日本のパスポートは世界第4位!これって何のランキング?

Compathy Magazineライターのレティです。

突然ですが、あなたはパスポートを持っていますか? 持っている人は旅に出るとき、当たり前のようにパスポートをかばんに入れるでしょう。しかし、日本人のなかでこの簡単な動作ができる人はたったの約24%(※1)です。つまり、日本のパスポート保有率は24%にすぎません
このデータを念頭に置きながら、この問いに知恵を絞ってみましょう。日本のパスポートを取得した場合、何カ国でビザなし、あるいは到着ビザで入国できると思いますか? 答えはなんと170カ国です!

おそらく多くの人は、この数字を見てもなかなかピンとこないでしょう。では、アメリカのウエブマガジンGOODが作ったインフォグラフィックを見ながら、日本と世界の各国の状況を比べてみましょう。

(※1)参照:外務省がまとめた2014年(1-12月)の「旅券統計
 

■目次

1ページ目: 世界のパスポートは同じではない、ほか

2ページ目: 恵まれた権利とは?、ほか

 

世界のパスポートは同じではない

上記の地図では世界の国々が色で塗り分けられています。黒から淡いピンクまでを使って、色でその国の「パスポートの力」が表象されており、黒に近づくほど、その国のパスポートの力が強いということになっています。

アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアは微妙な違いがありますが、全体的に黒色がほとんどです。また、ヨーロッパが特に黒くなっています。なぜかというと、ヨーロッパにはシェンゲン圏(※2)が存在しており、シェンゲン圏内で国境を越える際には検査を受けなくてもいいことになっているからです。アジアでは日本、シンガポール、韓国、マレーシアが黒く塗られており、地図上で目立っています。

(※2)シェンゲン圏とは、シェンゲン協定が適用されるヨーロッパの26の国の領域。欧州連合に加盟しているからといって、必ずしもシェンゲン圏に含まれているとは限らない。

日本のパスポートのランキングは?

上記の画像を見ると、一番強いパスポートはフィンランド、スウェーデン、イギリスとなっています。この国のパスポートを保有する人は、ビザなしで173カ国に入国できます。その次にアメリカやドイツなどのパスポートで172カ国、イタリアなどのパスポートで171カ国に入国できます。
では、このランキングで日本は何位になっているのでしょう? 答えは第4位。日本人はビザなし、あるいは到着ビザで170カ国に入国できます。これはカナダ、スペイン、フランスなどと同位です。同じアジアの国では、シンガポールが第6位(167カ国)、韓国が第7位(166カ国)、マレーシアが第9位(163カ国)となっています。

一方、アフリカと中東・東南アジアには淡いピンク色が目立ちます。ランキングの最低位には、アフガニスタン(28カ国)、イラク(31カ国)、パキスタン(32カ国)、エリトリア(36カ国)、シリア(39カ国)などが入っています。この国々のパスポートを保有している人は、ビザなしではあまり多くの国には行けず、ビザを獲得することも容易ではありません。

1 2 »
Leti

Leti

南イタリアのバシリカータ州で育ち、7年間ナポリに滞在。22歳の時に来日し、現在日本文学とジェンダーを研究しながら旅ライターをしています。「私たちの頭は丸い。だから思考はいつでもその方向を変える事が出来る」は人生のモットーです。



関連する旅行カテゴリ

# 日本 # ニュース・コラム # 観光 # 旅行記・ブログ # ビザ・パスポート # 日本の観光 # 日本の旅行記・ブログ # 日本のビザ・パスポート

その他のオススメ記事

関連する旅行記事