、働きにでかけたりと、目的は様々だと思いますが、国や目的によってそれぞれビザが必要になります。 今回はイギリスのビザについてお教えしたいと思います。

 

■目次

1ページ目: 事前取得が不要なビザ: 旅行(Tourist)、訪問者ビザ(Visitors)、短期商用ビザ、短期学生ビザ(Short-Term Study Visa)

2ページ目: 事前取得が必要なビザ(1): 学生ビザ(Tier4)、ワーキングホリデービザ(Tier5)

3ページ目: 事前取得が必要なビザ(2): 就労ビザ(Tier2)、永住ビザ

4ページ目: 事前取得が必要なビザ(3): 結婚・家族ビザ、Highly Skilled Worker(Tier1)、投資家ビザ(Tier1) / ビザ取得の流れ、現地での延長申請

 

イギリス (グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国)について

Photo credit: Paul Callan via flickr cc

Photo credit: Paul Callan via flickr cc

イギリスの正式名称は、「グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国」(the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)で、連合王国とは、複数の国(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)が集まってできた立憲君主制国家です。

イギリスには有名な博物館や美術館があり、歴史ある美しい街並みが広がっています。また、音楽やファッションの最先端です。そのため、イギリスへ留学やワーキングホリデーで渡航する方もとても多く、観光旅行先としても人気が高い国です。

 

イギリスのビザの主な種類

・旅行(Tourist)

・訪問者ビザ(Visitors)

・短期商用ビザ(Business visitor)

・学生ビザ(Tier4)

・ワーキングホリデービザ(Tier5/ Youth Mobility Scheme)

・就労ビザ(Tier2)

・アカデミックビジター(訪問者)ビザ(Tier1/Highly Skilled Worker)

・永住ビザ

 

■事前の取得が不要なビザ

1. 旅行(Tourist)

観光目的の旅行で6カ月未満の滞在の場合、ビザは不要です。なので、空港や国境で無料で滞在許可をとることができます。しかし、イギリスの入国審査時に復路航空券の提示などが必要になるので、準備して行きましょう。

 

2. 訪問者ビザ(Visitors)

日本人であればビザが免除され、入国の際の審査のみでビザをもらうことができます。このビザと観光ビザの違いは、過去に犯罪歴があったり、旅行以外の目的でイギリスへ行く時に必要になるビザであることです。 ビザの有効期間は、ほとんどが6カ月以内ですが、状況によっては12カ月の滞在が認められるケースもあります。

訪問者ビザの種類

・一般(General visitor)
・学生(Student visitor)
・18歳未満の子供(Child visitor)
・スペシャル(Special visitor): イベントなどの参加のためにイギリスを訪れるスポーツ関係者、エンターテイナーなどが取得するビザです。また治療を目的とした場合や、留学を検討中の渡航者などもこのビザを取得します。

●条件

・有効期限は基本的には6カ月(要件を満たせば12カ月になることもあり)で、滞在後は速やかに帰国すること
・十分の資金を持っていること
・帰路の航空券持っていること、もしくは帰りの費用

 

3. 短期商用ビザ

日本から6カ月以内で海外出張やミーティングなどで、イギリスを訪問する場合で、イギリスでの商用目的がなければ、事前にビザの申請をする必要はありません。しかし、短期間でも収入が発生した場合や、6カ月以上の滞在になると短期商用ビザではなくなるので、他のビザを取得する必要があります。 主な例:報道関係、映画関係、商談、面接、現場視察など。

●条件

・日本国籍のパスポートを持っていること

●必要なものと+α

・パスポート
・入国カード(機内で配られる)
・帰りの飛行機チケット
・クレジットカード
・滞在費用証明 (英文銀行残高証明書、トラベラーズチェック、会社からの保証状等)
・滞在先(詳細)

●滞在を延長したい場合

入国する時に6カ月未満の滞在期間しかもらえなった場合、出入国管理事務所に行って手続きをすると延長を考慮を考慮してもらえる。

参照:出入国管理局(ホームオフィス)/Immigration & Nationality Directorate

 

■その他の事前準備のいらないイギリスビザ

短期学生ビザ(Short-Term Study Visa)

18歳以上の人の留学ビザ。
イギリスで語学学校に通うためには必ず学生ビザが必要になりますが、6ヶ月以内であれば、事前にビザを取得や英語力証明などは必要がありません。
必要書類を準備した上で、入国の際にビザの取得が可能です。

●条件

・18歳以上であること
・6ヶ月以下の滞在であること

●費用

入国時にイギリスの空港で短期学生ビザを取得するのがお得です。
日本国内のビザセンターで、事前に申請しておくこともできますが、その場合約£89かかります。(2016年時)

●必要なものと+α

・留学先の入学許可証の原本(ビザレター)
・滞在費用証明書(英文財政証明書)
・帰国用航空券もしくは控え
・滞在先の詳細
・クレジットカード
・キャッシュパスポート
・現金

●ビザの取得方法

イギリスの空港で入国審査官に必要書類を提出。

1 2 ... 4
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# イギリスの持ち物・準備 # イギリスのビザ・パスポート # ビザ・パスポート # イギリス

関連する旅行記事