【高橋歩インタビュー】第3回 自分が「最高」と思える人生を

―(堀江/以降:堀)歩さんは書籍や発信を通じて、世の中にいる人に影響をもたらしたいという考えはありますか? (高橋さん/以降:高)「好きなことでメシが食えるほど、世の中は甘くない」とか、「お前は凡人なんだから、そんな好きなことで食っていけるわけがない」とか言う大人が、俺のまわりにも結構いた。

<旅の意味ってなんですか?>

img10295

Photo: 堀和美

もらった感謝を伝えていきたい

―(堀江/以降:堀)歩さんは書籍や発信を通じて、世の中にいる人に影響をもたらしたいという考えはありますか?

(高橋さん/以降:高)「好きなことでメシが食えるほど、世の中は甘くない」とか、「お前は凡人なんだから、そんな好きなことで食っていけるわけがない」とか言う大人が、俺のまわりにも結構いた。でも俺は、本を読んだりしながら、いろんな人の人生に触れることで、「俺みたいなやつでも、やっていいんだ」って思えたんだ。音楽・本・映画の中で、俺はたくさんのヒーローに出会った。その人たちから、「自分が大好きなことで、簡単にはメシ食えないけど、頑張っていけばなんとかなるし、喜んでくれる人もいるよ」ということを俺はもらってきた。

その感謝を本人に返そうとしたって、ジョン・レノンもボブ・マーリーもみんな生きてないからさ(笑)。「だったら俺は、先輩におごってもらったものは後輩におごってあげたい」みたいな感覚があって。他人に影響を与えたいという欲より、そっちの感覚のほうが強いね。

「俺」はあくまで一例

(高)「書いて何かを伝えよう!」というよりは、「70億人いる中の1人として、俺はこんなやつだった。こういう風なことをやって、今すごく幸せに生きてる」と伝えたい。「高橋歩だからできた、じゃない。みんなも絶対できるよ」ってことが伝わるといいなと思ってる。自由や幸せの感覚は全員違うから、八百屋さんでも総理大臣でもなんでもいんだけど、みんなが自分が「最高」と思える人生を生きられたら、日本という国も良くなるし、世界も良くなるんじゃないかな。

だから俺の本に書いていることは、あくまでも1つの例。それを読んで、やる気が出たり、少しでも幸せになったりする人がいたら、「俺も生きている意味がある」と思えるから書いてる。自分に起こったことや実体験を本にしているから、全員にあてはまるものじゃない。「あー、こんなのもアリなのか」って、人生がちょっと開いちゃうような本になってるんだよね。

「旅」の可能性とは

―(堀)自分たちは、もっと「旅に出る人を増やしたいな」というのが根本にありますが、海外に出ない若者に対して旅に出ることを押し付けるようなスタンスは特にない、ということですか?

(高)「行きたいやつが行けばいんじゃない?」っていう感じ。ただ、俺は旅をしていて楽しいから「行ってみたら楽しいよ」とは言えるけど、「行ったほうがいいよ」とは別に思わない。みんなそうじゃない? 押し付けられたくないでしょ?

短くても、人生のきっかけになる旅もある。たとえば「大企業に入んなきゃいけない」とか思っていたけど、旅をして世界中の人と触れ合ったことで、「そんなことじゃないんだな」って思う人もいる。逆に「やっぱり大企業だな」って思う人もいる。旅ではいろんな生き方や常識・非常識みたいなものに触れられるし、面白いこともたくさんあるから、何かが見つかる可能性はあるよね。

1 2 »
Booking.com
Yoko Fujie

Yoko Fujie

すき=「飛行機・旅行・自由」。 大学生のときに、初めての国際線で単身オーストラリアへ。半年間、語学留学を経験しました。それから旅行では8カ国、国内は21都道府県に訪れました。 現在は結婚式をつくったり、書くことやWEBメディアに関わる仕事をしています。



関連する旅行カテゴリ

# インタビュー

その他のオススメ記事

関連する旅行記事