海外旅行中の英語はこれでOK!旅行英会話の頻出フレーズ150

本記事の実践編とでも呼ぶべく、英語、英会話が苦手な方でも覚えやすく使いやすい単語とフレーズをまとめました。海外旅行先で遭遇する7つのシーンのでよく使われる英語のフレーズを<必須フレーズ編>と<チャレンジ編>の2つに分けています。次の海外旅行で是非怖がらず、勉強した英語をいっぱい使ってみてください。

Compathy Magazineライターのエマです。
海外旅行にいくにあたって、ご自分の英語力に不安を感じる方は少なくないと思います。不安というほどではなくとも「英語さえ話せればもっと旅を楽しめるのに・・・!」と感じたことがある方もいるかもしれません。
発音を気にしたり、文法を気にしたり、なかなか英語を話せない事もありますよね。簡単な単語なのに、緊張してしまうと頭が真っ白になったこともあるかもしれません。
そこで今回は、海外旅行で役立つ単語とフレーズをたっぷりご紹介します。

 

■目次

1ページ目: 海外旅行英語のポイント / 両替・交通機関における英会話

2ページ目: ホテル・レストラン・観光における英会話

3ページ目: 美術館・ショッピングなどにおける英会話

 

海外旅行で不安な英会話。 実は必要なのは中学英語の実践だけ

英語が得意な方は当然心配する事はありませんが、英語が上手ではない人にとっての海外旅行は楽しいことだけではなく、心配と不安を抱く方も少なくないでしょう。
でも、ご心配なく。実は海外旅行では「中学英語」さえできればどこでも通用します。
「そんなことある訳ないでしょ・・・」と思った方、まずはその実体験を筆者が語るこちらの記事に目を通してみてください。

今回は本記事の実践編とでも呼ぶべく、英語、英会話が苦手な方でも覚えやすく使いやすい単語とフレーズをまとめました。海外旅行先で遭遇する7つのシーンのでよく使われる英語のフレーズを<必須フレーズ編>と<チャレンジ編>の2つに分けています。<必須フレーズ編>は個人旅行では覚えておかないと困るかもしれない必須フレーズを、<チャレンジ編>では<必須フレーズ編>を覚えた上で、覚えておくともっと旅を楽しくできるフレーズをまとめています。次の海外旅行で是非怖がらず、勉強した英語をいっぱい使ってみてください。

 

本編に入る前に・・・
抑えておきたい海外旅行英語のポイント3つ

①複雑な単語は無理して使うことはありません。深く考えず、簡単な単語を使いましょう。

②5W2Hを覚えましょう。
When…? いつ
Where…? どこで
Who…? 誰が
What…? 何を
Why…? なぜ
How…? どうやって
How much…? いくら

③人にお願いする時に使いましょう。
May I…? 許可をとる時
Can I…? 可能性を尋ねる時
Could you…? 相手にお願いする時
Would you…? 相手に丁寧にお願いする時

※質問をする時は、「Excuse me」をつけてから聞くとより丁寧な響きになります。

 

1. 両替における英会話

海外の空港、ホテル、或いは町中の両替所で両替をしたい時によく使う単語と英語のフレーズをまとめました。
お金は誰にとっても大切なものなので、分からないままで両替するよりは、重要なレートや手数料などを確認して、自分が納得した上で両替する事をおすすめします。両替のコツを知りたい方は是非こちらもあわせてご覧ください。

重要単語:money(お金)、exchange(両替)、rate(レート)、handing fee(手数料)、traveler’s check(トラベラーズチェック)

 

<必須フレーズ編>

  • Where can I exchange money? (どこで両替ができますか?)
    ※exchangeは両替の意味です。単語だけでも覚えておくと便利です。
  • I need ◯◯. (◯◯に両替してもらいたいです。)
    ※◯◯には「ドル」「ユーロ」などの貨幣単位を入れて使ってください。一番簡単に使えるフレーズです。
  • May I have small change? (小銭を混ぜてもらえますか?)
    ※smallはお金について話す際には小銭の意味になります。

