親子で英語で外国語を習おう!この夏オススメの語学勉強法

こんにちは、Compathy MagazineライターのSeinaです。現在私は家族と一緒にシンガポールで暮らしています。シンガポールの公用語は英語です。しかし、人口比率をみると約74%は中華系の住民でもあります(※)。地元のレストラン、タクシーによっては中国語で話しかけられることも多いです。「この環境は活かすべきでしょう!」ということで私は、引っ越してから中国語を習うことにしました。

※参考:シンガポール基礎データ(外務省ホームページ

11760328_10207168909283083_6519590359666546306_n

Photo credit: Seina Morisako「Chinese Culture in Singapore

語学は習うものではなく「使うもの」

中国語の個人レッスンを始めてわかったことは、日本人の大人が中国語を読み、理解するのは比較的容易にできるということです。漢字の知識があるので、読解力は順調に向上しました。

しかし、中国語での会話は思うようにいきません。書けるけれど、読めるけれど、話せない…。この状況はしばらく続きました。そこで私は、中国語を「習う」という環境に少し変化をつけてみることにしました。私は息子を誘って、親子レッスンのクラスにも通うことにしたのです。

Photo credit: Seina Morisako「Chinese Culture in Singapore」

Photo credit: Seina Morisako「Chinese Culture in Singapore

1 2 »


関連する旅行カテゴリ

# 語学学習・留学 # シンガポールの言語・会話 # 言語・会話 # シンガポール

その他のオススメ記事

関連する旅行記事