夢じゃない!世界最高峰のエベレストに登る費用はいくら?

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライター赤崎えいかです。
筆者の趣味のひとつに登山があります。普段では味わえない風景を体感することができるという点では、旅に似ているかもしれません。

筆者撮影

筆者撮影

いわずと知れた世界一高い山エベレスト。高さは8848m。これはスカイツリー約18個分、富士山なら2.3個分。山手線でいうと、渋谷から品川までを越えるぐらいの距離になります。世界最高峰を自分の目で見てみたいと思うのは筆者だけではないはず。そこで実際の行き方を調べてみることにしました。

行き方

エベレストには中国側とネパール側から登る2つのルートがありますが、一般的には登頂率の高いネパール側から登る人が多いです。その場合、ネパールのカトマンズからルクラまで、飛行機などで行く必要があります。そして、そこからエベレストのベースキャンプ(標高5300m)まで、高度順応をしながらゆっくり一週間ほどかけて向かうことになります。

Photo Credit:pixabay

Photo Credit: pixabay

意外と安い? 必要なお金

一昔前は夢物語だったエベレスト登山。しかし、現在は公募隊と呼ばれるベテランガイドによるツアー形式でも登ることができるようになりました。毎年シェルパによって、エベレスト山頂までロープが張られ、比較的安全に登れるようになっています。公募隊の参加費用は300万から1000万円ほど。安いとは言えない金額かもしれませんが、不可能な金額でもありません。今やエベレストは時間とお金、そしてある程度の体力があれば登れる時代になりました。

Photo Credit:Daisuke Taniwaki「神々の山嶺Himalaya (Langtang Lirung)」

Photo Credit: Daisuke Taniwaki「神々の山嶺Himalaya (Langtang Lirung)

さいごに

「世界最高峰に簡単に登れる」とは言えませんが、天候のコンディションがよい日は山頂付近が渋滞するなど、以前に比べたらずっと身近な山になりました。山頂までは行かなくとも、世界最高峰のエベレストを臨みながらのトレッキングもいいかもしれませんね。
Have a nice trip!

関連旅行記

*Daisuke Taniwaki「神々の山嶺Himalaya (Langtang Lirung)
*Tatsuya Uchida「ネパールトレッキング(ポカラのゴレパニ、タダパニコース6日間)
*Haruka Noro「Khushi and Ramly in Nipal

(ライター:赤崎えいか

Eika Akasaki

Eika Akasaki

トラベルフォトライター。 世界中をカメラとMacを持って飛び回る。 宗教や文化、各国の女性やファッションに興味をもち追い続けており、著名人へのインタビュー記事も多く扱う。ウエブサイト:Eika Akasaki Photographer



関連する旅行カテゴリ

# ネパールの観光 # ネパールの大自然・絶景 # 観光 # ネパール

関連する旅行記事