 

<チャレンジ編>

  • How much is the handling fee? (手数料はいくらですか?)
    ※handling feeは手数料の意味です。荷物の出荷手数料にも使います。
  • What is the exchange rate for ◯◯ to △△? (◯◯(日本円)から△△(ドル)の為替レートはどれくらいですか?)
    ※ルートは毎日変わるので、換金する時に必ず確認をするようにしましょう。◯◯と△△は貨幣単位に変えて使ってください。
  • Could you exchange this into ◯◯? (これ(この貨幣)を◯◯に両替していただけませんか?)
    ※両替をお願いする時に丁寧な表現です。◯◯は貨幣単位に変えて使ってください。
  • Could you cash this traveler’s check? (こちらのトラベラーズチェックを現金化してくれますか?)
    ※traveler’s checkはトラベラーズチェックの意味です。トラベラーズチェックを使う方には必須のフレーズです。

 

2. 交通機関における英会話

Photo credit: Chinatsu Yokoi 「ロンドン ベルリン」

Photo credit: Chinatsu Yokoi 「ロンドン ベルリン

海外旅行先での移動はとても心配ですよね。目的地へ辿り着けるかどうか、英語が聞き取れるかどうか、不安ばっかりだと思いますが、移動が特に心配な方は是非下記にまとめてある単語と英語のフレーズをおさえておきましょう。

重要単語:bus(バス)、taxi(タクシー)、train(電車)、metro(地下鉄)、airport(空港)、city(都市)、fare(運賃)

 

<必須フレーズ編>

  • Where is the taxi stand? (タクシー乗り場はどこですか?)
    ※taxi standはタクシー乗り場の意味です。
  • Could you take me to ◯◯, please? (◯◯までお願いします。)
    ※◯◯には目的地の名前を入れて使ってください。
  • Does this bus go to◯◯? (このバスは◯◯に行きますか?)
    ※◯◯には場所の名前を入れて使ってください。
  • How much is the fare to ◯◯? (◯◯までの運賃はいくらですか?)
    ※fareは電車、バスなどの運賃という意味です。◯◯には場所の名前を入れて使ってください。

 

<チャレンジ編>

  • Where can I catch a bus to ◯◯? (どこで◯◯行きのバスに乗れますか?)
    ※ここのcatchは乗るという意味になります。
  • Is this a bus from the airport into the city? (こちらのバスは空港から市内行きのバスですか?)
    ※into the cityは市内行きの意味です。
  • How often does the bus go to ◯◯? (◯◯行きのバスはどれくらいの間隔できますか?)
    ※how oftenは間隔、時間をを尋ねるときに使います。◯◯には場所の名前を入れて使ってください。
  • Is this the right bus for ◯◯? (このバスは◯◯に行きますか?)
    ※乗り間違えを心配する方は乗る前に、ドライバーさんか周りの人に聞いてみてください。◯◯には場所の名前を入れて使ってください。
  • Please let me know when this bus arrives at ◯◯. (このバスが◯◯に着いたら、教えてください。)
    ※降りる駅の名前を心配する方は是非バスに乗る際にドライバーの方にお願いしてみてください。異国からの旅行者であることが分かると、気さくに対応してくれることも多いです。◯◯には場所の名前を入れて使ってください。
1 23 »
Ema Sato

Ema Sato

生涯旅人の宿命を生まれ持って20数年のネット旅行代理店販売員です。 これまでは「自分のために」インターネットを通じて色々な情報を得ながら旅をしてきましたが、これからは「誰かのために」これまでの自分が旅する中で得た情報、ノウハウなどを発信していきたいと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# 語学学習・留学 # 観光 # ショッピング・買い物 # 料理・グルメ # 言語・会話

その他のオススメ記事

関連する旅行記事