留学先で出会う日本人同士のコミュニケーションで得られること

人気の留学先では、同じ目的を持った日本人が切磋琢磨しています。留学中にできるだけ英語力を伸ばすためには、留学先では極力日本語を話さない・日本人同士で一緒にいない・英語だけで生活する等のアドバイスを聞いたことがあると思います。今回はあえて、一般的に言われている留学成功法とは反対に、日本人と過ごすことで得られることを紹介します。

皆さんこんにちは! Compathy Magazineライターの眞田舞です。
近年、日本でも語学力、特に英語を使用する機会が増えてきています。英語を身につける手段として、英語圏への留学を決意する方も多いのではないでしょうか。

人気の留学先では、同じ目的を持った日本人が切磋琢磨しています。留学中にできるだけ英語力を伸ばすためには、留学先では極力日本語を話さない・日本人同士で一緒にいない・英語だけで生活する等のアドバイスを聞いたことがあると思います。そのせいか、実際に留学先の現地に行ってみると、日本人同士でお互いを拒絶していると感じることがあるかもしれません。

しかし、はたして日本語を話すことや日本人同士で固まることが、間違った留学中の時間の過ごし方なのでしょうか? 日本人の友達を作ったら、英語力は伸びないのでしょうか? 今回はあえて、一般的に言われている留学成功法とは反対に、日本人と過ごすことで得られることを紹介します。

日本人を通して多国籍の友達の輪が広がる

グループスタディーやパーティー等、海外ドラマや映画の中で見る学生生活はとっても楽しそう! 留学生活中には、みんなでワイワイ過ごす、出発前に思い描くような楽しい体験が待っています。

さて、留学する人は多くは単身で飛び立っていくかと思います。 知っている人が誰もいない、見知らぬ土地でのソーシャライズは精神的に大変なことかもしれません。日本の学校で勉強した英語力だけだった場合、いきなり英語だけの中に入っていくのは正直とても大変です。話していることはなんとなくわかるけど、詳細まではわからないし、なぜみんなが大笑いしているのかはさっぱりわからない…。

そんな状況の中で、 自分は留学生で英語がわからないからもう一回同じ話をしてくれと、多勢が盛り上がっているのを遮ってまで言うことができますか? 言える人は問題ありません! 友達の輪もすぐに広がっていくことでしょう。しかし、大半の人は言えないのではと思います。

そもそも友達が一人もいないのに、誰がパーティーに誘ってくれるでしょうか? そんな状況の場合は、まず日本人に話しかけてみるのも一つの手段です。自分より前に来ていた日本人なら、留学初期の自分よりは少なくとも交友関係があるはず。例えば、その友達は交友関係が広かったとします。その友達が企画したパーティーに呼んでもらいました。交友関係が広いので、そのパーティーには他の国からの留学生やネイティブの英語を話す人もたくさん来ます。そうすると、日本人ではない人と知り合える機会ができますよね。さて、ここからコミュニケーション取っていくのは自分次第です! せっかくの機会を逃してはいけません。

最初は話しかけやすく、言葉もわかる日本人に話しかけても問題ないと思います。心細いのはみんな同じ。大事なのは、誰かと交流しようとすることです。「誰も話しかけてくれないから」「同じ日本人とは仲良くなりたくないから」といって、殻に閉じこもるくらいなら、日本語で日本人に話しかけたほうがよっぽど次の交流関係につながります。

Photo credit: Yi Li 「Harvard University」

Photo credit: Yi Li 「Harvard University

1 2 »
Mai Sanada

Mai Sanada

寂しがりやのくせに、一人が大好きという矛盾な性格をしています。座右の銘は“Dream as if you’ll live forever. Live as if you’ll die today.” ボンドガールになりたい、万年ダイエッターです。



関連する旅行カテゴリ

# 語学学習・留学 # 日本の言語・会話 # 言語・会話 # 日本

その他のオススメ記事

関連する旅行記事